朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

宅配便ロッカーPUDOステーションを利用

最近は宅配便の受け取り方法も多種多様で、自宅での受け取りのほかコンビニでの受け取りや、自宅へ専用の箱を設置する方もいらっしゃるようです。

なかでも大手の業者が実施するサービスで、自宅以外の場所に設置された宅配便ロッカーで受け取るPUDOステーションと呼ばれるシステムが気になり利用してみることにしました。

こんなときはPUDOステーション

私も、日中の時間はほとんど仕事に出てしまっているので、そこへ宅配便の配達員の方がこられても不在連絡票がポストに入れられるのみでスムーズに受け取れることが少ない環境です。

そんなとき、再配達を依頼するのがほとんどですがコンビニでの受け取りや営業所へ直接出向いて荷物を受け取るといった方法も可能です。

ただ、再配達もコンビニ受け取りも宅配業者に連絡またスマホなどで所定の手続きや操作をしたあと相手に荷物を取り置きさせておく、あるいは再度自宅へ出向かせるといった負担のようなものを与えることになります。

それもサービスのうちだからと言えばそうですが、再配達を頼めば指定した時間に必ず自宅にいる必要がありますし、コンビニも便利ですが多くの人が来店する中、ネットで買い物をした荷物を受け取るだけに出向くのも気が引ける思いがします。

営業所での受け取りが一番気楽ですが、それ以上に気軽な受け取り方というのがPUDOステーションということでしょう。

コインロッカーのような設備に荷物を入れておいてもらえば自分はいつでもいても良いので誰にも気を使う必要がありません。

実際に使用してみる

不在の時の荷物の受け取りについて考えれば考えるほど、これほどらくな受け取り方法がないPUDOステーション。自分の好きな時間に取りに行けて他人と余計なやりとりが不要というのが魅力です。

PUDOステーションの利用方法

そんな便利な設備を試しに利用(ヤマト便の配達で利用)してみることにしました。

受け取りにPUDOステーションを設定

初の宅配便ロッカー体験は、フリマアプリで購入した腕時計を受け取ってみることにしました。

フリマアプリで購入後、取引相手から発送の連絡があったら送り状番号をクロネコメンバーズ(別途会員登録が必要)My荷物問い合わせに登録し、そこから受け取り日時・場所の変更で宅配便ロッカー「PUDOステーション」を指定します。

なお、このとき気づいたのですが宅配便ロッカーでの受け取りは通常の再配達や営業所での受け取りより一日遅れるようです。すべて一日遅れるのかロッカーに余裕があれば同日に受け取れるのか詳しいシステムは不明。

納品完了のお知らせ

その後、輸送が進み配達員が自宅を訪れることはないままPUDOステーションへ荷物が入れられたあと手元に「納品完了のお知らせ」というメールが届きます。

このとき、受け取りに必要な「認証番号」がメールに記載されています。

荷物の受け取り(利用方法)

納品完了の知らせを受けた後は指定したPUDOステーションの設置場所へ出かけいよよ受け取りです。

PUDOステーションの待ち受け画面

なお、宅配便ロッカーの前にたつ前に直ぐに認証番号を確認できるようスマホを手に持っておいた方が良いでしょう。

PUDOステーションの前ついたら、中央付近にある操作画面のパネルにタッチします。

認証コード入力画面

画面に認証コードを入力するよう上のような案内が表示されるので「認証番号」を入力し、「続ける」をタッチし、次の画面を指でなぞりサインをします。

ロッカーの扉が開く

そのあとすぐ扉のロックが外れるので中の荷物を取り出します。

荷物取り出し後に扉を閉めるよう案内が表示されるので扉を手で閉じます。

扉を閉じたPUDOステーション

受け取りが済んだ後、宅配便ロッカーについて簡単なアンケートを問われるので回答を選択して済ませ完了です。

受け取りが1日遅れる

先に書いたとおり、受け取りに宅配便ロッカーを選択すると通常の配達日より一日遅れます。

このタイムラグが毎回なのか、このときだけなのか他の営業所でもそうなのかは分かりませんが、このあともう一度PUDOステーションを選択したときもやはり自宅での受け取りより一日先延ばしになってしまいました。

一日だけですので極端なおくれではありませんが、発送した相手側の都合に影響がなければ利用しても問題ないでしょう。

たとえば、ネットオークションやフリマアプリなどで受け取り相手にも迅速な対応を要求される方の場合は避けたほうが良いかもしれません。

今回体験してみた宅配便ロッカーPUDOステーションですが、総合的にみて今後も使用してみたいシステムです。

今後、他の宅配業者でも同様のシステムを採用してくれると便利だと思いますが、その前に自宅に大きな荷物受けを設置するほうが先になるかもと想像したりもします。

トレーニングで汗をかいたらadidasの香水

adidasと言えばスポーツ用品のメーカーで名が通っておりますが、国外では幅広い分野で製品が出回っている模様です。

そんななかアディダスから香水が販売されているようなので、その香りはどんなものなのか試してみることにしました。

スポーツ系ブランドの香水はどんなもの?

