朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

ネタは尽きていなかった吉野家の明太マヨから揚げ丼

先週の日曜日に物足りない気分で食べた「黒カレーON野菜」でありましたが、今日もまた例の吉野家の前を通ってみることにします。

店頭のポスターを見ると、昨年食べたチーズカルボ丼が復活していました。

そして、「この秋の新作、登場!」の文字の下に明太マヨから揚げ丼が出ていました。

早速「この秋の新作:明太マヨから揚げ丼」をいただく

いつものように、先に会計を済ませやや待ち時間後に呼ばれて目的をカウンターへ取りに行きます。

明太マヨから揚げ丼を載せたトレイ
明太マヨから揚げ丼のトレーには明太子ソース(明太マヨ)とマヨネーズが添えられてました。

まだ何もかけてないから揚げ丼
まだ何も付けないノーマルなから揚げ丼の状態では、ご飯の上にから揚げと細い千切りキャベツが添えられた状態。

先にマヨネーズをかける
何も考えず先にマヨネーズをかけてみましたが、間違いにすぐ気が付きました。ここの吉野家高級店の限定メニューにマヨネーズが付いてきたら、それは野菜用です。

まだまだ、「黒い吉野家」初級者ですね。

明太子ソースをかけたから揚げ丼
そして、主役の明太マヨをから揚げにかけます。かけきらない分が器に残る例の現象がありますが、それを見越した分くらいの量はありました。

箸でつまんだから揚げ
完成した明太から揚げにかぶりつきます。

黒カレー温野菜

スプーンを使った黒カレーON野菜


先週のアッサリしすぎた黒カレーは何だったのでしょう?

こうなると、やはり牛丼屋の食事は箸が落ち着きますね(そのうちチーズねたで寝返る予定)。

それから、期間限定メニューは少し前から始まっていたメニューの一部をピックアップするだけだと新鮮さに欠けます。 それだけ私が、この店に通い詰めていいるということかもしれませんが、個人的な感想では、最低でも半年以上置いてからの再登場のほうが新鮮さと非日常感があって嬉しいことでしょう。

3社合同定期券を活用

吉野家で買った3社合同定期券

今回も買ってしまった80円引き定期券


以前に牛丼屋の80円引きの定期券について記事を書いていましたが、今回も同様の定期券販売がありちょうど期間中でしたので店舗・期間限定メニューでも利用させていただきました。

590円の「明太マヨから揚げ丼:並盛り」が80円引きの510円です。

今回は、期間が2018.9.10(月)~10.21(日)で、いつもの「はなまるうどん」での天ぷら一品無料はもちろん、ガストでの100円(税込)引きでも利用できる「3社合同定期券」という宣伝になっていました。

ダブルチーズカルボ丼も同時に登場

店頭の情報によれば、私がよく行く「吉野家仙台広瀬通り店」ではチーズカルボ丼と少し前からアジフライ丼も再登場しています。 これらのメニューは自分としても満足した味でしたので、これを機会にまた食べに行きたいと思っています。

なお、チーズカルボ丼にはダブルチーズカルボ丼というのがあるようです。前回もそうだったかどうか覚えていませんが、これだけのメニューを出してもらえると、かなり満たされた感じはします。

