今いるこの場所が頂(天辺)

ひたすら上を目指し時には挫折しながら挑戦してきた私たちの毎日。実は今いる場所こそが天辺(頂)であったりしないでしょうか?もしかしたらチャンスは目の前に転がっているのかも知れません。

今いる場所を的確に知ることができなければ、そこにあるチャンスにさえ気づくことができないのではないでしょうか。

天辺にいる自分に気づこう

石の上にも3年という言葉があります。

ところが、世の中はそんなに甘くなくて3年どころかそれ以上継続しても成果が出ない仕事は少なくありません。

逆に、仕事を器用にこなせる人の中にはあらゆるジャンルで短期間に成果を出せる人もいるのは確かです。

はたして自分は器用な人間かと考えたとき、「いやいや、自分はもっと頑張らなければ」と意気込む方が多いのではないでしょうか。

現状に甘んじることのない姿勢というのは大切です。

そして、自分の能力を的確に把握するのは意外に難しいもの。

もしかしたら、努力し続けてきた自分は既に天辺にいるのかも知れません。

今いる場所に上り坂が見あたらないのであれば、そこは広い頂だと考えられます。

もしそこが天辺であるなら、今まで通り試行錯誤するより霧が晴れるのを待てば、周りには美しい景色が広がっている可能性があります。

自分の成果を認める時期

人が趣味や仕事で設定する目標は様々で、目指す到達点にも多くの態様があり何処がゴールなのか見極め方もそれぞれです。

もし自分を充分な大人と信じることができるなら、自分なりの頂点に達しているのではと疑ってみてはどうでしょう。

今まで、ひたすら足りないと追い求めていきたノウハウや技術というものは既に身についていたりしないでしょうか。

周りがせわしく動いていて、成長段階の外形を要しているから自分も似たようなものだと過小評価したりしていないでしょうか。

自分の低く評価し、常に何かを追い求める姿勢がクセになっているなら一度冷静になって何がどれくらい足りてないのか確認してみましょう。

世間一般の物差しというのが使えるなら、自分はもう仕事や趣味で充分な成果を出せるほど成長していることもありえます。

もう既に自分は頂に立っているかもしれません。

努力だけが好きなら、また別な頂上を目指せば良いし更に望むなら別なステージに移ることを考えても良いでしょう。

自分は本当に周りと同じく何時までも迷える大人なのか少し足を休めて立ち止まってみることも大切ではないでしょうか。

今いる場所を楽しむ

このブログは長年使用していたタイトルを変更しています。

当初、日頃解決したいテーマをネタに記事を投稿していく予定でしたが、自分でコミットできない面倒な課題がテーマだと目的としていたジャンルの記事を進んで書き積み上げていくことができません。

書いてきたのは身の回りの生活感がにじみ出た出来事がほとんどでした。

そんなネタの積み重ねにより超スローテンポで成長してきたこのブログサイトも、ようやく人並み程度のアクセスをいただけるまで成長できました。

明確な目標そのものすらハッキリせず迷い進んできた中で、今となっては少しの成果はあったものと実感しているところです。

自分ではこのブログの到達しているであろう場所が天辺であると信じて、これから先は天辺での時間を楽しみむつもりで運営に取り組んでいきたいところです。

スポンサーリンク
 

登りつめたのは高い山の頂上ではないかも知れませんが、これ以上を望むより今の居場所を楽しむことのほうが大人の自分には必要だとも感じています。

「今いるこの場所がイタダキ(天辺)」

これから先は自分の居場所が定まった感覚でブログを運営し、自分の居場所(頂)から発信するつたない情報が訪れた方にほんの少しでも楽しんでイタダケルよう継続していきたいと考えています。

正規化された URL:

 

バーベキューチーズから揚げ丼【吉野家の柔らかから揚げ】

黒い看板の定番ラインナップと言ってもよいほど定着してきた「からあげ丼シリーズ」、久し振りに新商品を見かけたので食べてみることにしました。

最近じゃ吉野家もメニューの種類が豊富なので選ぶのもちょっと大変かもです。

どんぶりの表面にはケチャップ

今回の新メニューの名称は「バーベキューチーズから揚げ丼」はたしてバーベキューチーズとはどんなものなのでしょう。

トレイに載ったBBQチーズからあげ丼

揚げ物なので通常の牛丼牛などより待ち時間(レジでの注文時に8分ほどと言われました)があった後にカウンターに向かい受け取ってきたのが、画像のバーベキューチーズから揚げ丼。

