朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

N-ONEのオイルフィルター交換は取り付け場所が親切すぎて簡単

ホンダN-oneはオイル交換するときのドレンプラグやフィルターが車体前方右側の手が届きやすい場所にあります。オイルフィルターの交換もコツを覚えてしまえば結構簡単です。

ちなみにフィルターを交換した時に必要なエンジンオイルの量は2.6リットルだそうです。

右側フロントバンパー下を覗くと見えるフィルター

右側バンパーから見えるオイルフィルター

N-ONEのオイルフィルターはエンジンの右側前方に位置していて、オイルを抜くためのドレンプラグも近くにあります。

ちょうど右のバンパー下からのぞき込むと見えます。

エンジンオイルを抜く

オイル交換中の写真

フィルターの交換をする前にまずエンジンオイルを抜きます。
位置的に見てオイルを抜かなくても交換できそうにも見えますが、なにかと不都合が生じることも予想されるので、基本通りにオイル交換も同時に実施します。

なお、作業はジャッキアップのみではなく別に安全対策が必要です。

参照:ホンダN-one(エヌワン)オイル交換の記録

ホンダ車のオイルフィルター

ホンダ純正のフィルター

上の写真はN-ONEについていたHONDA純正のオイルフィルターです。

ホンダ用パルスターのPX-6

こちらはパルスター株式会社というところからホンダ車用として出ているPX-6という型番のフィルターです。カップレンチサイズ:65Φと書いてあります。

アストロプロダクツA-331

こちらはアストロプロダクツで販売してるホンダ車用A-331です。アストロプロダクツでは、これとは別にホンダ車用としてA-332というレアな型番がありますが、一般的に使われる写真のA-331が背が高いので、アストロプロダクツで迷ったら背の高い方を選んでおきます。

A-331の箱には純正番号:「15400-PLC-003」「15400-PLC-004」と記載があります。

純正フィルターとPX-6

純正オイルフィルターとPX-6を並べたところです。純正の方にはオイルが入っているので逆さにしていません。

オイルフィルターの取り付け方

古いフィルターを外したところ

オイルがある程度抜けたら続いて古いフィルターも取ります。

フィルターを外す際にはカップ式のものでない挟み込むタイプのフィルターレンチがあると外しやすいかと思います。カップ式だと滑ったり、古いものがカップに食い込んで取れなかったりします。

