朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

チョコレート味のカップ焼きそばはこの冬また発売されるのだろうか

ここ最近、カップ麺を製造販売しているメーカーでは、短期的な戦略で様々なアイディアの商品を出しているようで、新しいものが出ては消え出ては消えを繰り返してるように見えます。

チョコレート風味のカップ焼きそばはまた出るのか

今年の初めごろからバレンタインデーあたりにかけて良く店頭で見かけたチョコレート風なパッケージのカップ焼きそばですが、また時期が来れば販売されるものなのでしょうか。

ペヤングやきそばギリChocolate

ペヤング義理チョコパッケージ

こちらがペヤングから販売されていたチョコレート風カップ焼きそば。

ペヤングチョコの中身

中身の様子は普通のペヤング焼きそばですが、よく見ると「かやく」の彩りが普通のカップ麺と違ってお菓子の材料みたいです。原材料表示を見るとクルトン、イチゴ加工品となっていて、このうちクルトンはわりと見慣れたものですが、イチゴ加工品となっているものはフルーツの風味がする大人なら洋菓子やケーキに振りかけられたものを一度は口にしていると思われるものです。

ペヤングのチョコレートソース

そして焼きそばのソースに代わるものには、しっかりチョコレートソースが使われていて期待を裏切っていません。表面には「やきそばソース」と書いてありますが中身は甘いものです。ちょっとしたドッキリTV系のイタズラに使えてしまいそうですね。

義理チョコ焼きそばの出来上がり

せっかくなので出来上がりを器に盛ってみました。パッケージにギリと書かれている通りそれなりのクオリティーで、この商品は味覚を満足させることが目的ではなく、あくまでもパロディが商品コンセプトになっていそうです。

もちろん甘い仕上がりですので、スープなどではなくご覧のようにコーヒーが合うでしょう。

明星一平ちゃん夜店の焼きそば「チョコソース付」

一平ちゃんチョコのパッケージ

こちらは明星から出ていた一平ちゃんのチョコソース付きです。

パッケージ横の原材料表示を確認してみると、当たり前のようにココアパウダー、チョコレートソースと書かれています。そして表には写真のとおり謎チョコキューブ入りが強調されています。

茶色の麺

中身を見てみると、麺にはすでに色がついています。ソースが混ざり切らないと白い部分が残って絵にならないからでしょうか。

f:id:danmanjp:20171202145402j:plain

麺に混ぜ合わせっる調味ソースとトッピング用のチョコソースが別です。調味ソースを少し舐めてみたらバターのような香りが混じってました。

f:id:danmanjp:20171202145356j:plain

ご覧のように、調味ソースが全体に着かなくてもバランスの良い茶色に仕上がっています。

f:id:danmanjp:20171202145351j:plain

ペヤング同様、一平ちゃんにもコーヒーを付けてみましたが、一平ちゃんのほうは甘みが少なく普通に食事に近づいた味付けに感じました。

ちなみに謎のキューブ状のものは甘みが少なくスポンジみたいな食感です。

この一平ちゃんのパッケージの底の部分をよく見ると、義理チョコで送る際の「一言メッセージ欄」があってあらかじめ印字された五つ候補メッセージの中から好きなものを選んでチェック枠に印を書き込み送るというものです。なかなか遊び心のある義理カップ麺ですね。

風変わりなカップ麺に今後も期待

このように前回は面白がって買って見ましたが、とても不思議な味わいでした。こういうのは話題性を狙ったもので主食にはならないものなのでしょう。そして、ウケ狙いの効果はソコソコあったのではないかと思われます。

こういったパロディー商品を手に取ってみると発想自体はとても興味をひくものなので、また風変わりな商品が販売されたなら、その完成度を試食してみたいと考えています。

今度は「タルタルアジフライ丼」もちろん店舗・期間限定ついでに時間も限定

前回記事に書いた「チーズカルボ牛丼」が気になって、この店舗限定メニューが提供されていた【吉野家仙台広瀬通り店】の前を通ってみたところ、チーズカルボ牛丼のメニュー広告は見当たらず代わりに「アジフライ丼」というメニューの写真が大きく飾られています。

アジのフライにタルタルソースがかかっていたら

チーズカルボ牛丼のメニュー写真がなくなっていたのは少し寂しかったですが、もともと店舗・期間限定となっていたので仕方がありません。

この後継メニューとも思われるアジフライ丼はチーズカルボ丼に比べれば何か物足りないようにも感じ、表の大きなメニュー写真をスマホに収めその場を通り過ぎることにしました。

吉野家仙台広瀬通り店

この日に後でメニュー写真を確認してみると、下の方にタルタルアジフライ丼というメニューがあって、しかも美味しそうに見えます。普通のアジフライ丼と値段は100円しか違わない480円。

普通のアジのフライが載っているだけなら黙っていたものを、それにタルタルソースがプラスとなればこれは見過ごすわけには行きません。本日、早速食べに行くことにしました。

揚げ物販売時間は10:00~24:00

デカいアジフライ丼の写真に比べ下の方へ押し下げられたタルタルアジフライ丼は存在が気になって仕方がありません。手抜かりのないよう詳細な情報収集を始めると「揚げ物販売時間10:00~24:00」と書いてあります。

