朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

はてなブログが独自ドメインで常時SSL化に対応【早速https配信へ変更】

はてなの独自ドメインでもSSL化

はてなブログのSSL化については、たしか昨年の9月くらいに対応についての情報が発せられていたように記憶しています。

先に、はてな提供の共通ドメインにてSSL化がなされていましたが、独自ドメインを用いた「はてなブログ」の常時SSL化については対応の遅れから諦めかけていたところです。

staff.hatenablog.com

6月末までには対応などという情報に期待を寄せながら頻繁に情報をチェックしていたところ、先日の「はてな開発ブログ」にて独自ドメインでもHTTS配信が可能になったとのアナウンスが出されていました。

早速独自ドメインのはてなブログをSSL化へ

はてな開発ブログでのアナウンスは「HTTPSで配信」となっていますが常時SSL化と解釈して良いことでしょう。
拒む理由はなく早速自分のブログもHTTPS配信へ対応させることにしました。

SSL化前詳細設定画面

早速はてなブログのダッシュボードへアクセスし、「設定」→「詳細設定」→「
HTTPS配信の状況を確認する」へ進みます。
変更前では詳細設定のHTTPS配信の項目は無効になっています。

URL設定画面で変更

「URL設定の画面」に進み変更するのボタンをクリックします。
この項目、今回のサービス提供開始前から存在していて、独自ドメインの場合は「変更する」を押しても適用されず自動的に解除されていたようです。

確認メッセージ

「変更する」をクリック後に操作が取り消せない旨の確認メッセージが表示されるのでSSL化したい場合はOKを押します。

変更終了画面

操作が反映されるには、それほど時間がかかりません。適応が済むと先ほど「無効」と表示されていた部分が「有効」になります。

詳細設定画面でHTTPS配信完了を確認

適用後に詳細設定画面に戻ってみるとHTTPS配信が有効になっています。
たったこれだけの操作でSSL化が出来るのはありがたいですね。

アドレスバーのhttps表示

ブラウザでブログのトップページを表示しアドレスバーを確認してみると、ご覧の通りhttpsで始まるアドレスで表示がされています。
従来のhttpだけで直打ちしてみても自動でhttpsのほうへ転送してもらえます。

常時SSL化の対応は遅すぎたか?

はてなブログの常時SSL化への対応は、他のブログサービスと比べると確かに遅かったかもしれません。

しかし、それで何か弊害があったかというとメリットもデメリットもなかったというのが正直なところではないでしょうか。

HTTPS配信がなされていないという理由で、極端に検索順位に変更があったとは思えませんし、当サイトのようなレベルでは影響はなかったと言い切れそうです。

それより、個人ブログの常時SSL化については昨年の夏から情報が過熱しすぎていたような印象さえ受けます。

極端な人になると、はてなの独自ドメインブログからWordPressへ引っ越したなんていう方までいらっしゃったようで、移行の作業はさぞかし大変だったことでしょう。画像のリンク先まで変更となると、はてなブログからWordPressへの移行は容易な作業ではありません。

引っ越し先サーバーでの常時SSL化が難解だったとか、サイトの表示速度が低下してしまったなどマイナス影響があったとすれば目も当てられませんので、私などは辛抱強く待っていて良かったと感じています。

それより、昨年の常時SSL化についての情報の錯そうはレンタルサーバー業界のステマだったのではとさえ思えてきます。

7月リリースのChrome68では常時SSL化が必須

今回の、はてなブログ独自ドメインへのHTTPS化の提供開始と時期を同じくして、職場のPC宛てにレンタルサーバー会社から、Chrome68リリースへ対応するためSSL採用を勧めるメールが入っていました。

まさに昨年10月のGoogleChrome62リリースの時にも似たような話がネット上で盛り上がっていましたが、どうやら今回が本命のようですね。

しかし、ブラウザでの具体的な警告方法についてはまだ想像の域でしかないのでは思わざるを得ません。
何しろ、確信の持てる大手の情報サイトは沈黙を守っているのが実際のところでしょう。

Chromeブラウザが即座にHTTPサイトに警告を出したとしても、他社製ブラウザがそれに追従するまでにも、ある程度タイムラグがあることも予想されますし、情報革新を飯のタネにする業者に惑わされないよう落ち着いて判断したいものです。

