朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

HONDAのN-ONEに13インチのホイールを付けてみたい【スタッドレスタイヤで使う】

車を買い替えたらスタッドレスタイヤ用にもホイールを1セット用意したいところです。しかし、雪の降らない地域などでは必要のないものですし(羨ましい)冬用の備品を別途に調達するのは無駄な出費のようにも思えてなりません。

NONEに乗りかえたときのことです。冬タイヤ用にホイールも新しく揃えたいところではありますが、手元には以前にekワゴンで使用してた13inchのホイールがあります。

既に手元にあるものは有効活用したいと思うものの、エヌワンの純正ホイール(14inch)とはサイズが異なります。はたして、この13インチはエヌワンに装着できるのでしょうか。

14inchから13inchへ「インチダウン」

14インチと13インチの比較

左が14インチの純正、右が引き続き使用したい13インチ

N-one(NAの2WD)の純正ホイールのサイズは14インチ、オフセット+40mm、リム幅4.5、PCD100mm、4つ穴、ハブ径56mmです。使用したい13インチのホイールを調べてみるとPCDとボルト穴の数、ハブ径はピッタリ合うようです。

リム幅は内側の表記から4インチだと推測しますが、肝心のオフセットが不明です。

オフセットを図ってみる

素人の図り方では不安ですが何も確認せず車体に合わせてしまうのはもっと不安です。とりあえずリム幅とホイール内側の奥行を図ってみることにします。

手書きで図を書いて計算

面倒なのでササッと手書きの図を書いて計算

リム幅とホイール取り付け面までの深さを測り、中心から取り付け面までの幅を算出したものが、おおよそのオフセットになるものとします。この場合+の42㎜なので、数値を信頼するならばタイヤは純正ホイールより2mm内側へ入ることになります。

外側へは出ませんし、2mm内側へ入る程度では足回りへの干渉はほぼないでしょう。両側へ2mm分踏ん張りが効きませんが気になるほどではありません。

ホイールを外したタイヤハウスの中

これらに干渉しなければ大丈夫

上から見たところ

ここに13インチのホイールを嵌めます

オフセットが合うかどうかの確認が済んだらホイールを車体に合わせてみます。その際、ブレーキキャリパーなどに干渉がなければ、ホイールナットを締め付け装着します。

古いタイヤごと13インチへ交換してみる

ホイール自体は合いそうなので試しに履いてみました。

4輪155/65R13でテスト

とりあえずホイールは装着可能なのが確認できましたが、このままではタイヤのサイズが合わないのでスピードメータに誤差がでたり車高も下がったままなのでタイヤを新しくします。

※実際のインチダウンの作業は自己責任になります。当サイトを参考されてのホイールやタイヤの交換に関しては一切責任を負えませんのでご注意ください。

純正サイズに外周を合わせた13インチのタイヤを購入

ホイールはそのまま使えそうなので、次はエヌワン用に新しいタイヤを買うことにしますが、実際には前輪の2本だけ先に購入してます。というのも新しいタイヤを組んだら車体に干渉したとかもあり得るので慎重に進めます。

前輪で問題なければハンドル操作による動きがない後輪はほぼ問題ないと考えます。

タイヤはネットで購入し組み込みはタイヤレバーを使い手組をします(バランスだけカーショップへ持ち込み)。

タイヤサイズの選定

エヌワンの純正タイヤのサイズは155/65R14です。

純正155/65R14

155/65R14の外径は557 mmでこれに近いサイズの13インチタイヤをホイールに組み込むことにします。

155/70R13なら外径が547mmと10mm小さいだけでメーター表示が時速40kmのとき実際のスピードは39.2 km/hと誤差は-1.7 %にとどまります。逆に外径が大きなものを選んでしまうと重いスタッドレスタイヤは駆動系への負担が心配です。

スタッドレス155/70R13

選んだのはYOKOHAMAのiceGUARDシリーズ。ブリヂストンが人気のようでしたがビードが固く手組が無理そうなので諦めました。

試しに前輪だけ装着してみる

装着した状態で14インチと比較

右側が155/70R13ですが撮影する角度がずれたせいで違いが極端です。

外した状態で比較

外した状態の写真で見ると外径の違いが10mmだけと納得がいきます。

前後ともサイズを合わせた13インチタイヤに

14インチのノーマルスタイヤ

155/65R14の夏タイヤ

13インチのスタッドレスルタイヤ

155/70R13の冬タイヤ

13インチのホイールとタイヤを使用してみて

いまのところ、この組み合わせで3シーズンを過ごしました。スピードメータの差も車検を合格できるレベルですし、実際より速い速度で表示されるので安全運転上はメリットになっていると思えます。

