今いるこの場所が頂(天辺)

ひたすら上を目指し時には挫折しながら挑戦してきた私たちの毎日。実は今いる場所こそが天辺(頂)であったりしないでしょうか?もしかしたらチャンスは目の前に転がっているのかも知れません。

今いる場所を的確に知ることができなければ、そこにあるチャンスにさえ気づくことができないのではないでしょうか。

天辺にいる自分に気づこう

石の上にも3年という言葉があります。

ところが、世の中はそんなに甘くなくて3年どころかそれ以上継続しても成果が出ない仕事は少なくありません。

逆に、仕事を器用にこなせる人の中にはあらゆるジャンルで短期間に成果を出せる人もいるのは確かです。

はたして自分は器用な人間かと考えたとき、「いやいや、自分はもっと頑張らなければ」と意気込む方が多いのではないでしょうか。

現状に甘んじることのない姿勢というのは大切です。

そして、自分の能力を的確に把握するのは意外に難しいもの。

もしかしたら、努力し続けてきた自分は既に天辺にいるのかも知れません。

今いる場所に上り坂が見あたらないのであれば、そこは広い頂だと考えられます。

もしそこが天辺であるなら、今まで通り試行錯誤するより霧が晴れるのを待てば、周りには美しい景色が広がっている可能性があります。

自分の成果を認める時期

人が趣味や仕事で設定する目標は様々で、目指す到達点にも多くの態様があり何処がゴールなのか見極め方もそれぞれです。

もし自分を充分な大人と信じることができるなら、自分なりの頂点に達しているのではと疑ってみてはどうでしょう。

今まで、ひたすら足りないと追い求めていきたノウハウや技術というものは既に身についていたりしないでしょうか。

周りがせわしく動いていて、成長段階の外形を要しているから自分も似たようなものだと過小評価したりしていないでしょうか。

自分の低く評価し、常に何かを追い求める姿勢がクセになっているなら一度冷静になって何がどれくらい足りてないのか確認してみましょう。

世間一般の物差しというのが使えるなら、自分はもう仕事や趣味で充分な成果を出せるほど成長していることもありえます。

もう既に自分は頂に立っているかもしれません。

努力だけが好きなら、また別な頂上を目指せば良いし更に望むなら別なステージに移ることを考えても良いでしょう。

自分は本当に周りと同じく何時までも迷える大人なのか少し足を休めて立ち止まってみることも大切ではないでしょうか。

今いる場所を楽しむ

このブログは長年使用していたタイトルを変更しています。

当初、日頃解決したいテーマをネタに記事を投稿していく予定でしたが、自分でコミットできない面倒な課題がテーマだと目的としていたジャンルの記事を進んで書き積み上げていくことができません。

書いてきたのは身の回りの生活感がにじみ出た出来事がほとんどでした。

そんなネタの積み重ねにより超スローテンポで成長してきたこのブログサイトも、ようやく人並み程度のアクセスをいただけるまで成長できました。

明確な目標そのものすらハッキリせず迷い進んできた中で、今となっては少しの成果はあったものと実感しているところです。

自分ではこのブログの到達しているであろう場所が天辺であると信じて、これから先は天辺での時間を楽しみむつもりで運営に取り組んでいきたいところです。

登りつめたのは高い山の頂上ではないかも知れませんが、これ以上を望むより今の居場所を楽しむことのほうが大人の自分には必要だとも感じています。

「今いるこの場所がイタダキ(天辺)」

これから先は自分の居場所が定まった感覚でブログを運営し、自分の居場所(頂)から発信するつたない情報が訪れた方にほんの少しでも楽しんでイタダケルよう継続していきたいと考えています。

正規化された URL:

 

はてなブログで最新記事をトップに固定した場合

はてなブログでは特定の記事を選んでトップページの先頭に表示させることができるという便利な機能があり、このブログでも使わせていただいております。

この固定記事に過去記事ではなく最新記事を指定した場合、その後の記事の追加で表示はどうなるのでしょう。

当サイトでは、トップページから「次のページ」へ順次閲覧していったときに3記事ごとにまとめて記事全文を表示されるよう設定していて抜粋は使用していません。

記事をトップに固定させるメリット

トップページの先頭に任意の記事を指定できるメリットは、ブログを訪れた方がサイトの概要を知りたいとき、簡単なブログの紹介のようなものをトップに表示させていたほうが印象が良いのではないかという理由からです。