そんな訳ではありますが、時代は常時SSL化へ向かっているという事実は間違いはないようです。
心配だった当サイトへのSSL導入も無事済んだところで、以前からよく耳にする「はてなブログのSEO効果」にささやかな期待をしたいと思っています。

 

吉野家の新メニュー【ねぎ塩鶏丼】は肉が柔らかい

いつもは店舗限定メニューに引かれ入店することが多い吉野家ですが、昼時に普通に食事に入ったところNEWと書かれたメニューを発見しました。

ねぎ塩豚丼とねぎ塩鶏丼が新登場とのことです。

今度の鶏丼も肉が軟らかい

ねぎ塩豚丼は何処かで聞いたことがあり味も想像がつきます。
ですがねぎ塩の鶏丼は初めてですので早速食べてみることにしました。

 

ねぎ塩鶏丼の写真

「ねぎ塩鶏丼」並の値段は490円。柚胡椒がついてきます。

柚胡椒を付けた写真

柚胡椒は少々癖があるイメージなので端にちょんと載せて食べ始めます。

そして、この鶏丼の鶏肉も「鶏すき丼」のときと同じく非常に柔らかい食感で美味しいです。

柚胡椒より黒コショウ

鶏肉を箸でつまんだ写真

ねぎ塩と言えば、焼き肉で使う塩ダレによる味付とネギのコンビネーションがポイントですね。

普段牛丼などの味付けに飽きてきている人にはウケが良いことでしょう。

白ごまを多く使ったねぎ塩鶏丼

このねぎ塩鶏丼のポイントとして、メニューに柚胡椒つきと書かれているのがありますが、このどんぶり飯をよく見ると白ゴマがふんだんに使われているのと同時に黒胡椒が非常に目立ちます。

ちなみに、柚胡椒の正体はコショウではなく唐辛子ですね。

辛さはさほど感じませんが、この黒胡椒の香ばしさと塩味が実にマッチしています。
柚胡椒は話題性とかワンポイントみたいな存在になるようです。

カレー専門店が作ったカレーうどんを食べる

前回、夏三昧カレーとやらを食べるために訪れたカレー店CoCo壱番屋ですが、店内にてまたしてもレアなメニューを発見してしまいました。

Coco壱番屋カレーうどんののぼり

「カレー専門店が作ったカレーうどんやってます」なんて言われると食べない訳にもいかず。再びカレー屋にて食のレポートをすることになりました。

席について、店員さんに注文をすませると「うどんセットワンです!」のかけ声がかかります。

カレー屋のカレーうどん

トレイで出されるカレーうどんセット

ここのカレー店のメニューにしては珍しくトレーに載って運ばれてきたカレーうどん。
右下に敷いてあるのは紙エプロンです。

見かけは普通のカレーうどんですが、「ココイチのこだわりスープ」を使用しているそうです。

カレーうどんセットの半熟卵

セットについてくる半熟タマゴ

カレー専門店の白いご飯

CoCo壱番屋にもご飯用の茶碗があるようです。

カレーうどん食べ方のすすめ

店内には「ココイチカレーうどんご注文方法」と書かれた案内と、その裏面には「カレーうどん食べ方のすすめ」が書いてあります。

まずはカレーうどんをそのまま食べる

まずはうどんを食べる

食べ方のススメによれば、まずは普通にうどんを食べます。

ライスに半熟タマゴを入れる

半熟卵をのせたご飯

白いご飯に半熟卵をのせます。 食べながら思ったのですが、このアクションはご飯が温かい運ばれて間もないうちのほうが良いかもしれません。

残ったスープをお好みの量かける

拘りカレースープ

ココイチのこだわりスープ

見たところ肉と刻みネギしか入っていないカレースープですが、出汁を使うなどこだわりがあるカレースープなのだそうです。

うどんのカレー汁をかけたご飯

仕上げはどんぶりに残ったスープをご飯にかけて食べます。

以上のことが書かれた「食べ方のすすめ」が置かれているのはテーブル席だけ(私が行った店舗では)で、残念ながらカウンター席には置かれていませんでした。

自分としてはうどんを食べ終わった後に汁たっぷりのどんぶりの中にご飯と卵を入れた方が食べがいはあったと思います。
そんなことを考えながら、食べ終わったあとに外した紙エプロンを見てみたらカレーが少し弾いてました。付けてて良かったです。