ただし、唯一不快に感じるのが積雪時の轍を走行したときに車道の真ん中の雪で盛り上がった部分が、エンジン下にある燃料系を保護するプレートにぶつかりガガーッと酷い音を立てます。
これはエヌワン特有の症状なのですが、タイヤの外径が10mm小さいということは5mm車体が下がっていて、問題のプレートが雪をこする症状を助長しているようです。

真冬の早朝など溶けた雪が固まったようなときは特に大きな音を立てるので気になりますが仕方がないので我慢しながら走っています。むりに標準の14インチにしたところで、たった5mmの差なので変わりないかもしれませんね。

このように、ややデメリットを伴うホンダN-ONEのインチダウンでしたが、資源を大切にし財布にも優しくといった意味では納得できる結果でした。そろそろスタッドレスタイヤの寿命が気になるところですが今のところ新しい14インチホイールを買う予定はなく、しばらくは13インチが継続して活躍しそうです。

USBメモリを何度か洗濯してしまっている【ネットには使える情報が目立つけど大丈夫?】

何度かというより何度ものほうが正しいかもしれません。

記憶装置としては小さくて持ち運びに便利なUSBメモリーですが、その小ささが時に災いすることがあります。

洗濯してしまったUSBメモリは使えない?

小さくて便利なUSBメモリは、ついついポッケに入れて持ち運んでしまう。なんてことも良くあるでしょう。

このUSBメモリをポケットに入れたまま服と一緒に洗濯してしまった場合、中身のデータは勿論、他にも物理的な損失が発生し多少なりの経済的な損失も伴います。

この洗濯してしまったUSBメモリはホントに使えないのでしょうか。

水に濡れた電子回路に電気を通してはいけない

結果から言いますと、中に水が入ってしまったUSBメモリは使えないというより使ってはいけません。

内部に水分が残ったままパソコンに接続すれば途端にショートして、最悪の場合は火災を引き起こしてしまいます。

また、ケガを負うなど危険を伴うため、水に濡れたUSBメモリは使えないと判断しましょう。

PCが損傷することもある

また、USBメモリがショートすることによって被害がPC本体に及ぶことも考えられます。不具合がある周辺機器を接続したためにパソコン自体が壊れて起動不能になってしまったのでは元も子もありません。

USBメモリを完全に乾かせば使える?

水に濡れたUSB機器を使用すると大変な事態を引き起こすことについては前述の通りで、一度水に浸してしまったものは諦めて処分するべきですが、中の基盤を完全に乾燥させることができる場合はどうなのでしょう?

試しても誰も補償しませんので止めたほうがようが良いのは事実ですが、電気的なことを考えるならば湿気が完全になくなれば通電は可能なはずです。
しかし、USBメモリは構造的に基盤が密閉された状態であるため、中身を開放して風通しを良くしてやることが不可能です。

もし内部を開放できたとしても、メモリチップと基盤の隙間が乾いているかなどは目視で確認するのが困難なことでしょう。

それとUSBメモリでは該当するものは少ないと思いますが、回路に電荷が残るような仕組みの物は水に浸かっただけで即故障ということもあり得ます。

このように一度水に濡れてしまった電子部品は使用していけない理由は盛りだくさんです。

それでも強引に使ってみた一つの例

誤解を招くと困りますが、洗濯してしまったUSBメモリを乾かした話です。

このタイプだったら使えるということを推奨している訳でもないので、その辺は充分ご理解いただきたいところです。

洗濯しちゃったUSBメモリ

私が衣類と一緒に洗濯してしまったのでこちらのUSBメモリー。元はシリコン製のカバーが付いている製品(普段使いで埃がかなり付着します)ですが、このようにカバーは簡単に外すことが出来ます。通常のUSBとスマホなどのマイクロUSBの両方で使えるタイプです。

中の構造がどのようになっているのか知りませんが、このUSBメモリはなんと2回も洗ってしまっていて加えて雨の中屋外に落としたまま見つけられず一晩放置したことがありました。

