朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

チーズカルボ牛丼を食べた【吉野家:店舗・期間限定メニュー】

風変わりなダイエットに挑戦中でして、ここ一カ月ほど牛丼屋通いを続けているところですが、とある政令市の店舗で「チーズカルボ牛丼」などというメニューを見かけ、面白そうなので食べてみることにしました。

見た目も味もそこそこ良かったので満足して家へ帰ったのですが、メニューの名前を確認しようとネットを見てみたらほとんど情報が見当たりません。結構珍しいメニューのようで、店舗・期間限定ということもありあらためて食べに行ってみることにします。

これが吉野家のチーズカルボ牛丼

店舗期間限定チーズカルボ牛丼

吉野家のチーズカルボ牛丼

店の表に出てるポスターみたいなのは、すでに卵の黄身が載った状態で洋風の胡椒みたいなのがふりかけてあるのですが、実際にはこんな状態で出てきます。

前回食べたときは箸を使いましたが、今回はスプーンをチョイスしています。メニューの名前からしてこの方が合っていることでしょう。

参照記事:牛丼を毎日食べながらダイエットをすることにした【吉野家はなまるはしご定期券を活用】

卵の黄身をのせて完成させる

とりあえず、PR写真同様に卵を載せてみます。

卵をのせたチーズカルボ牛丼

卵が載ったチーズカルボ牛丼

黄身をのせる前にチーズで盛り上がってる部分をスプーンを使って少し凹ませてやらないと上手く上に乗りません。

とろける3種のチーズと、カルボナーラソースの濃厚な味わい

だそうです。並盛490円で昼食としては少し物足りない気がしますので自信のない方には590円の大盛がオススメです。

味の方は、チーズと牛肉の組み合わせのわりには「あっさりした感じ」を受けましたが、食材としてはだいぶ濃いものを組み合わせていますね。
それから、食べる前にチーズの臭いが少し気になりました。

セルフサービス方式の吉野家

そんなわけで、2度目のチーズカルボ牛丼を食し腹も気持ちも満足したところですが、この店舗は牛丼屋としては珍しいセルフ式の店舗でした。

場所が政令市(仙台)の街の中で、周りに商業ビルが立ち並ぶところにあって昼食目当てのサラリーマンをターゲットにした店舗と思われます。

今回私が訪れたときも平日の昼間で客の割合が男性100%(うち薄毛2割ほど)で私の他にも「チーズカルボ牛丼」を頼んでいる人が何人かいました。

セルフサービスなので、入店してすぐの場所にレジカウンターがありそこで先に注文と会計を済ますよう声をかけられます。注文をすませて少し横に進んで頼んだ牛丼が仕上がるのを立ったまま待つのですが、まるでマクドナルドに来たかのような雰囲気です。

店内の様子もハンバーガー屋に似ている

ここの店内は、テーブルや椅子も通常の吉野家の店舗とは差別化されていてファーストフードによくある壁付けの椅子にテーブルが並んでいたりして、通常の食堂のような組み合わせのテーブルはありません。

牛丼屋にUSB電源

それから、珍しかったのがテーブル席の端やカウンター式の席の正面などにこのような充電用のコンセントとUSB電源が用意されています。
昼時だったのでのんびり活用している客は見かけませんでしたが便利ですね。

こんな洒落た店舗に見合った限定メニュー

しかし、昼時のこれから満席になるであろう時間帯の男性率が100%というのはサラリーマンの昼食の場としては普通なんでしょうね。店の雰囲気は充分女性向けで、前回は女性も見かけたように思ったので、これも珍しい瞬間だったのかどうか気になるところではあります。

「チーズカルボ牛丼」はネーミングも洒落ていて、内装がオシャレなこの店にピッタリと言った印象です。

普段は、あまり興味の向かない牛丼屋ですが店の前を通った時に面白い限定メニューがないか視線を送ってみるのも、ちょっとした遊び心が味わえて面白いかも知れません。

食べることを我慢しないダイエット【それが牛丼だったら‥中盤戦】

先月から始めた牛丼ダイエットの続きです。
人は毎日牛丼を食べ続けながらダイエットをすることができるかといったテーマに挑戦中です。

詳しい縛りは前回の記事に掲載しています。

牛丼を毎日食べながらダイエットをすることにした【吉野家はなまるはしご定期券を活用】

期間中一日あたり平均一食の牛丼を食べながら適度に運動を取り入れたいところですが、今のところ食べる方ばかり順調のようです。
こんな調子ですが中盤戦以降はジョギングに力を入れたいと考えています。

期間の中盤の摂取及び消費の状況

以下、牛丼の摂取状況と運動による消費の様子(日付降順)になります。前半にまとめた16日間では丼ぶり23杯を食し、運動はウォーミングアップ程度でした。

【30日間で牛丼37杯を食べる】

調度1カ月経った10月14日に体重測定してみました。
朝の時点で93.2kg、体脂肪率35.5%です。体重も体脂肪率も開始時とほぼ変わらずといったところ、体脂肪率が少し減ってますがこちらは誤差の範囲と言えるでしょう。

牛丼を食べ続けることは達成できてますがダイエットにはなっていません。なんだか牛丼屋メニューのレビュー記事みたいになってますが、続きの終盤戦記事がどうにも忙しくて書けそうにないため、続きのエントリーはテーマを少し変更しようと考えています。