マヨネーズを千切りキャベツにつける

このケチャップの中がどんなのか気になるところですが、とりあえず付属のマヨネーズを千切りキャベツの部分にかけます。

BBQチーズのトッピング

ケチャップの下のバーベキューチーズ

表面のケチャップの下を覗いてみるとチーズが見えます。これが今回の主役のバーベキューチーズ。

バーベキューと名前に入っているのでトッピングに焼肉もあるのかとも思ったのですが、値段的に考えてもさすがにそこまでではありませんでした。

ゴロゴロした大きな唐揚げ

ケチャップがかかったから揚げ

このから揚げ丼には大き目のから揚げが3つ載っていました。

から揚げの鶏肉

中の鶏肉も柔らかい仕上がりで衣はサクサク、旨味の利いた味わいです。

ちょうど昼時でお腹がすいていたのと、自分はから揚げもののメニューというのはあっというまに食べつくしてしまう癖があるようです。

食べ終わってから気づいたのですが、今回もメインのから揚げにはチーズとケチャップがついているのですが、吉野家では千切りキャベツがつく丼ぶりメニューにはマヨネーズを添えてくれる確率が高いです。

もちろん味的には両方あったほうが嬉しいですが、今回はチーズとケチャップとマヨなので豪華すぎな感じもしました。

今いるこの場所が頂(天辺)

ひたすら上を目指し時には挫折しながら挑戦してきた私たちの毎日。実は今いる場所こそが天辺(頂)であったりしないでしょうか?もしかしたらチャンスは目の前に転がっているのかも知れません。

今いる場所を的確に知ることができなければ、そこにあるチャンスにさえ気づくことができないのではないでしょうか。

天辺にいる自分に気づこう

石の上にも3年という言葉があります。

ところが、世の中はそんなに甘くなくて3年どころかそれ以上継続しても成果が出ない仕事は少なくありません。

逆に、仕事を器用にこなせる人の中にはあらゆるジャンルで短期間に成果を出せる人もいるのは確かです。

はたして自分は器用な人間かと考えたとき、「いやいや、自分はもっと頑張らなければ」と意気込む方が多いのではないでしょうか。

現状に甘んじることのない姿勢というのは大切です。

そして、自分の能力を的確に把握するのは意外に難しいもの。

もしかしたら、努力し続けてきた自分は既に天辺にいるのかも知れません。

今いる場所に上り坂が見あたらないのであれば、そこは広い頂だと考えられます。

もしそこが天辺であるなら、今まで通り試行錯誤するより霧が晴れるのを待てば、周りには美しい景色が広がっている可能性があります。

自分の成果を認める時期

人が趣味や仕事で設定する目標は様々で、目指す到達点にも多くの態様があり何処がゴールなのか見極め方もそれぞれです。

もし自分を充分な大人と信じることができるなら、自分なりの頂点に達しているのではと疑ってみてはどうでしょう。

今まで、ひたすら足りないと追い求めていきたノウハウや技術というものは既に身についていたりしないでしょうか。

周りがせわしく動いていて、成長段階の外形を要しているから自分も似たようなものだと過小評価したりしていないでしょうか。

自分の低く評価し、常に何かを追い求める姿勢がクセになっているなら一度冷静になって何がどれくらい足りてないのか確認してみましょう。

世間一般の物差しというのが使えるなら、自分はもう仕事や趣味で充分な成果を出せるほど成長していることもありえます。

もう既に自分は頂に立っているかもしれません。

努力だけが好きなら、また別な頂上を目指せば良いし更に望むなら別なステージに移ることを考えても良いでしょう。

自分は本当に周りと同じく何時までも迷える大人なのか少し足を休めて立ち止まってみることも大切ではないでしょうか。

今いる場所を楽しむ

このブログは長年使用していたタイトルを変更しています。

当初、日頃解決したいテーマをネタに記事を投稿していく予定でしたが、自分でコミットできない面倒な課題がテーマだと目的としていたジャンルの記事を進んで書き積み上げていくことができません。