フィルターがなかなか外せないときは貫通ドライバーを刺す方法があるようですが私はやったことがありません。

オイルが滴り落ちている間、新しいフィルターのガスケット(パッキン)にエンジンオイルを塗っておきます。

ドレンボルトを締めたところ

エンジンオイルの滴下が少なくなったところでドレンプラグを元に戻し、いよいよ新しいフィルターを装着します。

トルクレンチを使う方法

PIAAフィルターレンチ

オイルフィルターの取り付けにトルクレンチを使う場合、このようなカップレンチを使います。社品はPIAAのものでPX-6で指定されている65Φのサイズです。

1から4の数字が刻印されているのはトルクレンチを使わない場合に締め付け具合の参考にするためです。

トルクレンチで締める

ここで普通のラチェットレンチを使うと締めすぎてしまうので注意。

純正フィルターの説明

取り外した純正のフィルターには締め付けトルクは10-14N-mであることが指定されていて、社外品でもおおよそこの辺の数字ではないでしょうか。

指定の締め付け角度で取り付ける方法

着座したら目印を書く

フィルターの取り付けの説明でよく目にするのが、ガスケット(オーリング)がエンジンの取付け面に着座してから3/4回転締め付けるという方法です。

写真のように着座した段階でマジックで目印を付けてから‥

目印を確認しながら3/4回転

4分の3回転締め込むと分かりやすいでしょう。

さきほどのカップレンチに刻印されていた数字はこの3/4の指標に使えます。

実際に締めてみるとこの4分の3回転は結構きつく締まる印象ですね。

N-ONEはオイルフィルターの交換が捗る車

通常、車のオイルフィルターはオイル交換回数の2回に1回の割合で実施が推奨されますが、これだけ作業性がよい車だと全く苦にならないほどです。

私も車をN-ONEにしてから、自分でオイルフィルターを交換することが多いです。

こうしたメンテナンスのしやすさというのは、車の愛着にも深く関係するようで小さな車両ではありますが、私の所有感を充分満たしてくれています。

可愛い相棒ですね。

ジョギング用のウェアの合わせが逆なのが気になって店に電話した話【Nikeのファスナー】

寒い季節になると日課のジョギングにも暖かい格好で出かけることになります。あまりモコモコに着込みすぎると走るのに体を動かしにくく、薄着だと体が暖まるまでに時間がかかってしまいモチベーションの低下につながりかねず調整が難しいものです。

ファスナーの左右の組合せが通常と逆だったウェア

もうだいぶ使い込んで、そろそろ買い替えどきかなと考えているジョギング用のウェアがあります。ジャンル的にはウィンドブレーカーと呼んでいいトレーニング用の防寒着ですが、このウェアのファスナーは左右の構造が通常とは逆になっていてます。

ナイキのスポーツウェア

このウェアは明らかにメンズもののモデルとして陳列されていた中から選んだ品で、結論から言うと女性物だからといって右側につまみというか取っ手がついてたりはしないようです。

調べてみると、どうやらアメリカ向けで作られたウェアにはこの手の右側つまみが多いらしく珍しいものではないようですが、私としては初めてお目にかかるもので試着ぐらいはしたものの羽織っただけでサイズがピッタリだったのですっかり安心して購入したものでした。

ファスナーが逆でも心配要らないことへの納得がいく説明とは

ファスナーのスライダーが逆付き

そんなわけで、この国外仕様に気づいたのは家へ持ち帰った後でした。どうしたものかとしばらく悩んだあと、とりあえず購入した大手のスポーツ店へ電話して聞いてみることにしました。

電話では新入りとみられる店員さんが対応してくれましたが次のような回答です。
以下やり取りの要約

自分:ファスナーのつまんで動かすほう(スライダー?)が逆についてるんだけど、これ女性物なの?
店員:(少々お待ちください。のあと…)外国製のものにはよくあるファスナーなのでメンズもので大丈夫だと思います。
自分:思いますじゃなくてちゃんとメンズものだと安心できる根拠を話してほしいんだけど…😭
店員:(少々お待ちください。のあと…)すみません上司に確認したらメンズもので間違いないということでしたので大丈夫です。
自分:あぁ…

まあ、新入りの店員さんにとっては信頼できる上司の発言は客に納得してもらえる一番の根拠だったのでしょう。これ以上細かい話をしては返ってこちら側がおかしなクレーマー扱いにされかねませんので、あとは電話を切って後日返品に出向くかどうか判断することにします。

私としては、「メーカーの資料によれば特に女性物として販売されているものではないようですのでご安心ください。」といった類の返答を期待していたのですが確認は諦めることにしたのでした。

その後、安い買い物ではなかった割には返品に出向く時間も取れず(やや面倒な気持ちもあり)そのまま使用に至ることになります。

使い込むうちに気にならなくはなるものの

距離を走り込んできた今はなんとも思いませんが購入した当初は随分気になりました。今となっては、問題のファスナーはくたびれてしまっていて、裾を変に引っ張ったりすると下から開いてしまいます。

ファスナーの左右が逆だったところですれ違う人へ違和感を与えることは全くないでしょう。それに、こんな小さな部分に他人が興味を示すなど全く考えられません。気になる気にならないは本人次第ですね。

コアなナイキファンには当たり前の組み合わせかもしれませんし、デザイン重視でウェアを選ぶなら今後も同じファスナーを使うことにもなりそうです。

いずれにしても、この先スポーツウェアに限らず衣服を試着する際にはファスナーの開け閉めもしっかりチェックしておきたいものです。

牛すき鍋膳が気になったので店内とテイクアウトの両方に挑戦

牛丼屋に牛すき鍋膳というのがあるのは知ってはいましたが、あまり興味がありませんでした。

寒い季節をむかえ、店内で他の客が牛すき鍋膳を食べているのを見かけましたが、何だか少し食べづらそうに見えます。ただ、ああまでしても食べたい牛すき鍋のメニューは美味しいものなのかもしれないとも思ってしまいます。

