朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

社外アルミホイールを履いたホンダの軽にショートナットを使う【Honda N-one】

車をホンダのN-ONEに乗り換えて直ぐ、ホイールごとスタッドレスタイヤへ交換することになったのですが、そこでホンダ車は純正で球面座のホイールナットを使っていて、社外製のアルミホイールへの交換では別にテーパ座のナットを用意しなければならないことに気が付きました。

ホンダの純正ナット

球面座のホンダ純正袋ショートナット

ホイールを社外製にしたらナットも別に必要

以前にもホンダ車を所有したことがありましたが、ホイールを別のものにを交換したことがなかったので、ナットの違いには今回初めて気づくことになります。

新しいテーパナットを買わなくては!?

この事実を知ったのが純正ホイールを車体から外してからでしたので少々慌てました。

ホンダ用球面とテーパを比較

あとで比較してみたところホイールに接する面の形状が異なっています。

ホイール接触面の比較

ナットを正面から見るとわかりづらいですが安全を考えると互換性はないでしょう。

手持ちの古いナットが使えなくもない

純正と21mmヘッドサイズの比較

こんな危機的状況では対策が閃くのも早いものです。

コレって雌ねじの径とピッチが合えば別なのでも使えるんじゃね?

ということで数年前に三菱のミニバンで使っていたホイールナットをつけてみるとピッタリではありませんか。

※実際のナットの選定は車屋へ相談して決めましょう。

見た目大きなナットでその場をしのぐ

二面幅を測る

タイヤ交換の作業は既に取り掛かっていたところで、一本だけ外したもとのノーマルタイヤを再度装着しテーパナットを買いに行くという方法もありますが、必要に迫られたからといって即座に消費活動に走るのは賢い大人の技ではないでしょう。

納車後最初に迎えた冬はナットの二面幅が通常の19mmより大き目な21mmのもので代用することにします。

N-ONE用の新しい袋ショートナット

エヌワン用テーパ袋ナット

納車後の最初の冬は代用で済ませましたが、翌シーズンからはショートタイプの袋ナットを新しく購入することにしました。

超ショートタイプナット

箱には、M12×P1.5ヘッドサイズ19mmと書かれています。全長22mmで「超ショートタイプナット!!」だそうです。

箱の裏面に書かれている雌ネジ穴の深さは21mmだそうで、参考までに純正品の奥行を計ってみます。

純正品は深さ約23mm

写真を撮るのに手を放していますが、素人計測のおおよそで23mmと純正袋ナットの方が2mmほど深く作られています。

21mmナットの高さを計測

先ほどの幅21mmのナットの高さを計ってみると16mmですが、このナットを装着したときにハブボルトの先が5mm以上突き出すようだと、新しく購入したショートタイプナットは使えないことになります。

21mmナットの装着写真

近くで撮影したものがありませんが大きくボルトが大きく飛び出ていることはありませんでしたので大丈夫でしょう。

ホンダN-oneで社外ホイールと袋ナット

そして、念願の社外アルミホイールで袋ナットを装着したN-oneがこちらです。社外ホイールといっても豪華なものでなく間に合わせになってますが自分が納得する外観には落ち着いたかなといったところです。

モノが車ですので、生活レベルとかの指標からはかけ離れた物でその価値も薄いものですが、こういった小物を一旦そろえることによって徐々にホンダ好きになっていくのかなという思いがふと頭をよぎったりします。まあ、悪くはないですけどね。

チョコレート味のカップ焼きそばはこの冬また発売されるのだろうか

ここ最近、カップ麺を製造販売しているメーカーでは、短期的な戦略で様々なアイディアの商品を出しているようで、新しいものが出ては消え出ては消えを繰り返してるように見えます。

チョコレート風味のカップ焼きそばはまた出るのか

今年の初めごろからバレンタインデーあたりにかけて良く店頭で見かけたチョコレート風なパッケージのカップ焼きそばですが、また時期が来れば販売されるものなのでしょうか。