著名なブロガーならトップページは新着記事から順に降順で抜粋を用いて表示するスタイルで問題ないことでしょう。

これが私のような「なんちゃってブロガー」だと、訪れるユーザーは検索エンジンからいらっしゃる閲覧者がほとんどで、はてなブログではサイトの概要を知ってもらうにはプロフィールから「aboutページ」を見てもらうことになります。

多くのWebページでは、サイトの全体像を知るのにはトップページを見るのが基本と考えている方も少なくはないことでしょう。

ブログだから詳細をしりたい場合はまずプロフィールを確認するという行動がスタンダードとは限らないのではないでしょうか。

そう考えた場合、はてなブログが提供する記事をトップページに固定できる機能はとてもありがたいものです。

この先、できればトップページの先頭記事のみ全文で表示し、それ以降(以下)を最新記事順で抜粋で表示させるという機能があればありがたいと思うのですがどうでしょう。

新規に投稿する記事を先頭に指定すると

そんなわけで、ありがたく使用させていただいている記事固定の機能ですが、今月に入り「サイトタイトル」の変更に伴いトップに表示させていた記事を新しく作成した記事に置き換えることにしました。

心機一転、リニューアルというやつです。

そこで気になったのが、今までは過去記事を載せていたので気づきませんでしたが、最新記事を固定させると次に投稿した新しい記事に続いて先頭に固定した記事が同じページに表示されることになるのではというものです。

この疑問は続けて記事を投稿していかないことには検証できません。

結論をいいますと、記事一覧に全文3記事掲載を設定しているこのブログで、当記事がトップに固定した先頭用記事から数えて4番目になり、この記事を投稿することによって、ようやくトップページ内で通常の記事と先頭記事でのコンテンツの重複が解消できたということになります。

固定記事の投稿からの流れは次のとおり。

トップページの先頭に最新記事

一番新しい記事を固定すると、先頭には「最新記事」が表示されその下に「2番目に新しい記事」、「3番目に新しい記事」と3記事並びます。

記事を固定後に投稿を追加

トップに固定後に記事を追加

次に、固定記事より新しい記事を投稿すると「固定用記事」、「最新記事」、「2番目に新しい記事」、「3番目に新しい記事」とトップページは4記事表示になり「固定用記事」と「2番目に新しい記事」の内容は重複することになります。

2記事目を投稿

更に1記事を追加すると、「固定用記事」、「最新記事」、「2番目に新しい記事」、「3番目に新しい記事」と配列の仕様は変わりませんが、今度は「3番目」と「固定用」が重複します。

当ブログでは、本記事を投稿する前がこの状態でした。

トップに固定後に3記事追加

そして、固定用記事から数えて4記事目を投稿したところで、ようやくトップページから「固定用記事」が押し出される形になります。

この4記事目を投稿するまでの間、トップページ内で同じコンテンツが繰り返し表示されることになるのですが、SEOを意識してブログを書いている人にとっては少し気になるところではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

実際のところ、サイトの価値にどう影響するのか知るすべはありませんが少し不安が残るのが正直なところです。

ちなみに、現在、先頭に固定している記事はスクリプトを使いトップページへ「canonical設定」をしています。

このように、はてなブログでトップページに表示する記事に最新の投稿を使った場合、記事一覧に設定した分の記事数を投稿するまではトップページで記事が重複することになります。

ブログというWebページの性質上、特に問題にはならないとは思いますが、トップページの記事一覧に抜粋に設定しても訪れるユーザーが興味を持ってページをクリック(タップ)してくれる質の高いサイトという理想が達成できれば何よりなのだとも思いました。

パイロットベアリングプーラーという工具

一般にベアリングプーラーやギアプーラーといった工具は軸に組み込まれた円盤状の部品を外かけ式の爪を用いて引き抜くような仕組みになっています。

これに対して、パイロットベアリングプーラーという名称で販売されているものは、ホイールやハブなどの中心に組み込まれているベアリングを外すための工具になります。

工具の構成

打ち抜き式のベアリングプーラーはプーラー本体と多くのサイズに 適合できるよう7種類のチャックと呼ばれる爪付きの疑似シャフトのようなものが付属します。

ベアリングプーラーケース内一式

ケースの中身

ケース蓋の内側

蓋の内側に書かれた仕様

ケースの蓋の内側には工具を構成するパーツについての仕様が記載されていました。

「TH125」というのがこのベアリングプーラーの型番のようです。

内掛け式の爪(アタッチメント)

