朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

ここにも店舗限定メニューがあるじゃないか【半玉鶏すき丼をテイクアウト】

飲食店で食事を注文したあと、「あっ、やっぱり別のメニューにしたい‥」なんてことを経験したことがないでしょうか。

たまたま入った吉野家で「鶏すき丼」なる店舗・期間限定メニューを見つけたのですが、カウンターに貼ってあるメニュー写真を発見したのは無難な豚キムチ丼を注文した後でした。

鶏すき丼という店舗限定メニュー

注文した食事はもう直ぐ手元に来るが、「店舗期間限定」というキーワードは見過ごせません。
この度お目にかかった限定メニューは「鶏すき丼」。

定番メニューの豚キムチ丼

写真は無難に注文してしまった豚キムチ丼

今回訪れた牛丼屋は、家から30キロ以上離れた場所にある店舗で、限定メニューがあるからとその為にわざわざ出向きたい場所ではありません。

目に留まった鶏すき丼のメニュー写真

手元に来た豚キムチ丼をほおばりながら、ふと思いついたのが「鶏すき丼をテイクアウトにしちゃえばいんじゃね?」というアイディアです。
その時食べていた豚キムチ丼は、遅めの朝食にあたる食事でテイクアウトの鶏すき丼は昼食にしてしまえば良いだろうと考えた訳です。

テイクアウトが可能な鶏すき丼

牛すき丼のアップ写真

そんなことで、店舗から持ち帰りを果たした「(半玉)鶏すき丼」。実は昼食ではなく夕食にずれ込んでしまいました。

※半玉は半熟卵の意味ですね。

せっかくなので家にある丼ぶりに盛り付けてみます。

自宅にあった野菜も一緒

自宅にあったサラダも一緒にしてみました

家にあった野菜などを一緒に食べることにしました。
ちなみに卵は別な容器に入ってきますが、牛丼屋ですから卵のテイクアウトの需要も多いことでしょう。

箸でつまんだ鶏肉

当然賞味期限というか時間は過ぎてしまっていますが、ここは自己責任で加熱して食べることにします。レンジで加熱したせいか鶏肉がやや硬めに見えます。

鶏すき丼に山椒を振りかける

テイクアウトの容器には山椒が付いていたのでかけてみたところです。

牛丼屋のメニューも多様化が進んでいる中で、鶏肉を扱ったメニューというのをあまり口にしたことがありませんが流石天下の吉野家です。山椒も良く合い美味しく味付けされています。

時には迷って注文する余裕が欲しい

吉野家はなまる共通定期券を再び買った

今回立ち寄った店舗はは福島にある吉野家4号本宮店(記事の内容は2018年4月4日現在のもの)。

前回の味をしめて「吉野家はなまる共通定期券」が手元にあったため、遠方への外出の帰り道にこちらの店舗へ立ち寄ってみたところでした。この共通定期券、80円引きだからといって地元の店舗ばかり通い詰めるのも少し気が引けるからというのが吉野家4号本宮店に立ち寄った理由です。

そんな事情でしたので、ただ食事をして80円引きの恩恵を受けたいものですから注文は普通のメニューで良かったわけです。
しかし、この昔からある国道沿いの店舗でさえ「店舗・期間限定メニュー」が存在していたという事実を目の当たりにしてしまいました。

先に記事にしたチーズベーコンエッグ丼ほどの衝撃ではありませんが、限定メニューのキーワードに弱い自分にとっては少し油断があったようです。

たかが、外食チェーン店のメニューの話題でしたが、休日にとる食事くらいはゆっくり迷いながら注文してみるのも良いでしょう。

牛丼屋で食べる「かつ丼」が期間・店舗限定な上に本気で旨かった

普段なら牛丼屋は牛丼を食べるところであって、そこでわざわざカツ丼を注文しょうとは思わない。

吉野家の店舗限定かつ丼

それが例によって、店頭に「店舗・期間限定」と書かれていたらどうでしょう。

フライヤーが置いてあるであろう特別な吉野家

 店の入口に、本気でうまい!手仕込みかつ丼と出ていたらどうしても気になるところです。

店舗が限定な訳は想像するに厨房にフライヤーが置いてある店舗だけで出すメニューだよってことでしょう。

何をもって特別なかつ丼になるかと言えば、衣が揚げたてのカリカリになることは分かりますが、所詮かつ丼は最終的に卵とじで仕上げることになるので、カリカリ食感の温存には限界があると言えます。

