朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

再び大人のスパイスカレー今度は「THEローストチキン」

相変わらず飲食店に入る「大人の」とつくメニューに弱いですが、カレー屋のCoCo壱番屋で今年も期間限定メニュー大人のスパイスカレーが出ていたので食べてみました。

前回は骨付きでしたが今回は大人のスパイスカレーTHEローストチキンです。

ノーマルな大人のスパイスカレーTHEローストチキン

ココイチ店内にあるメニューではおすすめトッピングの画像が載っていましたが何も載せないノーマルな状態がコチラです。

大人のスパイスカレーTHEローストチキン

注文時に、いつもの通りご飯の量と辛さを問われますが、全体に振りかけれたスパイスから辛さを増しての注文は厳しいかなと思いました。

半分混ぜて食べることに

半分まぜたスパイスカレー

先に半分だけ混ぜてみる

混ぜてから食べるスパイスカレー

大人のスパイスカレーは、大人なんだけど混ぜ混ぜして食べるのがセオリー。

ですが、食べ方に個性を見つけだしたいのが大人の行動とも言えます。

前回のTHE骨付きチキンは混ぜた結果美味しく食べれましたが、今回は半分だけ混ぜて見ることにしました。

結果、後半は混ぜながら食べるの繰り返しでfinishに至ることになります。

大人向けだからニンジン?

CoCo壱番屋スパイスカレーのニンジン

大人のスパイスカレーTHEローストチキンには、やや大切りのニンジンが入っています。

大人だから昭和を思い出せということか、あるいは大人だから平気だろうという気遣いなのかしりませんが、含まれる栄養素以外にはあまりありがたみを感じないのは私だけでしょうか。

味のあるローストチキン

具のローストチキン

このメニューの主役とも言えるローストチキンは、カレーがかかっていない部分も茶色く色づいていてまさにローストチキン。

中まで味が染みたローストチキン

もし機会があるのならば、このチキンだけを味わってみたいと思わせるほどの香りが漂っていました。

お勧めの食べ方の「食べる前に一気に混ぜる!」は、これらメインの具を混ぜ合わせると更に美味しくなるよという意味かもしれません。

前回に続き、THEローストチキンも美味しくいただきましたが、外気温の上がり始めるこの時期、なかなかの辛さの刺激でありました。

トッピングを試してみる

限定メニューの大人のスパイスカレーですが、お勧めのトッピングにチーズ、スクランブルエッグ、ソーセージがあります。

プラススクランブルエッグ

ノーマルを食べた日とは別に、プラススクランブルエッグも注文してしました。

トッピングのスクランブルエッグ

トッピングされたスクランブルエッグ

右に見えるピンクの漬物は酢ものですので好みでない方は要注意。

タマゴ部分をスプーンですくう

こちらの、スクランブルエッグのトッピングはノーマルタイプほど激しく混ぜ合わせるより、好みにより適度にあわせて食べる方が良いかと思います。

気合いの入ったTHE付ネーミング

再びお目にかかった大人のスパイスカレーですが、こうなると毎年初夏の季節にはお目にかかれるメニューなのかと期待してしまいます。

なんせ大人なもんで…。

などと考えていたら前回の大人のスパイスカレーの期間限定は11月まででした。初夏ってワケでもなさそうです。

以前も書いたことがありますが、CoCo壱番屋がメニュー名に「THE」を付したらそれは、ただの期間限定メニューではなく企業的に気合いが入ったメニューです。

THEの付いた期間限定メニュー。
また見かけた時には食いついてみたいと思います。

大人のスパイスカレーの感想

このCoCo壱番屋で食べれる大人のスパイスカレーですが、味の評価は分かれるようです。しかし、一般向けにアレンジされたカレーの味に飽きてしまったときはこんなカレーがウケます。