今回用意したadidasの香水は「ICE Dive」と「DYNAMIC Pulse」の二つです。

黒い箱と一緒に並べたadidasの香水

当初、当たり前に思っていたのですが黒いパッケージの印象通りどちらも男性向けの香りです。

キャップが付いたICE_Dive

なお、スプレー部分のキャップは全くファッション性がない多方面で使用される形をした黒の樹脂製です。この辺はスポーツブランドであることを逆に主張しているかのように感じます。

アイスダイブ(ICE_Dive)

ICE_Diveの瓶

付けたらヒンヤリしそうなネーミングですが、その効果はあまりなさそうです。

シュッと吹き付けると、男性向けの製品によくある苦みを感じるような香りがします。

ビールに苦みなどは、美味しいといって好んでの飲む人がいますがこの手の香水も同じなのでしょうか。不味くなければ少々苦みを入れても万人受けするという考えにはやや疑問を持ってしまいます。

苦い物は苦くて特に美味しい訳ではありません。慣れてしまっているだけです。
実はこれ、分かっていないと子供や若者に嫌われる要素になります。

ICE_Diveは付けてから時間が経つと、この苦みのような癖のある香りは和らぎ、わずかにフルーティーな香りが維持し続けます。

甘さはないけど、大人の味付けがされた香りといったところでしょう。

ダイナミックパルス(DYNAMIC_Pulse)

DYNAMIC_Pulseの瓶

この手の香水というのは身近に似たような臭いを発する物が少ないので例えが難しいですが、吹き付けた瞬間にわずかにハッカの香りがするような感じがします。

過去に記憶にある男性化粧品の臭いだとMG5が近いかなとも思いましたが、時間が経ってからの臭いは違いました。

どちらもスポーツ後を意識した香水

ICE_DiveとDYNAMIC_Pulse

このadidasの香水はどちらも内容量が100mlでスペイン製です。

adidasはスポーツ用品のブランドイメージが強いので、トレーニングで汗をかいた後を意識した味付けなのかもしれません。

そう考えると、たしかに運動後の汗塗れの体に甘ったるい臭いを付けるよりは、この手のドライな香りが好まれるのでしょう。

私も日頃から運動で汗をかくことを意識して生活しているので、トレーニングで汗を流したあとに使ってみることにします。

いきなりステーキで付け合わせの変更を頼んでみた

ノーマルな状態ではコーンが添えられて提供される「いきなりステーキ」のメニュー。

ワイルドステーキやワイルドハンバーグなどは特に申し出がない限り肉の横にはコーンですが、実はこれ、変更が可能とのことですので他の野菜を試してみました。

変更できる付け合わせの種類

ステーキに添えられる付け合わせは、コーンからどんなものへ変更可能かについては店内の壁に画像付きの案内が提示されています。

頼める野菜は次の通り。

  • ブロッコリー
  • オニオン(玉ねぎ)
  • インゲン
  • じゃがいも

もしかしたら、添え物変更システムは来店時期や利用店舗によって選択できる野菜の種類が異なるのかもしれません。

実際に頼んでみた添え物

コーンが添えられたステーキ

ノーマルスタイルでコーンが添えられたステーキ

そんなわけで、ブロッコリー、タマネギ、インゲン、ジャガイモがどんなものか試しに頼んでみることにしました。

ブロッコリー

ワイルドハンバーグとブロッコリー

最初に試してみたのは、以前に記事にしたワイルドハンバーグです。

大人にとって健康には一番良さそうな野菜ですね。

オニオン(タマネギ)

ワイルドハンバーグにオニオン

同じくワイルドハンバーグに今度はオニオンの組み合わせです。

いきなりステーキの玉ねぎ

たぶん、これはリブロースステーキをオーダーしたときに鉄板に敷かれてくる玉ねぎと同じ物でしょう。

インゲン

ワイルドステーキにインゲン

450gワイルドステーキにインゲン

いかにも野菜が添えられているという印象を受けるのがインゲンでしょう。

色合いが整っていて肉に合います。

じゃがいも

ワイルドステーキにジャガイモ

想像はしていましたが、それ以上に小さいサイズのジャガイモが二つ添えられてきました。

注文した450グラムのワイルドステーキには湯気がたってますが、これが冷めてしまってから写真を撮ると、鉄板の余熱が冷めてしまい450グラムを焼けません。

フォークに刺したじゃがいも

ジャガイモをナイフで切ってみるとこのように中身はこのようにホクホクといった感じです。

お勧めはインゲン

ワイルドステーキにインゲン

余熱で焼き上げた450gのワイルドステーキと添え物インゲン

こうしてコーンの他に4種類を試してみましたが、自分のお気に入りはインゲンです。

ブロッコリーの野菜としては悪くありませんが、好みが激しく分かれる食材ですね。

また、玉ねぎ、ジャガイモは根菜なので色的に華やかさに欠けるようですので、この二つは気分によりってところでしょう。

以上、今回は「いきなりステーキ」での付け合わせの変更を体験してみました。

テーブルについてメニューを注文するときに「付け合わせの変更はありますか?」と聞かれると、ついつい「大丈夫です」とか「変更なしで…」とか言ってしまいます。

特に昼時で店内が混雑しているときなどは、急に添え物の変更ができると聞かされても、まず変更できる候補の野菜が何なのかも知らずに咄嗟に答えるのは難しいことでしょう。

そんなときは、無難な「インゲン」「ブロッコリー」あたりをチョイスするのも手です。

このように勝手が分かっていれば、オーダー時の付け合わせ変更は用意です。コーンに飽きたときなどは気分で試してみるのも良いでしょう。