カウンター席で牛すき鍋膳を食べる

百聞は一見に如かず、いろいろな思いを連想させられる牛すき鍋膳を実際に自分で食べて体験してみることにします。

吉野家の牛すき鍋膳

吉野家の牛すき鍋膳は、他の牛丼メニューを頼んだ時より少し時間がかかるように感じました。運ばれてきた牛すき鍋膳はトレイの中央に丼ぶりより一回り大きな鍋が載ってきます。

すき焼き鍋の中身

ぱっと見た感じ表面の肉の他に、白菜、玉ねぎ、ネギ、豆腐、ニンジンなどが入っています。

牛すき鍋用たまご

そしてすき焼きにつきものの生卵は割られた状態で付きます。殻を割るのが面倒な方にはありがたいです。

牛すき鍋膳の豆腐

豆腐もちゃんと形が整っているものが入ってました。うどんも見えてますね。

お膳で使われる鍋

鍋には飲食店でよくみられる固体燃料みたいのに火がつけられていて食べている間もグツグツと煮だっている雰囲気が味わえます。

ただ、他人が見ていて感じた通りどうも狭いところで鍋も小さく、体制的には食べづらく感じます。なお、大袈裟ですが食べ終わるころには腱鞘炎になりそうな感覚を覚えました(あくまで個人的な印象)。

気になる味のほうは、まさにすき焼きそのものです。出来れば肉だけ追加して欲しいところですが、そうはいかないでしょうね。

ちなみに鍋の汁にはしっかり甘みがありました。

食べ終わって思ったのが、このメニュー仕込んで出すまでの工程も片付けも主たるメニューである牛丼に比べたら手が込んでいて面倒に感じるだろうということです。食べる側としてはありがたいですけどね。

牛すき鍋膳のテイクアウト

テイクアウトの牛すき鍋膳

次はいよいよテイクアウトですが、すき焼き鍋の持ち帰りっていうと期待してしまいます。

持ち帰り用のパッケージ

すき鍋持ち帰り卵の袋

注文には吉野家のドライブスルーを利用しましたが、最初に渡されたのがコレです。「はぁ?」と思いましたが、先に手渡されたのは卵でした。
先にメインのものを渡してしまうと卵をもらい忘れて車を出してしまう客がいるからでしょうね。

持ち帰りパッケージ

テイクアウト用の器はこんな感じです。さすがに鍋を煮だてる仕掛けはありません。

テイクアウトの鍋の中身

中身も店内で食べたときには劣らず同じものです。

紙のカップで卵を付ける

家の中で紙のカップを使ってすき焼き肉を食べるのはなんだか芸がないようなイメージですね。

牛すき鍋テイクアウトのうどん

家に帰ってすぐで暖房が効いてないうちでしたので、うどんをすくったときにしっかり湯気がでてます。

テイクアウトでご飯の多さに気づく

f:id:danmanjp:20171204144723j:plain

店内で食べたときは気づきませんでしたが、このメニューだけじゃなく牛丼店のご飯は大人には多すぎます。半分は別なお椀に分けて翌朝用にと冷蔵庫にしまうことにしました。

こうして、テイクアウトまで体験し身も心も満たされた「牛すき鍋膳」は中身がとても充実したものでありました。詳しくは書きませんが、余ったテイクアウトの鍋の汁は翌日に別な食卓に利用させていただいてました。

食べたいときに手軽に食べれる「すき焼き」

牛丼屋の牛すき焼き鍋膳のメリットは、すき焼きを食べたいときに手軽に食べれることにあるでしょう。

かつて、牛丼屋が「早い、安い、うまい」で重宝された時代の感覚を「すき焼き」という凝ったメニューで実現してくれている形だとも言えます。

昨今の人手不足は、この種の外食店業界でも深刻なものとなっていることを考えると、従業員にとっては手間がかかるであろう牛すき鍋膳などという私たち利用客にとってのお手軽メニューが楽しめるのも今のうちだけかもしれません。

少しでも興味がある方などは今のうち食べておいた方が良いでしょう。