朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

ピンクレディーという名前のリンゴがあまりにも艶が良すぎて気になる

買い物中に見かけた小ぶりの真っ赤なリンゴが、あまりにもピカピカで艶が良く気になったものだから一つだけ買ってみることにしました。

光沢が美しいピンクレディーというリンゴ

この艶々したリンゴ、あまりに光沢があり過ぎて怪しくもあります。

作り物のような艶が目立つPinkLadyというリンゴ

今回、購入したアメリカ産のリンゴは販売元がStemilt(ステムルト)というメーカーで商標がピンクレディーというものだそうです。

Stemilt(ステムルト)のリンゴ

大きさは、普段見かける日本の品種よりも一回り小さく小ぶりですが、そんな小さなリンゴが真っ赤に輝いて見えるのがこのリンゴの魅力であると言えそうです。

参考サイト:https://www.stemilt.com/

気になったので洗ってみた

洗剤で洗う前のピンクレディー

洗う前のリンゴ

このツヤツヤ光る表面は怪しさを感じる程でワックスの類の効果ではと疑ってみたくなるところなので、ここは実際に洗ってみることにします。

使ったのは、一般家庭用の食器洗い用の洗剤とスポンジですが、このリンゴの表面にはおそらく何か塗られているのだろうと疑いながら、やや本気で洗ってみます。
なお、多くの台所用洗剤には用途として、野菜、果物、食器、調理用器具と書かれているようです。なんか意外な感じがしますけど。

洗った後も光沢があるピンクレディーというリンゴ

洗った後も艶のあるリンゴ

こちらが、その洗浄後のピンクレディーですが洗う前とほぼ変わらない艶やかさがあります。

リンゴの表面に何かを塗って一生懸命磨いているわけではなさそうですね。

ピンクレディーの味

さて、ピンクレディーというリンゴの見かけの美しさには納得がいったところで中身の味はいかがなものなのでしょう。

表面はキレイに洗ったことですし、そのままガブリと行きたいところですが肝心の味を堪能するため皮は向いて食べることにしました。

ピンクレディーというリンゴを食べてみる

食べてみた感想ですが、もっぱら地元の国産のリンゴを食べ続けてきた者としては、やや酸味が強い印象を受けます。
逆に普段食べているリンゴが甘すぎるのかもしれませんね。写真を見てわかるとおり蜜などは一切入っていません。

このPinkLadyというリンゴは、品種的にはゴールデンデリシャスとレディーウイリアンムスを交配させたもので「クリプスピンク」と呼ばれるものだそうです。

名前だけ聞くと豪華な感じがしますが、甘さよりも酸味が強いようで好みによって評価が分かれそうなリンゴですね。
先の参考サイトにも出てくるように用途的にはタルトなどの調理目的に使うのもありのようです。

ルパンを探せ【ダイドー缶コーヒー世界一のバリスタ監修に付いてくる”ちょい置き”フィギュア】

先日、スーパーの飲み物コーナーを眺めていたらダイドーの缶コーヒーでオマケがついてくるキャンペーンをやっているらしい。普段ならそいったものには見向きもしないほうだが、どうやらルパン三世の登場人物のフィギュアがついてくるらしい

ダイドー缶コーヒーフィギュアの峰不二子

オマケが付いてくるダイドーの缶コーヒーは、「香るブレンド微糖 世界一のバリスタ監修」「コクと香りのブレンドBLACK 世界一のバリスタ監修」片方は微糖となっているので甘い飲み物です。

たかがオマケと言えど主役のルパンはぜひ欲しい

フィギュアって言ってますけど見た感じ完成度はそんなに高くない印象をもちますが、こうしたオマケは出来れば主役であるルパン三世本人をチョイスしたいものです。

世界一のバリスタのオマケ(ルパン三世)

キャンペーンが始まったのは先月の12日だそうで、本気で集めるというかルパン本人を仕留めるには気づくのが遅すぎました。まるで銭形警部の気分というかそのものです。

まあ、こうして中身が見えていればコーヒー一本だけ買いたい人はルパンが付いているものを買うのは当たり前ですね。

かろうじてルパンを一つはゲットできましたが、一本100円ちょっとの商品ですしここは次元、五ェ門、不二子、銭形といったほかの4種も欲しくなるのが人の心理です。

結局主要なメンバーを全員そろえてしまう

世界一のバリスタでフィギュア全種類

ルパンの他には次元か不二子を揃えておけば、絵的にはまとまりそうな感じはします。
実際の物語の中でも次元大介のほうが石川五ェ門よりルパンとともに行動している時間が多いような気がしますがどうだったでしょう。

今回、店頭で見かけた中でも五ェ門は不人気なのか銭形幸一と同じくらいの売れ残りようでした。
五ェ門もなかなか良いキャラクターなんですけどね。

そんなことを考えながら、最初にルパンと峰不二子を入手してから他の三人を補充するまでそれほど時間を要しませんでした。手元にはしっかり5人のフィギュアが集まっています。

コンプリートパッケージなるものがあるらしい

しかし、このフィギュア付きのキャンペーン、その人気のほどが気になり調べてみたら、ロハコのサイトで缶コーヒー10本入りのコンプリートパッケージというのが発売されていたとのこと。

