朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

ライザップ牛サラダは「ごはん無し」メニュー

ここのところ話題のライザップ牛サラダを吉野家で食べてみました。

ダイエット中の方や、牛丼屋で食事はしたいけど丼物のごはんはボリュームがありすぎて自分にはちょっとという人に向けた新メニューのようです。

吉野家のライザップ牛サラダ

吉野家が提供している「ライザップ牛サラダ」はわかりやすく言うとチキンサラダに牛肉を添えたメニューです。

ライザップ牛サラダのどんぶり

中身はご飯ではなく千切りキャベツ。糖質を抑えたいと考えている方にはありがたいメニューです。

ドレッシングをかける様子

ものがサラダですので食べる前に付属のドレッシングをかけます。

サラダのトッピング

ライザップ牛サラダは表面に載っている豆やブロッコリーなどで彩りが鮮やかに見えます。

ドレッシングがかかった牛サラダ

他には、お決まりの牛肉と鶏もも肉、玉ねぎ、キャベツ、半熟タマゴ。

鶏もも肉

サラダの鶏もも肉

牛肉と並んでトッピングに使用されている鶏もも肉は、ヘルシーに茹であがっていて脂っこさがありません。

あっさりした食感の鶏肉は牛丼屋に通い慣れた人には物足りなさを感じる印象です。

豆類

トッピングの豆類

豆に詳しくないので何の豆か分かりませんが、大きめの豆(エンドウ、インゲンあたり?)が使われていて味はあまり感じません。

豆類は植物性タンパク質とビタミンを採るのが目的ですね。

豚汁も一緒に頼んでみる

ライザップ牛サラダと豚汁

今回ライザップ牛サラダを注文した目的は、中身がどんなものか興味があっただけで自分が低糖質に拘りたかったわけではありません。

となると、最初からごはんが入っていない昼食は午後の時間に影響がありそうですので一緒に豚汁を注文してみました。

吉野家の豚汁

豚汁の具は、豚肉、大根、人参、里芋などです。

大根や人参はやや大きめにカットされたものが入っていました。

こちらも炭水化物の大物が入っていないので組み合わせ的には良好だったでしょう。

白米抜きの低糖質

このサラダメニューにはご飯が入っていなくてトッピングの下はキャベツの千切りです。

キャベツの千切り

徹底された低糖質

ライザップ牛サラダは、牛丼屋の吉野家が出したから斬新に感じられるようですが、高タンパクな上に低糖質なメニューは他の大手の飲食店でもあまりないでしょう。

ステーキ屋でライス抜きにしてもらってサラダを一緒に頼むという組み合わせも良いですが、ライザップ牛サラダのほうが余分な脂質が抑えられ植物性タンパク質をはじめとした他の栄養素も豊富な感じです。

ライザップ牛サラダは店内での注文時に「ごはんが入っていませんがよろしいですか?」といったようなことを確認されました。

通常の牛丼屋メニューと同じつもりで頼むとだいぶ腹持ちは悪いことでしょう。

一方、普段から糖質制限を意識している人、ダイエット中の方などは白米による糖質摂取を抑えたいと考えている場合が多いことでしょう。そうした方には非常にありがたいメニューです。

梅雨明け当日の予報は控えめなのか

間違いないことでしょう。天気予報で梅雨が明けると予想される当日に晴れの予報を出しておいて、それが外れてしまったら苦情がくるのが目に見えています。

本日、梅雨が明ける確率何パーセントとかそうした予報は出せないものでしょうか。

梅雨明け見込みの数日前がポイント

だいたいは朝のテレビ番組などが報じてくれることですが、情報を得る側の意に反して早めに梅雨明けしてしまうというのは良くあることです。

梅雨が明けたであろう青空

勝手な予想ですが、まさに今日がその日ではないか窺わせるのが今朝のテレビ番組の内容。

週間予報で晴れ間がでるのは数日先で今日の予報ではまだ晴れ間はそう見られないといった予報ですが、人生長くやっているとこうした注目すべき天気予報こそ鵜呑みにしてはいけません。