書いてきたのは身の回りの生活感がにじみ出た出来事がほとんどでした。

そんなネタの積み重ねにより超スローテンポで成長してきたこのブログサイトも、ようやく人並み程度のアクセスをいただけるまで成長できました。

明確な目標そのものすらハッキリせず迷い進んできた中で、今となっては少しの成果はあったものと実感しているところです。

自分ではこのブログの到達しているであろう場所が天辺であると信じて、これから先は天辺での時間を楽しみむつもりで運営に取り組んでいきたいところです。

スポンサーリンク
 

登りつめたのは高い山の頂上ではないかも知れませんが、これ以上を望むより今の居場所を楽しむことのほうが大人の自分には必要だとも感じています。

「今いるこの場所がイタダキ(天辺)」

これから先は自分の居場所が定まった感覚でブログを運営し、自分の居場所(頂)から発信するつたない情報が訪れた方にほんの少しでも楽しんでイタダケルよう継続していきたいと考えています。

正規化された URL:

 

エアバルブの交換方法(専用工具なし)

車のタイヤを新しい物へ組み替えたとき一緒に交換しておきたいエアバルブです。

エアバルブのホイールにくい込んでいる部分はゴム製なので、古いのを抜いて新しいバルブを入れるだけなのですが、これが初めての作業だと結構うまく行かないものです。

タイヤを新しくしたらエアバルブも交換

一般的に車のタイヤを新品に交換する際には、ホイールに付いているエアーバルブも新品にすることを勧められます。

タイヤの交換時期、イコール:エアバルブの交換時期ということになり、タイヤだけ新しくしても後にエアバルブの劣化で空気漏れが生じたりすれば、またタイヤの脱着が必要になるので無駄な手間を省くという意味で同時に交換しましょうということです。

また、バイクなど走行距離が少ない車両の場合、タイヤの磨耗よりも先にエアバルブが寿命を迎えることがあります。

そんなときには、タイヤ交換より先にエアバルブだけ交換してしまうというのもありでしょう。

ただし、エアバルブが前回のタイヤ交換時に装着した物ならタイヤのゴム質も硬化していることが予想されるためタイヤも一緒に交換してしまったほうが理想ではあります。

専用工具を使わない取り付け方法

ホイールにバルブを装着するには、作業を容易にするため「バルブインサート」という工具が存在します。

作業のための専用工具が存在するということは、エアバルブの挿入は素人が容易にできるほど簡単ではないということが想像できます。

ただ、DIYの一瞬の場面のために専用工具を購入するのは勿体ないというのが正直なところ。

今回は、専用工具を使わずバルブに適合するナットを仮組みしてプライヤーで引き抜く手法をとります。

エアバルブにナットを仮組み

ナットを取り付けたイメージ

今回用意したナットはスポークホイールのバイクに使用したタイヤチューブから取り外したものです。

ちょうど所有しているバイクのタイヤをチューブごと交換したときに取り外したバルブ固定用のナットが車のホイール用に使うエアバルブのネジ山にぴったりでした。

エアバルブの交換作業

エアバルブの交換は、単純に古い物を外して新しい物を取り付けるだけです。

ただし、ゴム部分はエア漏れがないサイズに作られているので素手では挿入しづらくなっています。

古いエアーバルブの取り外し

古いバルブを切り取る

まずは、古いバルブのゴム部分をナイフで切り込んで外してしまいます。このときホイールに傷が付かないよう刃先がホイールに当たらないよう注意します。

ホイールの外側からのほうが劣化が進行していて分断させやすい感じもしますがリム外側の接地面は窪みがあったりで逆に難しいかもしれません。

切り取ったバルブと新品エアバルブ

左側が新品のエアバルブで右が取り外した古いエアバルブ。

新品のバルブはホイールに入れやすいようビードワックスを塗布しました。

新しいエアーバルブの取り付け

続いて、新しいエアバルブの取付け作業になります。

ホイールにエアバルブを差し込む

まずホイールのバルブ取付け穴の内側からエアバルブ(キャップは外しておく)の頭を挿入しバルブのねじ山を表に出します。

ナットの取り付け

表に出たバルブの金属部分に、用意しておいた専用のナットをねじ込みバルブのねじ山が数山でるように仮組します。

引き出したバルブ

バルブの先に取り付けたこのナットにプライヤーを引っかけ表に引き抜き、ホイールの内側にバルブの接地面が隙間なく付けば取り付け完了です。

ゴム部分がホイールに密着

ホイールに密着したバルブ

バルブ取り付け完了

バルブに傷やぐらつきがなく、上手く設置できていれば仮組していたナットは取り外して作業は完了です。

タイヤの組み込みの時にゴミなどが入らないよう取り付けたエアバルブにキャップをつけておくことにします。

無事に新しいタイヤへ交換が済めば、スタンドに持ち込んでタイヤにエアーを入れビードを上げ、必要によりホイールバランスを取るなどし新しいバルブでタイヤが使えることになります。