繰り返しますが、たまたま使用できたというだけで同じものなら使えるという話ではありません。

乾いてしまえば使えることがあるけどリスクは高いということ。

私としては、「水に濡らしちゃったけど使えてるよ」とブログに書きたいところが勘違いされると困るので基本的な事実のほうを多めに書いたというものです。

使い勝手が良いだけに注意が必要なUSBメモリ

便利に持ち歩けばそれだけ紛失などの危険が伴うUSBメモリですが、このように「うっかり」の水没にも気を使ったほうが良さそうです。

最近ではデータをクラウドに保存することも珍しくなく、私もUSBメモリを使う機会は減ってきています。組織や企業によってはこうした外部接続デバイスを制限しているところもありますが、一般の需要が極端に減っているわけでもなさそうです。
これからも、この便利なグッズと付き合っていく上で使用方法にはそれなりの注意が必要なことは間違いないようです。

チーズカルボ牛丼を食べた【吉野家:店舗・期間限定メニュー】

風変わりなダイエットに挑戦中でして、ここ一カ月ほど牛丼屋通いを続けているところですが、とある政令市の店舗で「チーズカルボ牛丼」などというメニューを見かけ、面白そうなので食べてみることにしました。

見た目も味もそこそこ良かったので満足して家へ帰ったのですが、メニューの名前を確認しようとネットを見てみたらほとんど情報が見当たりません。結構珍しいメニューのようで、店舗・期間限定ということもありあらためて食べに行ってみることにします。

これが吉野家のチーズカルボ牛丼

店舗期間限定チーズカルボ牛丼

吉野家のチーズカルボ牛丼

店の表に出てるポスターみたいなのは、すでに卵の黄身が載った状態で洋風の胡椒みたいなのがふりかけてあるのですが、実際にはこんな状態で出てきます。

前回食べたときは箸を使いましたが、今回はスプーンをチョイスしています。メニューの名前からしてこの方が合っていることでしょう。

参照記事:牛丼を毎日食べながらダイエットをすることにした【吉野家はなまるはしご定期券を活用】

卵の黄身をのせて完成させる

とりあえず、PR写真同様に卵を載せてみます。

卵をのせたチーズカルボ牛丼

卵が載ったチーズカルボ牛丼

黄身をのせる前にチーズで盛り上がってる部分をスプーンを使って少し凹ませてやらないと上手く上に乗りません。

とろける3種のチーズと、カルボナーラソースの濃厚な味わい

だそうです。並盛490円で昼食としては少し物足りない気がしますので自信のない方には590円の大盛がオススメです。

味の方は、チーズと牛肉の組み合わせのわりには「あっさりした感じ」を受けましたが、食材としてはだいぶ濃いものを組み合わせていますね。
それから、食べる前にチーズの臭いが少し気になりました。

セルフサービス方式の吉野家

そんなわけで、2度目のチーズカルボ牛丼を食し腹も気持ちも満足したところですが、この店舗は牛丼屋としては珍しいセルフ式の店舗でした。

場所が政令市(仙台)の街の中で、周りに商業ビルが立ち並ぶところにあって昼食目当てのサラリーマンをターゲットにした店舗と思われます。

今回私が訪れたときも平日の昼間で客の割合が男性100%(うち薄毛2割ほど)で私の他にも「チーズカルボ牛丼」を頼んでいる人が何人かいました。

セルフサービスなので、入店してすぐの場所にレジカウンターがありそこで先に注文と会計を済ますよう声をかけられます。注文をすませて少し横に進んで頼んだ牛丼が仕上がるのを立ったまま待つのですが、まるでマクドナルドに来たかのような雰囲気です。

店内の様子もハンバーガー屋に似ている

ここの店内は、テーブルや椅子も通常の吉野家の店舗とは差別化されていてファーストフードによくある壁付けの椅子にテーブルが並んでいたりして、通常の食堂のような組み合わせのテーブルはありません。

牛丼屋にUSB電源

それから、珍しかったのがテーブル席の端やカウンター式の席の正面などにこのような充電用のコンセントとUSB電源が用意されています。
昼時だったのでのんびり活用している客は見かけませんでしたが便利ですね。

こんな洒落た店舗に見合った限定メニュー

しかし、昼時のこれから満席になるであろう時間帯の男性率が100%というのはサラリーマンの昼食の場としては普通なんでしょうね。店の雰囲気は充分女性向けで、前回は女性も見かけたように思ったので、これも珍しい瞬間だったのかどうか気になるところではあります。

「チーズカルボ牛丼」はネーミングも洒落ていて、内装がオシャレなこの店にピッタリと言った印象です。

普段は、あまり興味の向かない牛丼屋ですが店の前を通った時に面白い限定メニューがないか視線を送ってみるのも、ちょっとした遊び心が味わえて面白いかも知れません。