朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

床屋で処理してもらう「もみあげ」の長さに納得できない

男性が理髪店で髪の毛を切ってもらう際に、「もみあげはどうしますか?」などと聞かれることがあると思います。

このとき、自分の理想とする「もみあげ」の形を事細かに伝える人ってどれだけいるのでしょう。

詳細に要求する必要がなさそうな「もみあげ」の長さですが、その仕上がりの納得度というのも、また微妙なものなのではないでしょうか。

もみあげには丁度良い長さが要求される

もみあげの長さの善し悪しは、本人が気に入った長さで良いことでしょう。

少し考えれば分かることですが、その本人が気に入った長さというのは、髪の毛全体の長さに比例したりするものではなく、髪型だったり顔の形から判断して有る程度固定されたサイズであることは間違い合りません。

そもそも床屋で短くする必要はない

最低限の身だしなみを整える意識がある方なら、伸びすぎてしまったもみあげは自分でカットしてしまうことでしょう。

そのことを考えると、もみあげは髪全体と同様の扱いをする必要はない部分で、床屋へ行く数週間前の状態へ繰り上げる必要はないところです。

長さは自分で調整可能

もみあげの長さは鏡で見れば自分で整えることが可能です。

毎朝髭を剃る習慣がある男性なら、そのときにもみあげも手入れすることはあることでしょう。

こうして自ら手入れしてあるもみあげを、その日の内にさらに床屋で切られる必要はまったくありません。

顔を洗わず、髭も剃らずに床屋に出かけたとかなら分かりますが、そちらほうが少数はではないでしょうか。

床屋さんの重罪

整った頭髪とともに、もみあげに要求されるのは世代に見合った整え方と若干の流行りがあると思われます。

ところが、髪切りのプロである床屋がこのことになんと疎いことでしょう。

歳を重ねた大人でも極端に時代遅れの処理をされたら、街を歩くのも恥ずかしい気分になります。

床屋がもっとも気をつけなければならないのは、本人の希望よりも短くしすぎてはならないということです。

髪は切って格好良くなったのに「もみあげ」だけは丁度良い長さに伸びるまで数日待たされるとかもってのほかです。

切るのは自分でも出来ますが、直ぐにのばすことはできません。

これは、床屋が絶対にしてはならないことですが平気でやらかす床屋がなんと多いことでしょう。
プロとしてこれに気づかないのは重罪と言っても過言ではありません。

「もみあげはどうしますか」にどう答える?

さて、切りすぎたもみあげについて散々床屋さんのせいにしてきましたが、これを回避する手段を考えてみます。

床屋さんがいう「もみあげはどうしますか?」の問いかけに対して最も優れた回答はと言えば「自分で整えるのでそのままにしてください」が一番かも知れません。

ただこの場合、もみあげは全く手入れされない雑な状態になるので、その日はまっすぐ帰宅する必要がありそうです。

ならば一番の理想は「長めにしてください」あるいは「普通より長くしてください」が良いでしょう。

これで、どうしても長いと思うならそのときは少しだけ手直ししてくれと伝えれば良いです。

まあ、現実的にそこまで細かい注文を出せる方は理髪店そのものを吟味して選んでいるでしょうから、こと「もみあげ」の処理に細かい注文は要らないかもしれませんが…。

以上、床屋さんでのもみあげ処理が納得できないことについて書きましたが、そう気にはならない部分でも放置すれば定期的に繰り返される長期的な問題になることは間違いありません。

たまには、床屋さんとのコミュニケーションに一工夫してみるのも良いかも知れません。

アイドリングストップ車のバッテリー交換【N-ONE:M-42R】

愛車のN-ONEも昨年末に納車5年目での車検も無事に済みホッとしていたところでしたが、ここ最近になって信号待ちの時アイドリングストップが全く機能しなくなってしまいました。

バッテリーがそろそろ寿命なのは気づいていましたが、N-ONEを含めアイドリングストップ車のバッテリーは交換作業後に車体内部データのデータリセット操作が必要なようで自分でできるのか少し心配です。

バッテリー寿命の症状

先月までは、信号待ちなどのときにアイドリングストップする回数が少なくなってきたとは思っていました。

それと車検時に、予想通り「まだ走れますがそろそろですね」みたいなことも言われていたところです。

バッテリーが寿命になる走行距離

約40,000kmでアイドリングストップしなくなる

それが今月に入り、休みの日に少々多めに走ったところでアイドリングストップを一切しなくなってしまいました。車内の温度も安定しエアコンの風量が少なくなってきてもエンジンが停止する気配が見られません。

ちょうど走行距離は4万kmに達し、納車からの年数を考えても搭載していた純正バッテリーは長持ちしたほうだと言えるでしょう。

ここは素直に交換することにします。

非純正のM-42Rバッテリーを購入

車検のときにディーラーで聞いたところ純正バッテリーの値段は14,000とか言っていたと記憶しています。

納車時のバッテリーはM-42R

純正YUASA製バッテリーの型番をチェック

さすがにアイドリングストップ車専用は値段が高いです。

自分で交換すれば安く済むだろうと、カー用品店2カ所へバッテリーを見に行ったところN-ONEに使用できるアイドリングストップ車用「M-42R」は、やはり14,000前後の価格設定です。

宅配便で届いたバッテリーM-42R

宅配便で届いたバッテリーの梱包

維持費が安く済む軽自動車ですから、バッテリーくらい車屋に頼んでも良さそうですが、初回の車検と同じで一度は自分でやってみようと考えネットでバッテリーを購入しました。