さすがは吉野家、店舗・期間限定メニューはネタが尽きたわけではなかったようでした。

薄い金属の板を束ねたシクネスゲージ【RSK_100MZ】

必要に迫られて購入したものの一度使用した後は使う機会がなく工具箱に入りっぱなしのシクネスゲージという測定器を持っています。

袋に入ったRSK_100MZ

バイクのメンテナンス(バルブクリアランス調整)のために手に入れましたが用途が限られるため普段は出番が少なく工具箱に入ったままになってしまっています。

呼び名はシクネスゲージ

入手した物の使う機械がない測定工具はその名称もなかなか覚えないものです。

バルブクリアランスの測定作業

使用中のシクネスゲージ

たまにシックネスゲージと呼ばれているのを目にしますが正解かどうかは分かりません。シクネスと呼ばれているのが一般的なようです。

隙間ゲージと呼んでいるサイトもありますが、目的をそのまま名称にするならこちらのほうが合っているかもしれません。

上の写真では作業中にシャッターを押すために手を放していたので必要以上にしならせてしまっています。

RSKのTHICKNESS_GAUGE

緑の袋に書かれたRSKのTHICKNESS_GAUGEの文字

私が所有しているシックネスゲージは新潟理研測範のRSK_100MZという型番のものです。

閉じた状態のシクネスゲージ


閉じた状態だと何に使うものか検討がつきません。

この中に束ねられた一枚一枚の金属板をリーフと呼びます。

ゲージを全て出した状態

使用する際は、測定する隙間におおよそ合うサイズのリーフを束から引き出し対象物の隙間に差し込む形で使用します。
このように先が丸いものをAタイプと言います。

バルブクリアランス(タペット)調整に使うとき場合など、ピッタリのサイズが束にないときは厚みの薄いリーフを重ねて測定物に当てたりするようです。

前半の0.20mmまで開いたところ

このRSK_100MZは25枚のリーフが束ねられていて、一番薄いリーフは0.03mmです。

数字の表示面を表にして一番上が1.00mm、2枚目に0.03mmがあって以降0.15mmまで0.01mm刻みで並んだ後、次の15枚目が0.20mmになり0.50mmまでは0.05mm刻みで並んでいます。

0.2mmから0.9mmまで

0.50mmから一番下の0.90mmまでは0.10mmの間隔です。

以上の組み合わせの中から隙間に見合ったサイズを選んで使用する測定方法なわけですが、結構地味で面倒な作業ですね。

廉価品のシクネスゲージ

廉価品のシクネスゲージ

シクネスゲージも他の測定器具に同じく廉価版が存在します。

Bタイプのシクネスゲージ

先の100MZが先の丸いAタイプでしたが、こちらの先が細くなっっている物がBタイプ。
先が曲がっているのは使用の際にタペットホールへ差し込んだとき無理な角度で力が加わったためです。

0.05-1.00mm 13_BLATT

特にメーカー名の表記はなく「0.05-1.00mm 13_BLATT」と刻印があります。

廉価版の13枚並んだリーフ

先ほどの100MZとは逆方向に開いています

こちらも、最初に厚みのある1.00mmがあって次に一番薄い0.05mmから始まり0.30mmまでは0.05mm刻みで並び、それ以降は0.10mm刻みで0.90mmまで合計13枚で構成されています。

隙間ゲージは出番が少ない特別な測定器

本来、人には隙間を確認すれば埋めたがる本能がある。

家具の隙間には物を置きたくなるし、緩んだネジは締め直した方がいい。

隙間が気になるような人間関係は、男女での関係を含め多くの場合埋めたがる傾向にある。反対に引き離したいものは、そう意識した段階で隙間とは呼べないほどの距離感を持っていることでしょう。

そう考えると、適正な隙間を維持するという概念は極機械的なものであるのは間違いありません。

このシクネスゲージは、バイクのエンジンをメンテナンスするために購入したもので、ノギスやスケールに比べ普段は出番がありません。

それほど大きなものではないので、持っていて邪魔にはならないものです。そして、出番がくれば代用できるモノがほとんどないため(代わりのモノを考えたり調べるより買った方が早い)処分するよりは持っていたほうが良いと思います。

シクネスゲージはそれ自身が工具箱の中で周りの道具達と適正なクリアランスを維持している存在とも言えるようです。

リブロースステーキが期間限定のランチメニューだったので迷わず食べた

いきなりステーキと言えば当ブログでは、以前に「初いきなりステーキ」の体験談を記事にしたところでしたが、先日店舗の前をとおりかかったら店の入り口に10数名ほどの行列ができていました。

いきなりステーキの体験記事:いりきなりステーキという店を体験【台風の日くらい空いてるでしょ】

何気に並んでいる面子を気にしてみると、自分と似たような感じのさえない連中に見えます(皆さんゴメンなさい)。

そんなわけで、気後れすることなく再度来店を試みました。

リブロースフェアをやってる模様

この日は平日の昼間で時間も12時にならないうちの早い時間でした。入り口前の行列に加わり店頭のメニュー案内などを眺めていると「300号店達成記念」でリブロースフェアをやっているようです。当記事の投稿時には期間が過ぎていますが、そのリブロースとやらをご紹介いたします。