ペヤングやきそばギリChocolate

ペヤング義理チョコパッケージ

こちらがペヤングから販売されていたチョコレート風カップ焼きそば。

ペヤングチョコの中身

中身の様子は普通のペヤング焼きそばですが、よく見ると「かやく」の彩りが普通のカップ麺と違ってお菓子の材料みたいです。原材料表示を見るとクルトン、イチゴ加工品となっていて、このうちクルトンはわりと見慣れたものですが、イチゴ加工品となっているものはフルーツの風味がする大人なら洋菓子やケーキに振りかけられたものを一度は口にしていると思われるものです。

ペヤングのチョコレートソース

そして焼きそばのソースに代わるものには、しっかりチョコレートソースが使われていて期待を裏切っていません。表面には「やきそばソース」と書いてありますが中身は甘いものです。ちょっとしたドッキリTV系のイタズラに使えてしまいそうですね。

義理チョコ焼きそばの出来上がり

せっかくなので出来上がりを器に盛ってみました。パッケージにギリと書かれている通りそれなりのクオリティーで、この商品は味覚を満足させることが目的ではなく、あくまでもパロディが商品コンセプトになっていそうです。

もちろん甘い仕上がりですので、スープなどではなくご覧のようにコーヒーが合うでしょう。

明星一平ちゃん夜店の焼きそば「チョコソース付」

一平ちゃんチョコのパッケージ

こちらは明星から出ていた一平ちゃんのチョコソース付きです。

パッケージ横の原材料表示を確認してみると、当たり前のようにココアパウダー、チョコレートソースと書かれています。そして表には写真のとおり謎チョコキューブ入りが強調されています。

茶色の麺

中身を見てみると、麺にはすでに色がついています。ソースが混ざり切らないと白い部分が残って絵にならないからでしょうか。

f:id:danmanjp:20171202145402j:plain

麺に混ぜ合わせっる調味ソースとトッピング用のチョコソースが別です。調味ソースを少し舐めてみたらバターのような香りが混じってました。

f:id:danmanjp:20171202145356j:plain

ご覧のように、調味ソースが全体に着かなくてもバランスの良い茶色に仕上がっています。

f:id:danmanjp:20171202145351j:plain

ペヤング同様、一平ちゃんにもコーヒーを付けてみましたが、一平ちゃんのほうは甘みが少なく普通に食事に近づいた味付けに感じました。

ちなみに謎のキューブ状のものは甘みが少なくスポンジみたいな食感です。

この一平ちゃんのパッケージの底の部分をよく見ると、義理チョコで送る際の「一言メッセージ欄」があってあらかじめ印字された五つ候補メッセージの中から好きなものを選んでチェック枠に印を書き込み送るというものです。なかなか遊び心のある義理カップ麺ですね。

風変わりなカップ麺に今後も期待

このように前回は面白がって買って見ましたが、とても不思議な味わいでした。こういうのは話題性を狙ったもので主食にはならないものなのでしょう。そして、ウケ狙いの効果はソコソコあったのではないかと思われます。

こういったパロディー商品を手に取ってみると発想自体はとても興味をひくものなので、また風変わりな商品が販売されたなら、その完成度を試食してみたいと考えています。

今度は「タルタルアジフライ丼」もちろん店舗・期間限定ついでに時間も限定

前回記事に書いた「チーズカルボ牛丼」が気になって、この店舗限定メニューが提供されていた【吉野家仙台広瀬通り店】の前を通ってみたところ、チーズカルボ牛丼のメニュー広告は見当たらず代わりに「アジフライ丼」というメニューの写真が大きく飾られています。

アジのフライにタルタルソースがかかっていたら

チーズカルボ牛丼のメニュー写真がなくなっていたのは少し寂しかったですが、もともと店舗・期間限定となっていたので仕方がありません。

この後継メニューとも思われるアジフライ丼はチーズカルボ丼に比べれば何か物足りないようにも感じ、表の大きなメニュー写真をスマホに収めその場を通り過ぎることにしました。

