朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

ところでワイルドハンバーグはどうなのか【いきなりステーキのメニュー】

気軽にステーキを食べれる店として人気の「いきなりステーキ」ですが、メニューの中にあるワイルドハンバーグにはあまり興味が向かないものです。

ステーキ目当てで行った店でハンバーグというのも物足りない気がするのも当然かもしれませんが、このワイルドハンバーグはいったいどんな味なのでしょう。

お店に慣れたらハンバーグ

何度か足を運ぶうちに、すっかり気に入ってしまった「いきなりステーキ」ですが、メニューの右下にあるワイルドハンバーグは毎回目にはとまります。

目的は分厚いステーキですが、このハンバーグのメニュー写真は見た目も普通のハンバーグに比べワイルドさが伝わってくるのはわかります。

ワイルドステーキは300gと450gを制覇し、リブロースステーキも体験済みでサーロインはどんなものか想像はつくところですので、このステーキ屋のハンバーグがどんなものか注文してみることにしました。

ワイルドハンバーグのランチに付くサラダ

サラダはいつも通り先に届きます

価格もステーキよりは安価ですし、少しでも気になるなら味わっておきたいものです。

名前がワイルドだけに大きい

300gのハンバーグと言えば、大きさ的には結構なものになるとは想像できます。そして、筋っぽい部分はないためステーキよりは食べやすいことでしょう。

焼き上がってきたワイルドハンバーグ

席に運ばれてきたワイルドハンバーグは専用のソースが容器ごと鉄板に添えられていることを除いてはワイルドステーキと同じです。

鉄板の予熱で焼く

この大きなハンバーグ、気になることにステーキと同じように中に赤みが残るうちに提供されます。

肉を横に向けたところ

ハンバーグを横に転がすとまだ赤い部分が見える

これはあらかじめ覚悟しておかないと鉄板が熱いうちに中まで焼ききれない事態になるのではと心配になります。

ハンバーグのレアってあまり聞かないですし、これはステーキとは違いしっかり焼けていたほうが美味しいでしょう。

細かく切って焼き上げた状態

そして、最終的にはこのように細かく焼き上げました。余熱で転がしているうちにソースをかけたらジューッと音を立てて湯気が上がりました。

ハンバーグに付属のソース

ステーキだと、少々赤みが残ったところで気になりませんが、ハンバーグを食べごろな状態に仕上げるのは結構手間でした。特にハンバーグの中央部分で鉄板にこびり付いてなかなか剥がれないところがありました。
それを考えると子供には向かないそうというか親が世話をしてやる必要がありそうです。

ワイルドハンバーグの満足感

ステーキと同じ要領でテーブルに届いてからひと手間加えたワイルドハンバーグですが、一口食べてみるとなかなかのジューシーさです。

フォークに刺したハンバーグ

鉄板の余熱で仕上がったハンバーグ

ステーキ屋でハンバーグなんてつまらないんじゃないかと心配していたところでしたが、ワイルドハンバーグは予想に反して味も良く大人の腹を満たしてくれるメニューですね。

ハンバーグにニンニク

テーブルにあるおろしニンニクもつけてみました

今回は、ご飯なしでの注文でしたがソースが濃いめの味でしたのでご飯との相性は良さそうです。

このワイルドハンバーグは、ステーキを注文するよりも価格的に安くすみます。味も私がこの世で知る限りでは万人ウケするほどの完成度です。

そして、ハンバーグの場合はレアというより生焼けといった表現と言えるこの仕上がりですが鉄板の再加熱は頼むことができるとのことですし、まずこの厚さだと火が通らなくて当たり前かもしれません。

そんなわけで、やや特徴がある(もしくはこれが本格的なのか?)いきなりステーキのハンバーグメニューでしたが、気になる方はワイルドハンバーグにも挑戦してみることをオススメします。