いきなりステーキでは、このリブロースという肉が、オーダーカットという注文方法で初級者向けではないメニューです。

それが、今回は通常のメニューとして注文できるということで、せっかくのチャンスですので注文してみることにしました。

平日昼間のいきなりステーキ

行列での待ち時間は10分程度でそれほど待たされたという状況ではありませんでした。私の出向いた店舗はJRの駅から近い立地ということもあり、平日昼間なのに夫婦連れなどの少人数のグループでの来店が目立ちます。

もちろん、私のように一人で来店という客も少なくはありませんでした。

グループでこういった店に来るのは、まだ物珍しさがあって「行って見よっか?」ってな調子なのでしょう。
逆に一人で食べにいく人は、店本来のコンセプト通りに気軽にステーキ食べたいという目的を達成するために来ているのだと思います。

座り席でも一人席

待ち時間の後に自分の番が来て店内に案内されますが、行列ができているくらいなので、座る席は空いた席に相席を覚悟しなければなりませんが、ちょうど一人席があるようでそちらに座ることになりました。

いきなりステーキのテーブル

前回は立ち席でしたが、今回は「座り席の一人用の席」です。
この紙エプロンはステーキが手元に来る前に着けておいたほうが良さそうです。結構油を弾きながらやってきますので…。

他人と向かい合わせになる一人席で、仕組みは対面でふたりがけするテーブル席なのですが、席の中央に高さ20cm程度の仕切があってその上にナイフとフォーク、ドレッシングやソースなどが置いてあります。

リブロースステーキを注文

そんな一人席に着き、注文は「外に書いてあったリブロースを注文したい」と自分としては分かりやすい言い方で注文します。

ワイルドステーキの時には無かった、焼き加減について聞かれますが無難に「ミディアムで…」と答えておきました。

それから、肉が焼けにくいときは店側で(ある程度)切り開いても良いか?と確認をされましたが、拒む理由は全くないので承諾しました。

ステーキ屋の大根サラダ

そして、覚えてしまった大根サラダを一緒に頼みます。
あとは早めに届いた、その大根サラダとともに焼きたてのステーキが席に届くのを待つことになります。

リブロースステーキとご対面

まだ切っていないリブロース

昼時なのでそれなりの待ち時間経過後に目的のリブロースが目の前に到着します。肉の下に玉葱がありますが時間がたつと焦げてくる勢いでした(これでたしか300g)。

写真撮る前に角を一口食べちゃいました。

切り分けた後のリブロース

ワイルドステーキの時と違い、食べやすく切るのは普通に客側のようです。

フォークに刺したリブロース肉

いちいち切りながらではなく、最初に一気に縦に切り分けていって食べながら好みのサイズにちょこちょこ切るというスタンスで食べ進めます。
この手法が日本人には合っていますよね?

やっぱり多いコーンの量

コーンの量を見るとご飯を頼まなくて正解と思い知らされます。

いい感じに焼けたリブロース肉

程良くいい感じに焼けた肉

ステーキの脂身がたまらない

この脂身がたまりません

肉が運ばれてきたときに、説明を受けましたが(おわかりですか?と聞かれたら知ってることでも一応説明してもらう姿勢です)塩胡椒は最初に振ってあるが、好みで甘口ソースをかけて召し上がってくださいとのこと。

辛口ソースのほうが容器が大きいですが、最初に奨めるのは甘口らしいです。
実際に食べた感じは、すでについている塩胡椒で十分。端の方に甘口ソースをかけてみましたが肉の旨みに対しては少しくどい印象なので、好みにもよりますが塩胡椒で物足りなかったらいソースを追加で良いでしょう。

それから、リブロースステーキにはスライスニンニクがのっていて私の味覚では臭いが残るレベルの辛さがあり人に会う予定がある人は注意が必要でしょう。

以上、いきなりステーキでリブロースを注文してきたレポートでしたが、通常の注文システムも番号札を手に注文カウンターへ出向きグラム数をリクエストという感じ?なので、それほど難しくもないようです。

食べ終わってから会計を済ませ店を出ると、自分が並んだときと同じ人数ほどの行列がまだありました。
普段もまだこれほどの人気があるのか、たまたま行列ができてたのか知りませんが気軽に分厚いステーキが食べれる店であることは確かです。