朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

リモコンエンジンスターターをホンダN-ONEに取付け【カーメイトTE-W72HG】

寒い日が続くと朝の通勤時に「車の中がもう少し暖かかったら」と思うことがあります。

今までもリモコンエンジンスターターの設置を考えたことがありましたが、N-ONEはイモビライザー装着車であるがために離れた場所でスターターを使いエンジン始動後に車に乗り込んでブレーキを踏むとかけたエンジンが停止し再度STARTボタンを押さなければならないと聞いていたのが購入を踏みとどませる原因になっていました。

N-ONEに選んだのはカーメイトTE-W72HG

出発時にエンジンをかけなおす動作がスマートではなく割に合わないと冬場をやり過ごしてはきましたが、今シーズンは降る雪の量に辟易させられたこともあってかようやくリモコンエンジンスターターの購入に踏み切ったのでした。

TE-W72本体

そして購入したのはCARMATE(カーメイト)のTE-W72HGという製品。箱には「ホンダ用プッシュスタート車専用」すべてが入ったオールインワンパッケージと書いてあります。
本体は「ちょっと大きいかな」という印象です。

ちなみにTE-72HGの「H」はHONDAのHのようです。スズキ用はTE-W72SZ。

TE-W72リモコン表

リモコンは丁度よいサイズです。

TE-W72リモコン裏

購入前に調べたところでは、いわゆる売れ筋モデルでアンサーバックや液晶表示などソコソコな機能は搭載されているとのこと。

TE108ハーネス

こちらは専用ハーネスTE108。

接続コードとHG1とTE440

左からメインユニット接続コード、イモビ付車対応アダプター(HG1)、イモビライザー接続コード(TE440)。

パッケージを開けて驚くのが、使用するハーネスとそれに付属するコネクタの多さです。さすがイモビ装着車。

取り付け作業の前に説明書を読み難所を想定

車への取付け前に、過去の経験から苦戦しそうな場所を予め調べておくことにしましたが、実は他にも準備が必要なことがありました。

純正ナビ装着車はセキュリティーコードを確認

車の電装系をいじるときはバッテリーのマイナス端子を外しましょう。
よく聞きく話ですが、純正ナビ装着車ではマイナス端子を外すと次の起動時にセキュリティーコードの入力を要求される仕様になっているので購入時に渡されたナビのセキュリティーカードで入力するコードを確認しておかなければなりません。

メーカーサイトで車種別配線情報をダウンロード

CARMATEのサイトからホンダエヌワンの車種別配線情報をダウンロードし目を通します。
昔のリモコンエンジンスターターはキーシリンダーのコネクタへ専用ハーネスを割り込ませる方法が主流でしたが、今回はプッシュスタート式、しかもイモビライザー装着の車両ですので違いをチェックします。

付属の取付マニュアルとダウンロードした車種別配線情報をざっと見てみると、ポイントは4つある主要コネクタの接続場所を確かめておけば作業はスムーズに進みそうです。

コネクターの種類と接続先

主なコネクターの接続先はヒューズボックスへ3つとヒューズボックスの下付近へ1つです。
どれも覚えるコネクタの形状はオスの方だけで充分です。オスの方を現状のコネクタに置き換えるのでメスにはその引き抜いた従来接続されていたオスを刺せば良いだけです。

TE108ハーネスのコネクタ

1aと1b

車種別配線情報の2ページ目、TE108の「1a」が黄色と白の配線のコネクタでこれだけヒューズボックス外(ボックスの右下部分)のカプラへ接続し従来の配線に割り込ませます。

「1b」がオレンジ青赤白の配線のコネクタ。

TE440ハーネスのコネクタ

2aと2b

TE440の「2a」は赤が1本だけ入った6線のコネクタ。「2b」が白の配線がやたら多い(24P)コネクタ。

車両への取り付け作業

ハーネスの仕組みについて確認を済ませたら作業に入ります。
取付マニュアルにもある通り最初に作業開始前にバッテリーのマイナス端子を外してから始めます。

なお、パネル類の外し方については当記事では割愛いたします。

作業は自己責任で行いましょう。当サイトを参照されての取付等には一切責任を負いかねます。

「1a」2Pコネクターの取付け

1aの2Pコネクタの接続場所

最初に黄色と白の線がある2Pコネクタの接続場所ですが、これはヒューズボックスの下側右奥に差し込みます。黄色と緑の線が入ったコネクタを引き外しこちらにハーネスを割り込ませます。

