朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

避けたほうが良い話題【各論③】

普段の会話の中でも、朝から人に話すことは遠慮しなければならないことってありますよね。

常識的に考えて朝から他人に話すことではないことが、朝礼の話題に適合しないネタとして該当することでしょう。
たとえ身近なニュースの話題でも思い出すことによって、皆が嫌な気持ちになるようなこととか悍ましい事件の話などは朝には不適な話題と思われます。

重いニュースのこと

いつの日も残念な暗いニュースってのはあるものですが、最後のまとめ部分が仕事関連する内容であっても朝礼での話題には相応しくないと思われます。

逆に、その日の朝にメディアが取り上げていた一番明るいニュースという条件で設定してみるのもありかと思います。

他人の悪口はもってのほか

ないとは思いますが気を付けたいですね。

朝から人の悪口を言いたくなってしまったら、心が病んでいるかもしれません。

この場合、職場環境の改善に努める以前に、休暇を取ることがお勧めです。心の病って自分ではなかなか気づきにくいものです。

行き過ぎな自慢話

男の場合、ついついやってしまいがちな自慢話。

朝礼の話題を考えることは、人前での話し方について客観的に見直す良い機会かもしれません。

年齢の話題

これも、ついやっちゃいがちですが、年を取ればとるほど「昔は」とか「若いころは‥」とか、つい口から出てしまします。

過去のことを話して、果たして若い社員のためになるものでしょうか、聞く側にとっては苦痛でもなくなるほどとはなるかもしれませんが、思考が全く前向きではありません。

年の話を口にしないことが、精神的な若さを保つ上では結構大事なのかもしれませんね。

固すぎる仕事の話

仕事に関連する話題や情報提供は、一見まともに思えますが朝の職場の雰囲気を和ませるためには、極めて不適切です。
但し、職場の雰囲気がもともとそうであれば、従うしかありませんが密かにジワジワと仕掛けて改善していくしかないことでしょう。

真面目な仕事の話は会議とか、QCサークルとかそんな場面で充分じゃないでしょうか。

もっとも、仕事のできる人は朝礼の場で仕事そのものの話を真面目に語らないものだと思います。

【関連INDEX】