なるほど、人手の少ない時間帯にアジのフライのような手のかかる品は出せないってことでしょう。わかりますハイ。

というわけで、今回のお目当ては店舗・期間限定だけではなく時間も限定されます(なお、大人であれば心配いらない時間ではあります)。

朝食を軽く済ませ、準備を整えた私はイザ10時過ぎの吉野家オシャレ店舗へ向かったのでした。

いざタルタルアジフライ丼を食べる

店に着いた時間は10時半ごろだったと思いますが、昨日目にした表のデカいメニュー写真は本日別なものに入れ替わっています。まさか昨日で終わったわけではないだろうと少し不安になりながら店内に入るとレジ前のメニューには、しっかりアジフライ丼があります(もちろんタルタルも)。そして、なんと終了したと思っていたチーズカルボ丼の写真入りメニューも小さくこっそり残っています。まだ食べれるんですね。

慣れない新人アルバイトと思しき店員(女の子)にアジフライ丼は注文できるかと聞いてみたところ、奥のベテランへ何やら確認しながらOKとの返事が返ってきました。

あとは、迷わずタルタルアジフライ丼を注文することにします。

このタルタルアジフライ丼は普通の牛丼メニューと違い時間がかかるのか、商業施設内のフードコートなどで待ち時間に持たされる呼び出しブザーみたいなのを渡されて少しの間待つことになりました。

タルタルアジフライ丼

待ち時間は5分以上はあったでしょうか、タルタルソースをかけ忘れたのを直前に気づいたらしく、まさに目の前でアジのフライにタルタルソースをかけていました。

セルフですのでトレイにあるお茶とつま楊枝と箸は自分で取るようになります。

タルタルソースがかかったアジのフライ

早速食いつきにかかりますが、鯵の大きさはまあまあ普通かなといった感じです。それより、これほど温かくてサクサクとしたアジのフライは今まで食べたことがなく場所が牛丼屋とはいえとても美味しい魚のフライです。

フライの下には海苔と鰹節

フライを持ち上げるとご飯の上にはキャベツの千切りのほかに海苔とかつお節がのっていて、これはアジのフライにとても合っています。

アマニ油入りマヨネーズ

千切りキャベツ用について来たマヨネーズには、こっそりアマニオイル入りと書かれていて、少々辛子が効いたような味がします。

店舗・期間限定アジフライ丼(タルタル)の感想

今回の、タルタルアジフライ丼がどれくらい美味しかったかというと、「今まで鰺のフライをこれほど美味しくたべたことはない」と言ってよいでしょう。

鰺のフライとしては普通だとは思いますが、私が今までに食べたアジのフライは揚げたてのものではなく、お惣菜で売られているものを買ってきてそのまま食べるといったものでした。

揚げたての温かさとサクサク感は予想外のもので、ご飯にかけられた海苔と鰹節も実に良い組合せです。

この人通りの少なくない街中で淡々と展開される吉野家の店舗・期間限定メニューはこれからも目が離せません。

交差点で立ち止まりふと考える人生の青信号【順調過ぎても楽しくはない】

慌ただしい生活の中で、時には立ち止まり周囲を見渡すことは時に大事なことであります。

街角の青信号

そんなことを考えてしまう小春日和の休日は陽の光がただただ嬉しく全ての色が許せてしまいそうです。

そもそも青信号はそれほど良いものではない

もし、進む先の信号が全て青だったなら私たちはどんどん前へ進まされます。

目的に向かい迷うことなく前進していくことは気持ちが良いことです。ただし、道端に価値のある何かが落ちていても目に留まることはなく。物陰に楽しい出来事が隠れていても、それを覗くきっかけすらつかめないことでしょう。

目的地へ順調に向かうことでメリットがあるのは、そこへ到達することで確固たる成果が得られる時や生活の手段として行動を起こしているときです。

ただ、そんな時も残り時間の少ない青信号を急いで渡ってしまったりした時には、自分の余裕の無さに気づかされることになります。

理想的なのは残り時間が少ない赤信号か

もうすぐ青になる赤信号

急いで渡らなければならない終わりかけの青信号より、残り時間が少なくなってきてもうすぐ青に変わる赤信号は、焦りも感じず一息つける感覚もあって嬉しいものです。

しかし、その赤信号は色が赤でも意味合い的には「極上のハナマルな青信号」ですね。

そんな都合が良い信号も、私たちに迷いや選択を与える機会を失わせ短期的な目標をどんどん達成させてくれます。

こう考えると、社会生活に慣れきった大人にとって青信号は詰まらないものとも言えるでしょう。

街角の青信号は、周囲への興味を失わせるもので遊び心というものとも無縁な存在です。もし、赤信号が続いたり時間の迫った青信号に出くわしたなら、そこは自分の「遊び心」を試す場かもしれません。

そして、そんな考えを持つことも大人の余裕に繋がることでしょう。

プライベートな街角では常に選べる自由はある

車社会という視点からも考えると、赤信号が続くとスムーズに進まないし周囲など見渡す余裕もなくただ信号が青になるのを待つだけです。信号が青に変わっても、後続車を考えれば自由度は少なく緑色の信号がもたらす意味は「進め」と解釈されるでしょう。

仕事で街を歩くことや車の運転をすることは私たちの日常に目に見えぬ「せわしさ」を定着させるような効果があるのではないでしょうか。

私たちは常時仕事や通勤に縛られている訳ではなくて、時として自由な時間もあります。

プライベートな時でも仕事があるときでも、道の歩き方や持つ意識にそれほど違いはなく。大人の場合、どちらかと言えば通勤や仕事で歩く時間が多いため忙しい歩き方をしてしまいがちです。

私たちは、自分で感じるより自由な時間があって、それに気づくきっかけが少なく忙しさに押し流されるばかりなのかもしれません。

休日に歩道の赤信号に立ち止まったなら、自分には立ち止まれる自由や身の置き方を選択できる自由があることを思い出したいものです。そんな時、少し目線を変えればプライベートな街角にはきっと楽しいなにかが転がっているに違いありません。