特に私のような食に対して詳しい知識のない人間は、とろみが少なくスパイスの利いたカレーライスは本格派のカレーを味わっている気分になれます。

骨付きチキン、ローストチキンと続いた大人のスパイスカレーですが次はどんな仕掛けで挑戦してくるのでしょう。

次の味も楽しみです。

ペヤングが限定販売した金粉入り焼きそば

ペヤングから発売されている金粉入りのカップやきそばというものを店頭で見かけたので、おもしろ半分で購入してみました。

きっと、このカップ麺には日常のマンネリを吹き飛ばしてくれる衝撃があることでしょう。
なんてったって金が入ってるのですから…。

ペヤングやきそば金粉入り

中身は普通のペヤングですが、何しろ金粉入りというのが興味をそそります。

金粉入りペヤングのパッケージ

そしてこのゴールデンなカップ焼きそばを食べるならGWの今に限ります。

普通のカップ焼きそばに金粉が追加

パッケージの中身

金粉入り焼そばの中身は普通の「ペヤングやきそば」に少量の金粉が付属しただけです。

焼きそば付属の金粉

ぱっと見は胡椒に似た見た目ですが、よく見ると光っています。

商品の容器は使わず皿へ移す

せっかくの金粉入りですので、お湯をかけて待つだけではなく鍋で茹でてから湯切りをし刻みネギなどを加えることにしました。

たかが3分で出来上がってしまう焼きそばですが、金粉をふりかけていただくには器がそのままでは雰囲気がでません。

付属のカップ容器は使用せずに別の皿へ移して食べることにします。

いざ金粉をかける

金粉を載せた焼きそば

焼きそばが仕上がったところで主役の金粉の出番です。金粉はほんの少しの量なので意識しないと気づかない感じです。

金粉のトッピング部分

なるべく麺の隙間に落ちないようゆっくり振りかけました。

温泉タマゴをトッピングで盛り付け

さて、出来上がった金粉入り焼きそばを頂く前にもう一つ演出を付け加えることにします。

温泉タマゴを追加した焼きそば

主役は焼きそばの天辺に振りかけられた光り輝く金粉ですが、もう少しアクセントが欲しいと思い脇に温泉玉子も加えることにしました。

付属のノーマルなふりかけをかければ、金粉焼きそばならぬ「キン○マ焼きそば」の出来上がりです。

期間限定金粉入り焼きそば出来上がり

こうして、スマホで写真を撮影したあとはあっという間に食べきってしまう訳ですが、当然金粉に味を感じることはなく、焼きそばに半熟卵もなかなか良いねと言う感想だけは実感できました。

世間は、ゴールデンウィーク真っ直中の令和初日(5月1日)の食事でしたが、たまにはこんな息抜きの仕方もいかがでしょうか。

ゴールデンウィークに毎日ポテトチップスを食べてみる

今年のゴールデンウィークは10連休。
でも自分は仕事だからそんなに長い休みはないという人も少なくはないことでしょう。

仕事が入っていれば旅行はおろかただダラダラ過ごすことすらできないわけですが、ならばダラダラではなく10日間しっかりポテトチップスでも食べてみようというのが今回の記事です。

なぜ連休にポテチなのか?