ベアリングに引っかけるチャック

目的のベアリングに合うサイズのこの黒い棒をベアリングに差し込み、中にボルトをねじ込んでいくことで先端の爪がベアリングの内側の縁に掛かる仕組み。

このパーツは精度や表面のなどが要求されるためか、メッキや塗装が施されることはなくどのメーカーでも大半が黒です。

本体(フレーム)

正確な呼び名は分かりませんが、巻き上げ用のボルトとナットが仕組まれた本体です。

プーラーのステーとアダプタ

爪をベアリングに引っかけたチャックに力を加え引き抜く役目をはたすのがこの主要部分。

※工具の下に写っているスジは付着している油による汚れです。

右側にある二つの部品がボルトの長さが足りないときに使うアダプタで、左のものは太めのアタッチメントを使う場合に用いるボルトの先端(アダプタの爪を押し開く役目をするもの)のようです。

ナットとボルトの作用

画像のように上側のナットを回してボルトを上に動かす作用を用いてアタッチメントで掴んだベアリングを取り出す構造になっています。

パイロットベアリングプーラーの使い方

アタッチメントとベアリング


試しに手元にあるベアリングにアタッチメントを入れてみます。

ベアリングにチャックを入れたところ

ベアリングに挿入

作業の対象となるものは、ここで開いた爪がちゃんとベアリングを掴んでいるか確認しづらい構造のものが殆どではないかと思われます。

アタッチメントのスリットを開く

先端の切り込みを開く

先端ボルトが差し込まれたアタッチメント

上手くベアリングの奥にアタッチメントを固定できたら、本体のボルトに組み込まれたナットをスパナなどで回していくことでベアリングを引き抜く使い方になりなります。

ベアリングに工具の爪を上手くかけることができるかが作業のポイントです。

また、ハブやホイールなどのベアリングが入った対象物に本体のステーを安定して置けるかどうかも重要です。

軽量化や放熱対策でベアリングが入っている枠の周りに空洞が多い場合はなんらかの対策が必要になってくるのではないでしょうか。

自分はこの工具をバイクのメンテナンス(ホイールベアリング交換)のために持っています。

ちなみに、このタイプより安価なフリーサイズの3本爪タイプも販売されていますが、あまり安定した作業は期待できないようです。

旧車好きの方やエンジンのオーバーホールなどまでこなす方は揃えておきたい工具でしょう。

バーベキューチーズから揚げ丼【吉野家の柔らかから揚げ】

黒い看板の定番ラインナップと言ってもよいほど定着してきた「からあげ丼シリーズ」、久し振りに新商品を見かけたので食べてみることにしました。

最近じゃ吉野家もメニューの種類が豊富なので選ぶのもちょっと大変かもです。

どんぶりの表面にはケチャップ

今回の新メニューの名称は「バーベキューチーズから揚げ丼」はたしてバーベキューチーズとはどんなものなのでしょう。

トレイに載ったBBQチーズからあげ丼

揚げ物なので通常の牛丼牛などより待ち時間(レジでの注文時に8分ほどと言われました)があった後にカウンターに向かい受け取ってきたのが、画像のバーベキューチーズから揚げ丼。

マヨネーズを千切りキャベツにつける

このケチャップの中がどんなのか気になるところですが、とりあえず付属のマヨネーズを千切りキャベツの部分にかけます。

BBQチーズのトッピング

ケチャップの下のバーベキューチーズ

表面のケチャップの下を覗いてみるとチーズが見えます。これが今回の主役のバーベキューチーズ。

バーベキューと名前に入っているのでトッピングに焼肉もあるのかとも思ったのですが、値段的に考えてもさすがにそこまでではありませんでした。

ゴロゴロした大きな唐揚げ

ケチャップがかかったから揚げ

このから揚げ丼には大き目のから揚げが3つ載っていました。

から揚げの鶏肉

中の鶏肉も柔らかい仕上がりで衣はサクサク、旨味の利いた味わいです。

ちょうど昼時でお腹がすいていたのと、自分はから揚げもののメニューというのはあっというまに食べつくしてしまう癖があるようです。

食べ終わってから気づいたのですが、今回もメインのから揚げにはチーズとケチャップがついているのですが、吉野家では千切りキャベツがつく丼ぶりメニューにはマヨネーズを添えてくれる確率が高いです。

もちろん味的には両方あったほうが嬉しいですが、今回はチーズとケチャップとマヨなので豪華すぎな感じもしました。