注目される日は悪い予報

自分の予想では梅雨が明けるであろうと思っても、それをメディアでは絶対に公表しないのが気象予報士です。

梅雨開けを予感する空

晴れ間がでるとか良い予報を出しておいて、実際には雨だったらあまり良い思いはされません。

逆に印象の良くない雨予報を出しておいて実際には晴れだったらあまり文句は言われないことでしょう。

こういうのを梅雨開けの予報まで当てはめて予想より悪い予報しまうのはやはり仕方がないことなのでしょうか。

予報が外れて晴れると大変なことも

梅雨明けの青空

まあ商売が商売だけにお天気屋さんということなのでしょうか、視聴者の機嫌をを伺うより予報の伝え方の方に専念して欲しいものです。

これだけあからさま過ぎるのは予報が外れたときに寄せられる苦情が私たちの想像を超えるものなのかもしれません。

しかし、そうは言っても雨(晴れない)予報を信用して仕事の段取りを組んでおいて、当日に快晴だと予定がく狂ってしまう業種も少なくありません。

とくにサービス業など、晴れの日のなら人の手配が必要だったなどという場合は職場が混乱してしまいます。

そうしたことを考えると、予報を出す際に気象予報士がどの程度体裁を考えているかや、実際の本音を知る術をある程度さらしていただかないと注目の梅雨明け予報は全く当てにならないことになるでしょう。

最近では、視聴者のこうした事情も汲み取って予報を解説してくれている番組も多いようですが、自分的にはまだまだ足りないかなといった感想です。

記事を書き込みながら窓外の夏の日差しを眺めているとそうした気持ちがこみ上げてきます。

天津あんかけ牛丼はタマゴがふわふわ【吉野家:店舗・期間限定】

相変わらず期間限定という単語には飛付きが早いです。今回の期間限定メニューは吉野家の「天津あんかけ牛丼」。

どんぶりの中に牛丼と天津丼が仲良く半分ずつ盛られています。

半分天津丼な牛丼

今回、吉野家でいただいてきたのは「天津あんかけ牛丼」。店内にも大きなポスターで掲げられた店舗・期間限定のメニューです。

紅生姜のせ天津あんかけ牛丼

例によって紅生姜をしっかり飾り付けました。

天津あんかけ牛丼は店頭で次のように案内されています。

ふわふら玉子に
ごま油香る
とろーりあん

この天津あんかけ牛丼、通常(黒看板ではない)の店舗に出される丼ものメニューでは珍しく白い器に盛られて提供されています。

片方はふわふわ玉子

天津あんかけの具

トッピングがきれいに盛り分けられた片側には主役の「ふわふわ玉子」。

そして、ごま油がタマゴの旨みを上手に引き出してくれていて、この辺は普通の牛丼とはひと味違うものになっていました。。

もう半分は牛丼

もう片方の牛肉部分

どんぶりのもう半分には普通の牛丼の具が乗せられていて、これもゴマ風味にとてもマッチしています。

天津あんかけ牛丼は全体的に牛丼やあんかけのタレがしみこんでいるので箸よりもスプーンを使ったほうが食べやすいです。

この辺も最近ではカウンターの席でもスプーンが常備されている店がほとんどなので事欠きません。

期間限定ネタは店舗間でシャッフル?

牛丼店の期間限定メニューは以前から何度か取り上げていますが、吉野家の店舗・期間限定メニューは各店舗ごとに異なるメニューを出している様子です。

天津あんかけ牛丼

たとえば、今回の「天津あんかけ牛丼」はこちらの地域の店舗での提供期間が過ぎれば、また別の地域の店舗で提供され、次は他の地域で提供されていた限定メニューが地元の吉野家で提供されるといったサービスなのかと思います。

当サイトでも牛丼屋メニューの古い記事にときどきアクセスが集中するのはそのためなのでしょう。

いずれにしろ、牛丼屋の顧客を飽きさせないための工夫が感じ取れるのと、しばらく時間が経てばまた風変わりな限定メニューを味わえるといったシステムはありがたいものです。