5月の連休といえば、家族旅行へ出かけたり様々なイベントへ参加したりと大型連休の楽しみ方は様々です。

でも、GWとは無縁の仕事に就いている人たちにとって、そんなのは夢のまた夢。

連休中は家でゴロゴロしながら過ごしてしまったということですら体験することができません。

そのゴロゴロとかダラダラにもっとも見合ったアイティムがポテトチップスではないでしょうか。

そんなわけで、ダラダラ、ゴロゴロともいかないこの10連休中のわずかなプライベートタイムを一日一袋のポテチとともにで過ごしてみたいと思います。

1日目はジンジャーワイルド

まず初日の4月27日(土)に手を付けたのが「GingerWild」(ジンジャーワイルド)略してGWという正にこの記事に相応しいポテトチップスです。

カルビーのジンジャーワイルド

CalbeeのGingerWild

さすがカルビーですね、GWに向けて予め戦略を練っていたようです。

ジンジャーワイルドの中身

袋を開けると生姜の香りがはっきりと分かります。

パッケージ裏には「ゴールデンウィークは自宅でワイルドに過ごそう!?」と書かれていました。

なんだかオチャメな文句ですね。

このポテトチップスは、その名の通り生姜の味がして食感が固めです。

ミニストップのレットペッパービーフ味

ミニストップの辛いポテチ

辛い食べ物は苦手ではないのですが、このポテトチップスだけは格別でした。

食べているうちに、下が痛くなり鼻水が出始めます。

ミニストップのレッドペッパービーフ味ポテチ

この辛さについてパッケージに注意書きがありますが、もう少し大きめでもいいかもしれません。
子供に食べさせたら泣き出すレベルでしょう。

湖池屋の厚切り「じゃがいも心地」

3日目は朝食代わりにポテトチップスです。

湖池屋じゃがいも心地

最近、湖池屋の商品は独自志向が強くしかも消費者ウケが良いと思います。

このじゃがいも心地は厚切りだけあって、ジャガイモのポクポクした食感に似たものがありました。

パッケージには、「素材の味を楽しむ、日本産じゃがいも100%のおいしさ」、「オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味」と書かれています。

平成最後は「期間限定・黒胡椒レモン味」

カルビーポテトチップスギザギザ

商品名は「厚切り_ポテトチップス・ギザギザ」というようです。

この10連休期間中と被る期間限定の「黒胡椒レモン味」です。

期間限定「黒胡椒レモン味」ポテチ

食べてみたところ、レモン風味より黒胡椒の味が強いような印象でした。包装の鶏肉の写真が美味しそうですね。

こちらのポテトチップスも厚切りでした。

時代の幕開けにカルビーポテリッチ

新しい時代が始まった本日2019年5月1日(メーデー)には、自分は今日も仕事だからとへそを曲げることなく新時代に相応しいポテチを体験することにしました。

ポテリッチ燻製ベーコンとチェダーチーズ味

Calbeeポテリッチの「燻製ベーコンとチェダーチーズ味」です。

ポテリッチの中身

器が昨日までのと違うのは、写真を撮影するまえにだいぶ食べてしまったからです。
「食べ物系ブログあるある」ってやつですね。

このポテトチップスは名前がポテリッチというだけあって、まさに新時代に相応しいリッチな美味しさでした。

商品タイトルの燻製ベーコンとチェダーチーズですが、どちらかというとベーコンの風味が強い印象を受けます。

まあ、両方を強調するのは難しいでしょうし何よりこの美味しさはハナマルです。

KOIKEYA_PRIDE POTATO本格コンソメ

湖池屋プライドポテトのパッケージ

記念すべき10連休に相応しい本格派のポテチを選ぶのに外せないのが、この湖池屋のPRIDE_POTATOシリーズでしょう。

6日目に選んだのはプライドポテトの「本格コンソメ」です。袋の右上に「食感、極まる」と書いてあります。無添加で、日本産じゃがいも100%だそうです。

オーソドックスな見た目のプライドポテト

このPRIDE_POTATOは、見た目が昔からのオーソドックスなスタイルで最近よくあるギザギザのポテチとは違いますが、ここにも拘りがあるのでしょうか。
こうしてよく見ると、表面に気泡のようなものが見えます。

昨日のようにつまみ食いはありませんでしたが、撮影後には一気に食べつくしました。

きになる極まった食感は、少し硬めに感じました。

毎日ポテチ食べてると口の中も荒れてきそうで心配ではあります。

シュワッとはじけるポテトスパークリング

7日目の5月3日(金)は、ちょっと変わったポテチです。

シュワッとはじけるポテトチップス

ちねみにこれ、3月で賞味期限が切れてしまっていました。たしかクリスマス前後にコンビニで買った後ずっと家に置きっぱなしだったものです。
今回は自己責任で食べることにします。