【体を中和させたいと思い始めた28日目】

朝食に頭の大盛りを食べました。

肉を毎日たべてるせいか、本能的に野菜が食べたくなってます。体が酸性に偏りかけているのかもしれません。

【27日目】
昼食に牛黒カレーをいただきました。ここまでで36杯を達成、久しぶりに3kmのジョギングをしています。
ずっと運動してなかったので心配になって体重を測定してみると、体重は92.8kg、体脂肪率が34.0%でした。ほぼ変化なしです。

【26日目】
朝食に冷凍していた並弁当を食べました。前日は牛丼屋をお休みです。

【24日目】
朝食に頭の大盛を摂取。

【23日目】

松屋豚カルビ丼

松屋のたっぷりネギ塩豚カルビ丼

朝食に牛丼並と夕食に松屋の「たっぷりネギ塩豚カルビ丼」の並です。

19日目から本日23日目(10/7土)まで運動をお休みしてしまいました。なんとかなるでしょう。

ここまででトータル33杯のカウント。まる一カ月分の食数はクリアできてます。

【22日目】

朝食にすき家の「カレー南蛮牛丼」(期間限定メニュー)と夕食に牛丼の並をいただきました。
カレー南蛮牛丼は新メニューですが写真を撮ってません。それよりアルバイトと思われる店員が不愛想過ぎです。

【21日目】

朝食にすき家のねぎ玉牛丼。

【20日目】

昼に、先月食べた後にもう一度食べたくなってしまったチーズカルボ牛丼。

参照:チーズカルボ牛丼を食べた【吉野家:店舗・期間限定メニュー】

夕食に牛丼の頭の大盛を食べてます。

【19日目】

おろし牛カルビ定食

夕食に「おろし牛カルビ定食」を食べました。肉がご飯に乗ってませんが、丼物と同様にカウントします。これで26杯目です。

仕事で散々歩き回ったのでこの日はジョギングなしです。

冷凍していた牛丼を食べる【18日目 25杯】

冷凍していた牛丼並弁当

自宅で丼ぶりに移して冷凍していた牛丼

何日か前に持ち帰りで買っていた並盛弁当を冷凍していましたが、今日は牛丼屋に行く時間がなさそうなので、自宅でその冷凍済み弁当を解凍し食べました。
走った距離は3kmです。

【17日目 10月1日】

中盤戦初日は朝から牛丼頭の大盛でした。
そして、ジョギングを5kmとウォーキング3kmでそれなりの運動をしました。ずっとこれだけ続けられると良いんですけどね。

そして全く測っていなかった体重は92.8kg、体脂肪率が33.5%で僅かながら減少してました。前半であれだけ食べまくっていての現状維持なので悪くはないですがダイエットにはなってません。
まあ、これからでしょう。焦らないことにします。

真の男は常に頭の中がホワイトデー【その時だけじゃ足りない思いやり】

えーと、「職場のゆとりが男前でいい奴だ俺は気に入っている」という内容のブログを書き続けてましてとても大好評です。

※なお、季節外れの当記事は別ブログでカテ違い扱いとなった引っ越し記事であります。

今日は、春一番が吹き荒れたところが多かったとニュースでやっていますね、そして日曜日の今日、私はウカツにも勤務日になっておりました、14日なのに仕事に行ってきましたよ。朝にチョコなんか要らないとほざいた日記は過去のものなので無視してください。職場に出勤してしまえば義理堅い素敵な女性たちからの贈り物を断るわけにはいかないものですね。

チョコレートに対するお返しの考え方

いただいた物には、お返しをしなければなりません、そのスタンスも大事であります。
言いたい事を、はっきり言いますと。貰ったものに対して、それ以上ではなくそれを超える価値がある品を用意し、お礼をしたほうが良いことでしょう。しかも、涼しい顔をして納得いただけるものを用意しなくてはならないと思うのですよ。

ずばり、貰ったチョコ×男性人数=総費用(管理職だけグレードが違った場合、管理職の数は人数から除外し個々に対応していただく)

この総費用を女性人数で除した額が女性一人当たりが負担した額間違えました。

総費用に直接「お礼係数」をかけます。係数はその職場により、対外的な額としては1.5くらいで如何かと思います。これより大きかったり小さかったりすると仕事環境に春は来ません(女心は複雑極まりない)。

総費用×お礼係数で算出された「仮の総予算」を女性の人数で割り、最終的に「お返し一人あたりの予算」を求め、その額を元にようやく商品を選定します。先の係数が大きかった場合一人当たりの予算より若干安い商品を選定しても良しとしましょう、その逆の場合はモテる上司(私?)に報告し相談です。

ということで、今回いただいた中で例からはネットショップで税込み540円、係数を掛け合わせると810円前後の商品を選定し、たとえば税込み800円で良さそうなのがあれば‥‥‥

800円×女性人数=「実総予算」(必要があれば送料を加算)ということになり、この実予算を男性社員全員で負担します、この場合も負担額により上司に賢く相談しましょう。相談がない場合は全員一律になります(ダメ?)。

さて、うちの「ゆとりS」にここまでの対応ができるのだろうか、実際に多勢派からいただいたものは写真よりはもう少し値が張ってそうですが、俺んとこのゆとりちゃんは見極めできんのかね?3月14日以降の職場環境の良し悪しはアイツにかかってるんだがちゃんと相談してくれるのだろうか。