朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

N-ONEのオイルフィルター交換は取り付け場所が親切すぎて簡単

ホンダN-oneはオイル交換するときのドレンプラグやフィルターが車体前方右側の手が届きやすい場所にあります。オイルフィルターの交換もコツを覚えてしまえば結構簡単です。

ちなみにフィルターを交換した時に必要なエンジンオイルの量は2.6リットルだそうです。

右側フロントバンパー下を覗くと見えるフィルター

右側バンパーから見えるオイルフィルター

N-ONEのオイルフィルターはエンジンの右側前方に位置していて、オイルを抜くためのドレンプラグも近くにあります。

ちょうど右のバンパー下からのぞき込むと見えます。

エンジンオイルを抜く

オイル交換中の写真

フィルターの交換をする前にまずエンジンオイルを抜きます。
位置的に見てオイルを抜かなくても交換できそうにも見えますが、なにかと不都合が生じることも予想されるので、基本通りにオイル交換も同時に実施します。

なお、作業はジャッキアップのみではなく別に安全対策が必要です。

参照:ホンダN-one(エヌワン)オイル交換の記録

ホンダ車のオイルフィルター

ホンダ純正のフィルター

上の写真はN-ONEについていたHONDA純正のオイルフィルターです。

ホンダ用パルスターのPX-6

こちらはパルスター株式会社というところからホンダ車用として出ているPX-6という型番のフィルターです。カップレンチサイズ:65Φと書いてあります。

アストロプロダクツA-331

こちらはアストロプロダクツで販売してるホンダ車用A-331です。アストロプロダクツでは、これとは別にホンダ車用としてA-332というレアな型番がありますが、一般的に使われる写真のA-331が背が高いので、アストロプロダクツで迷ったら背の高い方を選んでおきます。

A-331の箱には純正番号:「15400-PLC-003」「15400-PLC-004」と記載があります。

純正フィルターとPX-6

純正オイルフィルターとPX-6を並べたところです。純正の方にはオイルが入っているので逆さにしていません。

オイルフィルターの取り付け方

古いフィルターを外したところ

オイルがある程度抜けたら続いて古いフィルターも取ります。

フィルターを外す際にはカップ式のものでない挟み込むタイプのフィルターレンチがあると外しやすいかと思います。カップ式だと滑ったり、古いものがカップに食い込んで取れなかったりします。

フィルターがなかなか外せないときは貫通ドライバーを刺す方法があるようですが私はやったことがありません。

オイルが滴り落ちている間、新しいフィルターのガスケット(パッキン)にエンジンオイルを塗っておきます。

ドレンボルトを締めたところ

エンジンオイルの滴下が少なくなったところでドレンプラグを元に戻し、いよいよ新しいフィルターを装着します。

トルクレンチを使う方法

PIAAフィルターレンチ

オイルフィルターの取り付けにトルクレンチを使う場合、このようなカップレンチを使います。社品はPIAAのものでPX-6で指定されている65Φのサイズです。

1から4の数字が刻印されているのはトルクレンチを使わない場合に締め付け具合の参考にするためです。

トルクレンチで締める

ここで普通のラチェットレンチを使うと締めすぎてしまうので注意。

純正フィルターの説明

取り外した純正のフィルターには締め付けトルクは10-14N-mであることが指定されていて、社外品でもおおよそこの辺の数字ではないでしょうか。

指定の締め付け角度で取り付ける方法

着座したら目印を書く

フィルターの取り付けの説明でよく目にするのが、ガスケット(オーリング)がエンジンの取付け面に着座してから3/4回転締め付けるという方法です。

写真のように着座した段階でマジックで目印を付けてから‥

目印を確認しながら3/4回転

4分の3回転締め込むと分かりやすいでしょう。

さきほどのカップレンチに刻印されていた数字はこの3/4の指標に使えます。

実際に締めてみるとこの4分の3回転は結構きつく締まる印象ですね。

N-ONEはオイルフィルターの交換が捗る車

通常、車のオイルフィルターはオイル交換回数の2回に1回の割合で実施が推奨されますが、これだけ作業性がよい車だと全く苦にならないほどです。

私も車をN-ONEにしてから、自分でオイルフィルターを交換することが多いです。

こうしたメンテナンスのしやすさというのは、車の愛着にも深く関係するようで小さな車両ではありますが、私の所有感を充分満たしてくれています。

可愛い相棒ですね。