大人の舌も腹も、きっと満足させてくれることでしょう。

ワイルドステーキ450gのボリューム

いきなりステーキのメニューにワイルドステーキ450gというのがあります。

妙に中途半端な数字に感じますが500gでは多すぎるので450gということなのでしょう。

成人男性でもライス付きなら300gもあれば足りてしまう量ですが450グラムというのは、果たしてどの程度の満腹感を得られるのか実際に注文してみました。

ワインも頼んでみる

目的はワイルドステーキの450gでしたが、店に出向いたのが夜だったので、グラスワインも頼んでみることにしました。

頼んだ白のワイン

今回もライスは注文せずに、大根の和風サラダです。
肉が焼きあがるまで手をつけずに待つことにしました。

450グラムのワイルドステーキ

湯気が立ってる450グラム

湯気を立て油を飛び散らせながら席にやってきたワイルドステーキの450グラムです。

さすがに肉は大きく見えます。肉の厚さより切り出した面積が広いのが鉄板に目一杯広がった肉の様子から分かります。

鉄板がすぐ冷めた

プチプチ音を立てながら鉄板で油がはじけるのは300gと同じですが、気のせいか湯気が引けていくのが300gより早い気がします。

それから、手元に届いてから肉を返しながら鉄板の余熱で焼いてやったほうが良いのは300gのときより気にしていたことでしたが、思ったより早めに鉄板がさめていくような感じがしたので少し焦りました。

ただ、テーブルにも書いてあるとおり「いきなりステーキ」では鉄板の再加熱をしてもらえます(頼んでいる人は見たことがありません)。

咀嚼に疲れるステーキ肉

余熱で焼いたワイルドステーキ

鉄板の上でナイフとフォークを使いコロコロとやっているうちに何とか口にできそうな焼き加減に仕上がってきました。

ステーキ画像の拡大

この日は、食事のあとに何も予定がなかったので、ニンニクも少しつけて食べてみることにしました。

食べ始めてみると、量的に不満がない肉の量ですが部位が問題なのでしょう。食べるのに時間がかかります。

リブロースやサーロインなら、すんなり噛みきれる肉ですが、ワイルドステーキはその価格から部位的に食べやすい場所の肉ではなさそうです。

噛み心地がクニャクニャしたり、筋っぽい部分が多いワイルドステーキは300gだと気にならなかった部分が450gだと口の中で噛みきるのに時間を要する気がします。

実際に半分を過ぎたあたりから、これ全部食べるのは咀嚼に時間がかかるし顎が疲れそうだと思うようになります。

塩コショウだけの味にも飽きてきたので、自分としては珍しく牛肉にステーキソースをかけてみたりしました。

結局、無駄な満腹感を得るわけでもなくちょうど良い腹心地で食べきりました。
食べき切った後の感じでは、そこそこ満足できるボリュームだったと言えます。たまには質じゃなくて量にこだわりたい時などは丁度良いかなといった印象でした。

肉だけギッシリ食べたいときにはワイルドステーキの450グラムという選択もありかと思います。

コクのある甘口ダレ!焼味豚丼【十勝仕立て】

当ブログでは恒例となってしまった吉野家の店舗・期間限定メニューが新しくなっていたので早速食べてみました。

今回登場したのは「焼味豚丼」は見た目が少し前に食べた期間限定の豚丼にそっくりです。

「黒だれ」とどこが違う?

店頭の写真を見た途端思ったのが、まさか名前が変わっただけ!?

トレーの上の焼味豚丼

テーブルポップ書いてあるのは「コクのある甘口ダレで、食べごたえ大満足!新登場:焼味豚丼」。

ですが、見た目は以前食べた期間限定メニューの「黒だれ豚丼」にそっくりです。

丼のズーム写真

肉の並びが若干雑な感じもしますが、タレの色は区別が付かないほどです。

・参照:黒だれ豚丼は焦がし醤油の味【吉野家:店舗・期間限定メニュー】

黒だれ豚玉丼

黒だれ豚玉丼の画像

強いて言うなら「黒だれ豚玉丼」は肉の形がそろっていてきれいに並べられているところでしょう。

厚手の肩ロース肉

箸でつまんだ豚肉

音楽とともに店内に流れる紹介によれば、厚みのある肩ロース肉の旨みが口の中で広がるのだそうです。

一口食べたところ間違いなく旨みが広がります(個人差あり)。

丼の中の甘口ダレ

店頭のメニューに解説はありませんが十勝仕立てとは甘口ダレのことなのだそうです。

食事の終盤になると、丼の底にタレまみれのご飯が現れますが「これがたまらない」という方もいらっしゃることでしょう。

せめてネギだけでも替えられないか?

焼味豚丼のねぎ

正直、黒だれ豚丼の味は良く覚えていませんが外見が似すぎているので上に載ってるネギだけでも別なモノに変更できなかったのかというのが正直な感想です。

しかしここは牛丼屋、たかが数百円のメニューのために特別なトッピングを用意するのも割に合わないことでしょう。

ここは良くある「○○を探せ」的な好奇心を持って今回の新メニューの特徴を探してみるのが牛丼屋の楽しみ方なのだと納得することにします。