「1b」4Pコネクターの取付け

1bの4Pコネクタを差し込む場所

「1b」のコネクタはヒューズボックスの裏側(表から見て右から3番目)の緑のカプラーを外し4Pコネクタを割り込ませます。

この場所はヒューズボックスを手前に引き出して作業する必要があります。ボックスの左のネジと写真上部左に見えるネジ穴に入っているネジの2本を外しますが右側はネジ止めではなく下の写真の部分に爪があります。

ニューズボックスのツメ

わかりづらいですが矢印の部分にマイナスドライバなどを刺してひっかけてあるツメを浮かす(金属と樹脂の間に入れて車内側へ樹脂を押す)と手前に引けます。

「2a」6Pコネクターの取付け

2aの6Pを差し込む場所

6Pコネクタを差し込む矢印の場所は空きになっていたのでそのまま差込こんでます。ここだけ既存のコネクタをメス側に差しなおす必要がありません。

「2a」24Pコネクターの取付け

2bの24Pの接続場所

6Pコネクタを差し込んだ下あたりに位置します。こちらに残りの24Pコネクタを割り込ませます。

アース端子の接続

アース端子はヒューズボックスの固定ネジを利用して取り付けています。推奨される場所には既にECTとドライブレコーダーで使用しているので別な場所を使用しました。

フットブレーキの配線をする

フットブレーキ配線

フットブレーキの配線は写真中央に見える4Pコネクタからの赤線を利用して繋ぎます。ブレーキを踏むとこちらに電流が流れます。

この配線を省略すれば、発進の際にブレーキを踏んでもエンジンが止まらないのかと思っていたら、接続を怠るとリモコンにエラーが出ます。
ちなみにエヌワンではP/N検出ができないのでこの手順は必須になります。

専用ハーネスとイモビ接続コードを繋ぐ

ハーネスとイモビコードの接続

車内だと分かりづらいので屋内で予め撮った写真です。
このようにTE108とTE440をコネクタでつなぎます(オレンジと紫の配線)。

本体の設置

スタータ本体を固定

大き目の本体は取り付け場所に悩みましたがTE-108ハーネスを伸ばし切ったハンドル下部分へタイラップで固定することにしました。太めのタイラップは1本しか付属しないので1本追加し2本で固定しています。

イモビ対応アダプタの固定

イモビ付車対応アダプターはヒューズボックスの点検口を開けたところに固定しましています。LEDの確認ができませんができませんが蓋を閉じてしまうと見えませんのでスッキリします(そうそうエラーや詳細な設定はないかと…いざとなったら鏡でも使います)。

完了後に試運転

配線作業が終了し接続忘れや緩みがないことを確認したらバッテリーのマイナス端子を元に戻し試運転を実施します。

エンジン始動後の液晶表示

リモコンを操作しエンジンが正常に始動すれば、アイドリングの残り時間と室内温度が表示されます。 その後アイドリング中に中央の黒いボタンを押すと残時間と室温のほかにバッテリー電圧も確認可能です。写真は取付後に少し走行してきたので20℃の表示になっています。

以上がN-ONEでのリモコンエンジンスターターの取付け作業ですが、パネル取り外しや配線の取り回しに要した時間など慣れない部分でかなりの時間を要しました。
事前の予想に大きく反して3時間以上はかかっています。

この手のDIYは作業後にもう二度とやりたくないと思うものですが今回も懲りずに目的を達成できました。
面白がって無駄なアイドリングが増えないように注意しなくてはなりません。

3種のチーズその正体とお家での手軽な楽しみ方

仕事などで何か重要な計画を進めるときに、中心となる策を3つほど示して3本柱とか言ったりします。
主体となるものを三つ集めれば形になるというのを仕事人間は好むものです。

今回は食べ物の話ですが、飲食店のメニューやコンビニの新商品などでよく「3種のチーズ」なんて聞きますが、この3種とはどんなチーズのことを言っているのでしょう?