あとは、揚げたてのカツには肉のジューシーさがたんまり詰まっているってことでしょうね。

販売時間も限定なメニュー

本気でうまい!手仕込みかつ丼(期間限定)

この吉野家の店舗限定のかつ丼は、アジフライ丼のときと同じく時間も限定。
まさに、場所と時間が限られます。

とは言っても、11時から24時となってるので一般的にはかつ丼を食べたい時間に当てはまっています。

味で本気のほどを確かめる

カツが見えないかつ丼

盛り付け的にはどうなのでしょう

この限定尽くしのかつ丼、まずは見た目ですが至って普通なのに加え、味が衣に染み込んでる感とサクサクカリカリとまではいかない程よい揚げたて感はあります(そういうことにしておきましょう)。

かつ丼のカツを箸でつまむ

ひと口食べてみると食感もなかなかなもので、牛丼屋通いで普段のメニューに飽きてる人にはかなりウケが良いことでしょう。

卵が目立つカツ丼

ちょっと卵が目立ちすぎ

ちなみに、ねぎが載ってるかつ丼をあまり見ないような気がしますがアレの代わりですね(食通でないので名前を知りません‥)。

気になるところが色々ないとも言えませんが、牛丼屋に毎日通うようなサラリーマンにはこんな本気のかつ丼がありがたいと思われます。

チーズ・ベーコンエッグ丼を吉野家で食べる【こちらも店舗・期間限定】

人通りの多いアーケード街を歩くのが好きですが、以前記事に書いたことがある吉野家仙台広瀬通り店の前を通りかかることがあります。

もう牛丼屋の前で足を止めることはないだろうと思っていたら、またしても店内に引き込まれてしまいました。

吉野家のチーズ・ベーコンエッグ丼が気になった

店頭で美味そうな写真を目にして特に拒む理由もないので、その味を確かめてみることになりました。

羽根つきチーズベーコンエッグ丼(紅ショウガ付き)

紅生姜をのせてしまっています

牛丼を食べるときの癖でつい紅生姜を載せましたが、どうやらミスマッチでした。

紅ショウガ付きのアップ写真

丼ぶり飯にしては彩りが鮮やか。

吉野家のメニュースタンド

お店の入口には、声優の内田真礼さんが写った大きな広告ポスターが出ていて、テーブルの上にも同じようにメニュースタンドが置かれています。

目玉焼き、肉野菜を組み合わせた丼ぶり飯

ノーマルな状態のチーズベーコンエッグ丼

紅ショウガなしノーマル

やや違和感を感じたので紅生姜を載せないで、再度撮り直し(日を改めて食べなおし)しました。

焦げで形どったチーズの羽根

くっきり焦げたチーズの羽根

広告に小さく羽根つきと書かれている通り程よく焦げたチーズが目玉焼きの輪郭を作っています。

黄身を突く

黄身が生で仕上がったベーコンエッグはこうして突きたくなりますね。
目玉焼きの部分には胡椒がたっぷり振ってありますが辛さは感じませんでした。

シーズベーコンエッグ丼のサウザンソース

チーズベーコンエッグ丼にはレタスがトッピングされているので、サウザンソースが付いてきます。

丼ぶりもののレタスにドレッシング

このサウザンソースはレタスの量に対してやや多めの印象ですが、これより少ないと一般的な嗜好からは外れることでしょう。

それにしても、ご飯の上にサラダ用のドレッシッングがかかってるのは中々ないですね。

牛丼屋だけに牛肉もポイント

少量の牛すき煮

牛丼屋のメニューだけあって端の方に牛すき煮が少量載せられていますが、この手の飲食店としては豪華さとコスパを演出しています。

この組合せは、味覚的なものも満たしてくれていて、卵とベーコンの組合せに牛肉までもが添えられていたら手っ取り早く美味いものを食べたい人へは的を得た食事として期待できるでしょう。

吉野家の店舗・期間限定メニューは、牛丼屋としては手の混んだメニューを一定期間継続して提供していますが、その期間というのが客側に分かりやすく公表していません。
恐らく食材がなくなり次第店舗毎に限定メニューの提供を終了するのでしょう。

お手軽に変わりネタを味わいたいと思ったら、たまに吉野家の前を通ってみるのも良さそうです。