朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

新潟のかつやだから「タレカツ丼」が置いてあるのかと思ったら全国で期間限定だったという衝撃

新潟と言えば、お米が美味しいところで勿論お酒も美味しいです。

日本海側でとれる海の幸もかなり魅力的です。他にはというと、「タレカツ丼」とか「へぎそば」「のっぺ」なんてのがあります。

このうちタレカツ丼は、揚げたカツをタレに浸して丼ぶりにのせた食べ物で新潟の飲食店でよく見かけるものです。

新潟のかつやに入ってタレカツ丼がメニューにあったら

先日、出張で新潟市へ出かけたときのことです。

たまたま出かけた新潟県で昼食をとるため「かつや」に入ったら、タレカツ丼のメニューを見つけました。さすが新潟の店舗だから地域限定でタレカツ丼があるんだね。なんて思って店員の女性に聞いてみたところ期間限定メニューだそうで全国のかつやでタレカツ丼をやっていますというのです。

出張へ同行した関連会社の人は出張慣れしていて、いちいち海のものが食べたいと思わないらしく食べることより毎晩のビールに金を使いたいタイプの方でしたので、タレカツ丼のメニューを見て一瞬喜んだところが少々複雑な気分になってしまいました。

まあ、良いでしょう新潟でタレカツ丼が食べれるのは事実です。

新潟と地元で同じタレカツ丼を食べる

移動の合間の昼食でしたので、この先もっと旨い「タレカツ丼」が食べれるような雰囲気もなく現在全国展開しているであろう期間限定タレカツ丼を食べてみることにしました。

新潟の「かつや」で食べるタレカツ丼

新潟で食べるタレカツ丼

こちらが新潟市内のとあるかつやの店舗で食べたタレカツ丼です。

普段あまり食べないものなので、一応店員の方に「カツにタレがついているんですよね?」と聞いてみたところ「カツは揚げた後にタレに漬けてあります」とのことです。

地元の人だと当然知ってることですし、場所がチェーン店なのでこんなこと聞く人も珍しかったことでしょう。

一部重なっているので分かりづらいですがカツは3枚あります。

地元で食べた同じタレカツ丼

f:id:danmanjp:20171123161812j:plain

こちらが、地元の「かつや」で注文した全く同じであろうタレカツ丼です。

ご覧の通りカツがはみ出していて大きいです。これは嬉しいですね。肉はどちらも鳥のササミを使用していて柔らかく仕上がっていておいしいです。

私の地元の厨房担当はタレを多めにし過ぎているようですが、これは地域性を考えてワザと仕組んだものとも思われます。

そして、お茶はカウンター越しにお姉さんが注いでくれましたが、もしかしたらカウンター席は地域を問わず、同じ対応なのかもしれません。

できればこんなところで食べたいタレカツ丼を食べる店

かつやのメニュー(お品書き)はチェーン店共通のものと思いますが、よく見ると下の方に国産米を使用していますと書いてあります。

そして、できればタレカツ丼は新潟産のコシヒカリのご飯で食べたいものです。となると新潟県内のそこそこ良い感じの和食がメインの飲食店で食べたいものですね。

たとえば、「新潟かつ丼政家」(政家はまつりやと読むようです)ここのかつ丼屋はウェブサイトに掲載していない郊外店(松崎店:スタバ松崎店の隣)があって、そこは店の裏に水田が広がる絶好のロケーションです。ならばコシヒカリは間違いないだろうと読むところですが、確認してないので扱っている米も隣の水田の稲もコシヒカリとは限らないですけどね(新潟市内の店なので信じてますが‥)。

ただし、ここのお店は地元の人からも人気のようですので、ここで食べておけばきっと満足はいくと思います。

新潟へ行ってきた証

さて、そんな食よりも仕事一色な新潟県ではありましたが、夜には日本酒の「越乃景虎」を飲み。帰り道には常磐自動車道の阿賀野川SAにて「雪室熟成黄金豚」なんてものを食べてきました。

新潟こしひかりデコレ

お土産には「新潟こしひかりデコレ」といったコシヒカリを使用したお菓子です。どれほどコシヒカリに飢えているのでしょう。新潟に2泊もしているので、何処かの食事ではコシヒカリは口に入っているとは思うのですが、この私、普段の食事にコシヒカリを食べないのでコシヒカリは食べればすぐに気づくはずです。今回は、その感覚がなかったので残念ですがコシヒカリを一粒も食べない新潟県でした(たぶん食べていたとしても古米)。

そして、今回なにより勉強になったのは自分が出かけた出張先のチェーン店で地域限定メニューをやっているなどということは、ほぼ期待できないであろうということでした。