少し気になったので、スーパーで売られている家庭料理用の三種のチーズをチェックしてみることにしました。

使用するのは「かける3種のチーズ」

スーパーから買ってきたのは、かける3種のチーズという商品です。ネーミングから想像するに、かけるだけだから簡単というのがポイントでしょうか。

皿にわけた3種のチーズ

チーズの正体は、コーダ、モッツアレラ、レッドチェダーだそうでレッドチェダーだけ2割と量が少なく、コーダとモッツアレラは40%ずつ入っています。

パッケージによれば、コーダではコクを、モッツアレラでは加熱時の糸引き具合、レットチェダーは彩りをと、それぞれの特徴が生かされています。

普通のとろけるチーズ

ちなみに、こちらの写真は以前に使用したことがある普通のとろけるチーズで、ゴーダチーズとモッツアレラチーズが半々になっているもので、レッドチェダーが無いことを除いては3種のチーズと違いはほぼありません。

両方とも袋の裏に、簡単な料理の例が絵で描かれていますが、3種のチーズのほうにだけ書かれているものにカレーがあります。そんなわけで、まずカレーライスで使うことに挑戦してい見ます。

温かいカレーにトッピング

カレーにのせた3種のチーズ

熱々のうちにごっそり載せてみます。
カレーにチーズは良くありますが、今回は3種というのがミソです。

溶けたチーズとカレーをスプーンですくった

とろーり溶けたころにチーズの部分をスプーンですくってみました。雰囲気的にはなかなか良いんじゃないでしょうか。レトルトなんか使うとより簡単です。

これで、3種のチーズカレーの出来上がりですね。

定番のパンではオリジナリティを発揮

続いてはパンを使ってみますが、もっともありがちで良く合うものなので自分なりにこだわってみました。使ったのは超熟ライ麦というパンです。

ライ麦パンそのままの写真

このライ麦パンに、しらすと玉ねぎを乗せ3種のチーズを溶かして食べることにします。

釜揚げしらすとスライスした玉ねぎをのせる

パンにしらすをのせたところ

しらすは白いご飯のおかずにはピッタリですが、チーズと一緒に加熱すればパンでもいけると思います。

オニオンスライスをのせたところ

釜揚げシラスには、大根おろしが似合いますが今回はパンですので代わりにスライスした玉ねぎを使いました。

仕上げに3種のチーズをトッピングして焼く

最後に三種のチーズをのせる

主役の3種のチーズをトッピングしたところですが、シラスも玉ねぎも色が白いのでレッドチェダーの鮮やかさが引き立つことでしょう。

チーズをのせたらオーブンに入れる

準備が整ったところで焼いて加熱します。上手くいけば「とろーり」仕上がってくれるはず。

パンをちぎって糸引き具合も楽しむ

焼きあがった三種のチーズライ麦パン

焼きあがると「3種のチーズトースト」の出来上がりです。
普段あまりトーストを食べないので、焼き加減が分からず少し焦がしてしまいましたが、全く焦げがないより良いかなという感じです。

焼きあがったパンをちぎった

せっかくですので、パンをちぎってチーズの伸び具合を見てみましたが、もう少しチーズの量が多くても良かったようです。
気になる味のほうは、釜揚げしらすの味が程よくでていてチーズには合うようです。胡椒などで味付けするよりあっさりしていて玉ねぎとの相性も抜群でした。

意外に楽しめる三種のチーズ

細切りに加工されてるチーズはメインの食事の上にのせて使うのが一般的なので、ご飯にふりかけをかけるような感覚でいろいろ楽しめます。

試してみたカレーもパンも炭水化物が主のものですが、そういった視点からは、スナック菓子などもいけるのではと早速トッピングしてみました。

3種のチーズを使ったスナック菓子

電子レンジで温めて溶かしてみたところ、味も見た目も相性が良いようです。ただし、スナック菓子のお手軽さは損なわれることになるので、実際に好んで食べる機会は少ないかもしれません。