しかも、当記事を書いている日の翌日4月3日18:00から発売再開となっています。

評判が良かったからまた売るぞ!ってことでしょうね。

気になる方は、ダイドーの公式サイトの企業情報→ニュースリリース(3月6日)から辿っていくと販売サイトのページらしいところにアクセスできます。

リンク:https://www.dydo.co.jp/corporate/news/

こちらの「ダイドードリンコ 香るブレンド微糖 260g ルパン三世コンプリートボックス 1箱(10缶入)」はフィギュアが5種類2セット付いてくるらしく、お値段はそれなりですがこれから全部揃えたい方などにはありがたいセット商品のようです。

ただし、こちらのコンプリートボックスは全部微糖です。これを欲しがる世代はブラック好きが多いのではと思うのは心配しすぎでしょうか。

エイプリルフールは嘘をどのように楽しむか【例えば今年会社が新採用したのは熟女だった】

今年の新年度はなんとエイプリルフールから始まります。
なーんて実は毎年なんですけどね。

日曜日のエイプリルフール

そんなお決まりネタが会社では通用しない日曜日のエイプリルフールを迎えた今日、他愛もない嘘をのんびり考えてみました。

普段は嘘などつかない真面目で堅物な人たちは、今日はエイプリルフールだから嘘をついていいぞとなっても場を和ませる気の利いたウソなど用意できないものです。けして滑らず外さない、ウケる嘘って結構難しそうですね。

実は今年度採用になった新人が熟女だった

4月と言えば多くの企業で採用になった新入社員が出社してくる時期です。

新入社員が熟女だったら

身近に熟女がいないので缶コーヒーについてきた峰不二子

4月に入社してくる新入社員は多くが新卒であることでしょう。しかし、人手不足のこのご時世、新入社員が必ずしも若者であるとは限らないとも言えるのではないでしょうか。

ずばり、新入社員が美しい熟女(美魔女とか言ったほうが良いか?)だったというネタです。

これは新年度早々、寝ぼけ眼で遅刻ギリギリで出社してきた「ゆとり社員」をターゲットとして使えるネタです。
「新入社員が入ったらしいから見てきたら熟女だったよ。」と聞かせてやれば、ゆとり社員としては何でせっかく新人を採用するのに熟女なんだよ?と朝から戸惑うことになるでしょう。

「新入社員」と「熟女」というキーワードが、日々の社会生活からは考えられない組み合わせであるためソコソコのネタとしては使えそうです。

新年度だからカツラを新しくした

続いては女性社員を相手にするとウケそうなエイプリルフールのネタということで考えてみました。

こちらも、出社後の朝の時間か休憩時間などを使うと良いでしょう。「今日から新年度だからカツラを新しくしてみたんだ。前のやつより自然な感じでしょ?」などとさりげなく話しかけてみます。

わりと演技力が試されるネタですが、上手く話に載せることに成功すれば相手の視線は自分の髪の毛に向かうことになります。
女性はわりと男性の髪の毛に興味がないもので「えっ!」っという表情をされることもあるでしょう。

ここで気を付けたいのは、決して中年の男性社員をターゲットにしないことです。もし、相手が本物のカツラを被っていたらおかしなタイミングで気まずいカミングアウトを受けることにもなりかねません。

親知らずを抜いたという嘘は意外とバレない

ここまで取り上げた2件のネタは、エイプリルフールを楽しむための話題としてどうかというものですが、誰も刺激せず驚かせたり傷つけたりもしないで自然につく嘘というのもありかと思います。

たとえば、「昨日、親知らずを抜いてきたんだ」と、さり気なく周りに吹いて回る嘘などは多少心配をかけるかもしれませんが、ほぼ迷惑にはならない嘘と言えるでしょう。

ただし、この嘘は実際に親知らずを抜いた経験が経験がなければ痛みや今の状況をを具体的に表現するのは難しいことでしょう。

この「親知らずを抜いた」という人畜無害系な嘘は意外にバレないものでもあります。
何故かといえば、他人の口の中など「どれ見せてくれ」という話にはならないものだからです。

それほど人は他人に無関心なものだとも言えますが、いくらなんでも人の口の中の、しかも奥歯を抜歯した痕など見たくもないものです。

そして悲しいことに、自分が親知らずを抜いた事実を翌日になって覚えてくれている職場の仲間が何人いることか‥。
人間関係の良さを測れる尺度になるのではとさえ思ってしまいます。

嘘をつくのではなく探してみる

さて、エイプリルフールにつく嘘についていろいろ考えてみましたが、必ず嘘をつかなければならないと考えると新年度から疲れてしまいます。

変わったエイプリルフールの楽しみ方として、身近にあるウソ探しをしてみるのはいかがでしょう。

きっと身が薄っぺらなしめ鯖

スーパーで買った炙りしめ鯖

たとえば、今日わたしがスーバーで買ってきたシメサバなんですが値段がお手ごろだったのは良いのですが、どうやら身が薄っぺらな感じがしてなりません。
パッケージを開けてみないとなんとも言えませんが恐らくこの商品はスーパーが仕掛けたエイプリルフールが演出されていることでしょう。

そして、今年のように4月1日が日曜日に当たった場合、翌日の話題として使えるのはこうしたこうした演出?への「種明かし」がキーワードとして使えそうです。