吉野家仙台広瀬通り店

この日に後でメニュー写真を確認してみると、下の方にタルタルアジフライ丼というメニューがあって、しかも美味しそうに見えます。普通のアジフライ丼と値段は100円しか違わない480円。

普通のアジのフライが載っているだけなら黙っていたものを、それにタルタルソースがプラスとなればこれは見過ごすわけには行きません。本日、早速食べに行くことにしました。

揚げ物販売時間は10:00~24:00

デカいアジフライ丼の写真に比べ下の方へ押し下げられたタルタルアジフライ丼は存在が気になって仕方がありません。手抜かりのないよう詳細な情報収集を始めると「揚げ物販売時間10:00~24:00」と書いてあります。

なるほど、人手の少ない時間帯にアジのフライのような手のかかる品は出せないってことでしょう。わかりますハイ。

というわけで、今回のお目当ては店舗・期間限定だけではなく時間も限定されます(なお、大人であれば心配いらない時間ではあります)。

朝食を軽く済ませ、準備を整えた私はイザ10時過ぎの吉野家オシャレ店舗へ向かったのでした。

いざタルタルアジフライ丼を食べる

店に着いた時間は10時半ごろだったと思いますが、昨日目にした表のデカいメニュー写真は本日別なものに入れ替わっています。まさか昨日で終わったわけではないだろうと少し不安になりながら店内に入るとレジ前のメニューには、しっかりアジフライ丼があります(もちろんタルタルも)。そして、なんと終了したと思っていたチーズカルボ丼の写真入りメニューも小さくこっそり残っています。まだ食べれるんですね。

慣れない新人アルバイトと思しき店員(女の子)にアジフライ丼は注文できるかと聞いてみたところ、奥のベテランへ何やら確認しながらOKとの返事が返ってきました。

あとは、迷わずタルタルアジフライ丼を注文することにします。

このタルタルアジフライ丼は普通の牛丼メニューと違い時間がかかるのか、商業施設内のフードコートなどで待ち時間に持たされる呼び出しブザーみたいなのを渡されて少しの間待つことになりました。

タルタルアジフライ丼

待ち時間は5分以上はあったでしょうか、タルタルソースをかけ忘れたのを直前に気づいたらしく、まさに目の前でアジのフライにタルタルソースをかけていました。

セルフですのでトレイにあるお茶とつま楊枝と箸は自分で取るようになります。

タルタルソースがかかったアジのフライ

早速食いつきにかかりますが、鯵の大きさはまあまあ普通かなといった感じです。それより、これほど温かくてサクサクとしたアジのフライは今まで食べたことがなく場所が牛丼屋とはいえとても美味しい魚のフライです。

フライの下には海苔と鰹節

フライを持ち上げるとご飯の上にはキャベツの千切りのほかに海苔とかつお節がのっていて、これはアジのフライにとても合っています。

アマニ油入りマヨネーズ

千切りキャベツ用について来たマヨネーズには、こっそりアマニオイル入りと書かれていて、少々辛子が効いたような味がします。

店舗・期間限定アジフライ丼(タルタル)の感想

今回の、タルタルアジフライ丼がどれくらい美味しかったかというと、「今まで鰺のフライをこれほど美味しくたべたことはない」と言ってよいでしょう。

鰺のフライとしては普通だとは思いますが、私が今までに食べたアジのフライは揚げたてのものではなく、お惣菜で売られているものを買ってきてそのまま食べるといったものでした。

揚げたての温かさとサクサク感は予想外のもので、ご飯にかけられた海苔と鰹節も実に良い組合せです。

この人通りの少なくない街中で淡々と展開される吉野家の店舗・期間限定メニューはこれからも目が離せません。