朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝礼の話題:各論|自分の体験を話題に用いる

休みの日など、自分がプライベートな時間に体験したトレンドものなどは、自分の記憶を辿るだけですので朝礼の話題としては採用しやすいと思います。

また、新しい商品を買ってみたなど職場では自分が一番乗りであろうというネタも話しやすいことでしょう。

流行りものを体験したら話題にしてみる

最近の流行を話題として扱うならば飲食店や食べ物などが妥当だと思います。
小物やファッションなどのトレンドは、男女で聞く人の反応に差があると思われウケがいまいちかもしれません。

身近な情報として、少し広まってきているような新しくできた店とか、どこのパン屋が美味しいらしいと言った情報に乗ってみるのが良いでしょう。

それから、流行りとは少し違いますが、季節の花を見に出かけてきたなんてのも良いかもしれませんね。

趣味の場での体験

趣味に関わるイベントに参加してきたよ。なんて話題はいかがでしょう。

マラソンが趣味ならレースに参加してきた話とか、自転車が趣味の人であればツーリングのイベントに参加してきての感想とか、走った景色や美味しい食べものなどの話はきっとウケが良いことでしょう。

お得な買い物をした話題

事前に情報を確認していた訳でもなく、偶然行ったショッピングセンターで話題の商品を格安でゲットできた話などが、あれば皆の興味を引くことでしょう。

勿論、偶然ではなく人気の商品を広告でチェックして戦略的に購入してきたなどは話し方によっては面白おかしく話題を組み立てられそうです。

初めての体験の話題

いわゆる、「やったことなかったけど挑戦してみたよ」という話題ですね。

例えばアウトドア・スポーツなどは、それを趣味にしている人を除けば経験したことがないジャンルはたくさんあると思います。

実際にプライベートも楽しんで、結果話題にもなれば一石二鳥とも言えます。

新しくできたお店や公共施設に行った話

身近に新しくできた施設どがあれば、進んで行ってみたいですね。公共施設に限らず大型のショッピングセンターや映画館などの娯楽施設で最新の設備に触れてみるのは、生活の刺激にもなりますし良いことだと思います。

それから、新しく開通した道路なども話題になると思います。こちらは、なかなか身近な場所ってわけには行きませんが話題性は大きいことでしょう。

職場によっては話の締めくくりが難しい?

そんなことで、自分の体験は面白可笑しく人へ伝えるのに適した話題ですが。

朝礼の話題を述べるにあたり、最後の結びで仕事の始まりの士気へ結び付けなければならないような社風の場合は、自分の体験は採用しずらいかもしれません。
その場合は、自信が明るい職場の雰囲気に改善できるよう工夫していきたいですね。

新商品ネタに手をだしてみたいコンビニやスーパーの食品とか飲み物とか

つい先日、ピザポテトの販売が再開されているのを見ました。
家に食べずに残していた一袋がまだあったので買いませんでしたが、コンビニの商品てのは結構話題の宝庫なのではと気になったりします。

ピザポテト

そんなわけで、私もジャンクフードをたまに(しょっちゅうじゃ恥ずかしい)買ってみるといつかトレンドな商品にぶち当たって、「おー、そいつ俺この間食ったよ!」なーんて自慢話ができるんじゃないかと思っています。

コンビニで揚げ物買ったら貰えた飲み物 コカ・コーラ_プラス

f:id:danmanjp:20170621183458j:plain

新商品なのかどうか知りませんが、コカ・コーラの特定保健用食品なんですね。

食事から摂取shた脂肪の吸収を抑えて、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする。

と書かれています。

こんな軽い記事は久しぶりですが

こうして、息抜き程度に書いてたらゆくゆくヒットした商品だったなんてタナボタもいいんじゃないかなと思うんですが世の中そんなに甘くないですかね。

とか、手っ取り早く記事を公開したら、とある大人の事情が発覚してしまったのでカルピスゼリーの写真も貼っておきます。

f:id:danmanjp:20170621193107j:plain

なんていうんですかね、見だしの配置が良くありませんでした。

そして、コーラと言えば昨年はこんなのがありました。

blog.danman.jp

こちらは、今年もやっているようです。

ここ最近落とし物を多く拾い3度届ける

普段、車を使わず出かけることが多い私ですが、徒歩や自転車だと移動速度が遅いせいか、たまに落とし物を目にすることがあります。

そんな中、今年に入って交番へ拾得物の届けをする機会が3回もありました。

今までにこれほど落とし物を拾ったことはない

消耗品的なものは落ちていてもゴミと判断できますが、私が拾ったのは落とし主としては明らかに重要であろう公的な書類(書いてよいものなのかどうか)と携帯電話、それから専門の職種で用いるであろうデカい工具です。

初めて落とし物を交番へ届ける

私が、ジョギングや自転車を趣味とし近場へ出かける際は極力自分の足で歩くことにしてから、もう10年近く経ちますが、交番に届けるような拾い物をすること自体が初めてです。

携帯電話や仕事で使う工具などは落とした人が困るだろうと思い、その落とし物を交番へもっていったのですが、気になったのは善意のためとはいえ少しばかり自分の時間が割かれるということです。

拾得物件預り書というのをもらう

そんなことで、落とし物を無視するわけにもいかず。
交番へ持っていってみると、手続きに少々時間がかかりますという話をされます。何分と言われたか覚えてませんが15分くらいはかかると思ったほうが良いみたいです。

その間、お巡りさんが書類を作成するために本署へ電話をかけ必要なやり取りをしている様子。なお、落とし物を拾得した時間は重要なようでした。

書類を作成するにあたっては、拾い主(拾得者)の住所、氏名、連絡先を尋ねられます。それから、落とし主が見つからなかった場合に物件の引き取りを希望するかどうかも聞かれます。

 

様式第2号

そして、氏名などを拾得者が自書して仕上がった「拾得物預り書」というものを帰り際に渡されます。
拾得物を貰える権利を放棄した場合は要らないようにも思いますが、落とし主が突然現れ、「俺の落とし物をどうしたんだ!?」と迫られたときは(ないとは思いますが)必要なようです。

裏面にはお知らせが書いてある

この「拾得物預り書(様式第2号)」は、ネットで見て見ると、当道府県によるのか各署で様式が違うようです

裏面のお知らせ

私がもらった書類には裏面に「お知らせ」が書いてありました。

軽く見て見ると、報労金(お礼)についての説明や、持ち主が現れなかった場合の拾得物件を引き受ける際の交通費などは、それを取りに来る拾得者の負担だよ。みたいなことが書かれています。

これからも拾う機会はあるのだろうか

しかし、これほど落とし物に縁があると物を拾える(見つける)コツみたいなのが有るのではと思ってしまいます。

これからも近距離の買い物などであれば、できれば車は使用せず徒歩などで済ませたいところですが、半年という短期間の間に3度ですから、これから先はもっと良いものが拾えるのではと少し期待してしまいます(なんちゃって)。

前向きに上ばかり向いて歩いていると疲れることもあるかもしれませんので、たまに息抜きに下を向いたら良いことがあるかもしれませんね。