読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

2灯タイプの蛍光灯器具の安定器をHf対応にする

前回に続き今度は2灯型の蛍光灯器具へインバータ安定器を取り付けます。2灯型は少し仕組みがややこしいです。

天井から照明器具を外してきたところ

天井から外してきた蛍光灯器具です。これだと作業には二人必要ですね。

FR-42750-RS

型番はFR-42750-RSとなっています。使用ランプがFLR40S/M/36が2本でした。

FRH-2-40126RA

古い安定器はラベルが茶色くなってて読みにくいですが、FRH-2-40126Aと書いてあるようです。写真に撮ったので安心してメモしていませんでした。正確にはFRH-2-40126RAなのかも知れません。過去の購入履歴を確認すると末尾がRAとなっています。たしかAとBがあって周波数の違いかなんかだったと思うのですが自信がありません。

FMB-2-326225R

こちらが新しく取り付けるFMB-2-326225Rです。写真の物には書いてませんが箱の起債では末尾にRが書いてあります。そして、この製品は型番が頻繁に更新されているような気がします(こちらも自信ないですが)。

移設前の電源端子

新しいインバータは細長いので電源端子の移設とケーブルを外すノックアウト穴を新たに開ける必要があります。

電源移設後

こちらが端子を移設したところ

テスターで調べる

一応、現状で何処からどこへ繋がっているのか調べます。

黄色線側

分かりづらいですが、黄色線は2本切断したところを絶縁するようになります。矢印は屋内配線のVVFケーブルを通すノックアウトを開けたところ。

説明書に従い接続

電線の長さは足りなくなるので付属のIV線で延長します。配線は説明書の通りに接続。

青線赤線側は簡単

青線、赤線側は結構わかり安いです。

何度やっても複雑に感じるので図を作ってみました

私なりに解釈すると下のような図になります。

注意:実際の接続は製造者が示す取扱説明書に従い行う必要があります。

HF対応蛍光灯インバータ配線図

説明書を辿って書いてみましたが、施工の際はご自分で説明書をご確認ください。

黄色線側はソケット間のわたり線を1本切る必要があって、どちらを切れば良いのかは熟読する必要があります。なお、私からもどちらが良いとは言えません(ソケット内部で繋がってるからどちらでも良いとは思いますが)

blog.danman.jp