届いたのはスーパーナットというブランドのM-42Rです。

正面から見たSUPERNATTO

購入した非純正M-42Rバッテリー

取っ手をあげた状態のM-42Rバッテリー

取っ手付き

純正のM-42Rと違いケースでは液面のチェックができませんが、上面の中央にインジケーター(チェック窓)が付いていました。

「SUPER_NATTO」とか聞いたことがない名前ですが、その辺は気にせずに使ってみることにします。

N-ONEのバッテリー交換作業

車のバッテリー交換はそう難しいものではありませんが何年かに一度しかしない作業なので慎重に行うことにしました。

マイナス側端子を外す

バッテリー端子はマイナスから外せば問題なさそうですが、慣れない作業ですので使用した10mmめがねレンチの12mm側にビニル絶縁テープを巻きました。
なお、プラス側は使用する工具が他の部分に触れないような回転方向になっています。

新品と入れ替え

新旧のアイドリングストップ用バッテリー

左がN-ONEの純正M-42R

取り外したGSユアサ製M-42R(左)と社外品M-42Rバッテリー(右)です。

5年使用した左側のバッテリーは一番左の液面が少し低下していましたが使用できない範囲ではありません。

交換作業が完了

取り付けが済んだ新品のバッテリー

緑色のインジケータ

チェック用インジケーター

取り外しと同様に取り付けも簡単で、元通りに組んでいくだけで終了。

新品の状態ではインジケータは緑色になっています。

バッテリー交換後の操作

バッテリーを交換後の純正カーナビ

カーナビはセキュリティーキーの入力が必要

交換後は、普通にバッテリーを外したときと同じ状態になり燃費表示がリセットされるのと純正ナビはセキュリティーキーの入力が必要な状態になります。

そして、バッテリーの劣化状態を記録した車載データをリセットする操作が必要です。

ネットでの情報によれば、ブレーキを踏まない状態でSTARTボタンを一度押しACCにしたあともう一度START押しスイッチを入れエンジンルームで動作音が確認できたらそのままもう一度ボタンを押してスイッチを切ります。

この動作を全くブレーキを踏まずに、急がず4回繰り返しました。

その都度、動作状況を確認する程度にゆっくり行い、次もブレーキを踏まずにACCの状態にした後に初めてブレーキを踏んでセルモータを回します。

アイドリングストップが復活

アイドリングストップ時のマーク

久しぶりにエンジンが自動停止した状態を確認

私の場合、上のSTARTボタン操作の5回目でエンジンスタートをさせてから試運転へ出かけたところで約10分後3~4km程度走行したところの信号待ちでアイドリングストップが機能しました。

このブレーキを踏まずにスタートボタンでの操作を4回繰り返す方法はどうやら正解のようでした。

その後は、気持ちの良いようにというか回数が増えて煩わしいほどにアイドリングストップが調子よくできています。

このネットで購入したM-42Rバッテリーは純正のGSユアサとどの程度の性能差があるのかわかりませんが、あと2年くらい頑張ってくれればと期待しています。

Nシリーズ軽自動車スマートキーの電池交換【HONDA:N-ONE】

N-ONEのスマートキーが電池切れの症状があるようで運転席のパネルに警告表示が出るようになりました。この手のリモコンキーは電池交換が簡単ですので自分で交換することにします。

ホンダのNシリーズ軽自動車のスマートキーはどれも小さく細長い形状でが、軽自動車なので別にスマートキーじゃなくても良かったのではと思ってしまいますが今では当たり前になりつつあるようです。

これだと合い鍵が気軽に作れないんですよね。

スマートキーのバッテリー切れ表示

N-ONEのスマートキーは電池残量が少なくなってくると、ドアロック解除ボタンを操作したときに小さなLEDランプが点灯するようになります。

スマートキーのLED

矢印のところに小さなLEDが入っている

画像のロックボタンの上の位置に小さなLEDが入っています。

運転席から確認できる表示

電池残量が少なくなってくるとリモコン本体でのランプ点灯の他に、運転席のパネルにもKEYの電池切れ表示が点滅するようになります。

リモコンのLEDは一時的なものですが、乗る度に運転席に表示が出るようになるとさすがに気になるので交換することにします。

N-ONEのスマートキーを開ける

先月、車検の時に借りたNワゴンが同じ形のスマートキーでしたので、N-ONE、N-BOX、N-WGNは同じタイプのスマートキーが使用されているようです。

N-ONEスマートキーの先端

本体の先端部分に10円玉などを当てて少しねじるとケースが空きます。

スマートキーの基盤

矢印のところにオプション用の接点がある

余談ですが、Nシリーズのスマートキーには基盤上に2つドアロックの操作ボタンに使う接点の他にオプション用の接点が存在します。

この接点はN-BOXのスライドドアの開閉ボタン用に割り当ててある場所のようですが、N-ONEでも何かの操作に割り当ててあるのかは不明です。

取り外したスマートキーの基盤

この基盤をケースから取り外して裏返しにするとボタン電池が見えます。

このボタン電池を新品の物へ交換します。

ボタン電池の型番はCR1632

N-ONEのスマートキーに使用されているボタン電池はCR1632という型番のものでホームセンターでも入手できるボタン電池です。

ボタン電池のパッケージ

型番はCR1632

取り出した古い電池を見ると、前回も同じPanasonicの物で交換てました。

電池の寿命はどのくらい?

今回のスマートキー電池交換は納車から5年目の車検を受けたあとで2回目の入れ替えでした。

単純に2年半持ったと考えられます。

N-ONEの走行距離が4万km弱なので、平均で2万キロごとに交換したことになりますが、スマートキーの性質上走行距離ではなく車の利用回数に影響しそうです。

この調子で行けば次も車検の前後にボタン電池を用意しておけば良さそうで、自分としてはN-ONEは乗れば乗るほど愛着のわく楽しい車ですので次の電池交換も十分ありそうです。