他には、「たこ焼き」を温めなおすときに三種のチーズを乗せちゃうのも合いそうです。それから、三種のチーズのパッケージを見ると肉料理にもおススメのようなので、ソーセージやベーコンなどと組み合わせてみるとしつこくない味に仕上がるでしょう。

このように、遊び心でちょっと試してみても結構美味しく楽しめる3種のチーズは、誰がどう使っても飲食店のメニューかのように3種のチーズと言えてしまうのが面白いところでもあります。

普段のマンネリ化しがちな食材に使ってみても結構楽しめることでしょう。

カシオの古いデジタル腕時計【AEー90W】の電池交換

CASIOのAE-90Wというデジタル腕時計を持っています。
もう購入から30年以上になるもので当然電池切れを起こしていていますが、保管状況が劣悪ということもないので試しに自分でボタン電池を交換してみることにしました。

CASIO【AE-90W】という腕時計

止まった時計AE-90W

液晶表示の広い部分にアナログ表示とその下には数字によるデジタルな時間の表示は当時としては画期的な腕時計で、当時の最新技術がもたらしたコンパクトさと合わせ購入意欲を大いに刺激させられたものです。

AE-90Wの裏面

あの時、時計を持つことがある意味憧れでもあり、まだ小さな所有欲みたいなものを充分満たしてくれたものです。
大人になり腕時計を身に着けることに特段の喜びを感じることもなくなってからも、なぜかこのCASIO【AE-90W】だけは普通に引き出しの中にしまい続けていたのでした。あの日の感激が忘れられなかったといったところですね。

横から見たAE-90W

つい先日、ネットオークションの落札データなどを調べてみたところ、状態によっては1万円以上の値がついているようです。デザインにどことなく昭和のテクノロジーを感じるこの古いデジタル腕時計は果たして復活するのでしょうか。

ボタン電池SR1116SWを用意する

ボタン電池SR1116SW

まず最初に、使用されているボタン電池の型番を調べるため時計の裏蓋を開けます。

時計の裏ブタを開けている様子

時計の電池交換に使う簡易な工具が100円ショップなどでも手に入りますが今回は金属製のカッターナイフを刃先を出さずに使いました。

古いカシオの時計に使うボタン電池

裏ブタを開け中から古いボタン電池を取り出し型番を調べると、SR1116SWという型番でした。
見たこともないボタン電池なのでここは無難にネットで注文します。

新しいボタン電池を入れる

時計に電池を合わせる

ここに入っていた通りプラス側を上に向けて入れるだけですが留め具の付け外しには少しコツがありそうでした。

この赤丸のところを押し下げる

写真の赤丸で囲んだ部分を押し下げながら画像で言う斜め左上方向へ押すと外れるようです。はめ込むときは赤丸の反対側を先に嵌めて逆の手順で押し込むといった手順です。

並べた本体と裏ブタ

ボタン電池の取付けが完了したら、先ほどの赤丸の下付近にACと書いてある場所の小さな接点と電池のブラス側をピンセットなどでショートさせる手順が必要ですが、今回は完全に放電していたのでリセット操作をしなくても動いています。

蘇ったCASIO【AE-90W】を今後も大切にしたい

動き出した古いデジタル腕時計

無事電池交換が済み再び私の前で時を刻むAE-90Wですが、初めて手にした時の感激をいまだに思い起こさせてくれます。

このAE-90Wが現行モデルとして販売されていたころ、大人になったらそれなりに高価な腕時計を使っているだろうと思っていたものでした。

現実にはそんなこともなく、しっかり動くAE-90Wをこうして眺めていると今も当時と同じ間隔で時は緩やかに流れているんだと安心感のようなものを感じます。

そして幼いころの夢までも蘇ってきそうな不思議な気持ちにさせてくれる古いデジタル腕時計を、これからも大事にしたいものです。