シュワシュワのポテチ

食べてみると賞味期限切れだからといって酸味が増している印象はありませんが、シュワシュワ感もそのままのようです。

このポテトチップスは口に含んだときに刺激がありますが、昔あった弾ける感触のお菓子のようにパチパチするものではありません。
どちらかというと、しばらく日を置いたキムチにあるようなシュワシュワ感です。

Calbeeポテトチップス「タレかつ味」

8日目の今日も仕事でした。そんななか、コンビニで偶然新潟名物のタレカツ味のポテチを見かけたので旅行に出かけた気分で食べてみました。

Calbeeポテトチップス_タレかつ味

タレカツと言えば以前にこんな記事を書いていました。

新潟のかつやだから「タレカツ丼」が置いてあるのかと思ったら全国で期間限定だったという衝撃

タレカツ味のポテチ

タレかつ味ということですから、タレかつの「タレ」の味がします。

GWも後半に入ってしまいましたが、明日からは自分も休めそうです。

9日目はガーリックワイルド

10連休9日目の5月5日(日)は再びGWの名を持つポテチを食べることにしました。

自分も今日明日は休みとあって、気分がゴールデンウィークです。

Calbeeガーリックワイルド

初日は「GingerWild」(ジンジャーワイルド)でしたが、今回は「GarlicWild」(ガーリックワイルド:ガーリックシュリンプ味)。

さて、ここで私も連休らしくお出かけしたいと考えていますので10日目の更新は、日をあらためて行う予定です。

そこで予告ですが記念すべき10日目は、ポテリッチ(5日目とは味違い)にしたいと思っています。

最終日はリッチバター特濃

「10連休中毎日ポテチ食べる体験」の最終日を飾るに相応しいポテトチップスというのを数日前から考えていましたが、人はそんなことを考えるのに時間を割いてはいけません。

前日予告したとおり、この期間特に印象が残った「カルビーポテリッチ」の味違いを食べることにしていましたが世の中そう甘くはありません。

リッチバターポテトチップスの袋

簡単に予告したものの、10連休の最終日は非日常に浸りたいとよその町まで出かけてきて今夜はホテルに宿泊です。
宿の近くのコンビニを何件か覗いて歩きましたが、ポテリッチを売っている店が見つかりません。

そこで、代替手段として採用したのが山芳製菓からでている「ポテトチップス 北海道リッチバター味特濃

リッチバター特濃の中身

これが、名前がリッチバターだけに袋を開けるとバターの香りが漂います。

このポテトチップスは口にすると北海道産のまろやかなバターの味がします。

世紀の10連休GWが終わろうとしている最終日の夜にリッチなバター味のポテトチップを頬張るという贅沢な時間を過ごすことができました(連休中何日か仕事をした自分は翌日も引き続き休み)。

結果、最終日を飾るのに相応しい贅沢な味にありつくことができました。

ポテチで過ごしたゴールデンウィーク

数日の勤務日があったとはいえ順調にポテチを食べながら過ごした今回のゴールデンウィーク。

世間一般と同じ10日連続の休みとはいかなかったものの、順調にポテチを食べ続けることができました。

そして、やはりポテチを食べながらもダラダラと過ごすことは決してなく仕事をしながらあるいはこの記事を書くためにせっせと写真を撮り、コツコツ文字を打ち込みながら過ごした10日間になりました。

こうしてみると、たかがポテトチップスですが真面目に10日間連続して毎日食べ続けることは簡単ではありません。

まず、食べるポテトチップスの選定から始まり写真撮影と少しの感想をまとめることが楽なようで結構な作業量。

この10連休誰よりも真剣にポテチを食べて過ごしたと言い切れる自信があります。

何か重要な結果を残せたわけではありませんが、今後一つの事を継続して成し遂げる際のヒントになればと思っています。

たかがポテチ、されどポテチ…。