今いるこの場所が頂(天辺)

ひたすら上を目指し時には挫折しながら挑戦してきた私たちの毎日。実は今いる場所こそが天辺(頂)であったりしないでしょうか?もしかしたらチャンスは目の前に転がっているのかも知れません。

今いる場所を的確に知ることができなければ、そこにあるチャンスにさえ気づくことができないのではないでしょうか。

天辺にいる自分に気づこう

石の上にも3年という言葉があります。

ところが、世の中はそんなに甘くなくて3年どころかそれ以上継続しても成果が出ない仕事は少なくありません。

逆に、仕事を器用にこなせる人の中にはあらゆるジャンルで短期間に成果を出せる人もいるのは確かです。

はたして自分は器用な人間かと考えたとき、「いやいや、自分はもっと頑張らなければ」と意気込む方が多いのではないでしょうか。

現状に甘んじることのない姿勢というのは大切です。

そして、自分の能力を的確に把握するのは意外に難しいもの。

もしかしたら、努力し続けてきた自分は既に天辺にいるのかも知れません。

今いる場所に上り坂が見あたらないのであれば、そこは広い頂だと考えられます。

もしそこが天辺であるなら、今まで通り試行錯誤するより霧が晴れるのを待てば、周りには美しい景色が広がっている可能性があります。

自分の成果を認める時期

人が趣味や仕事で設定する目標は様々で、目指す到達点にも多くの態様があり何処がゴールなのか見極め方もそれぞれです。

もし自分を充分な大人と信じることができるなら、自分なりの頂点に達しているのではと疑ってみてはどうでしょう。

今まで、ひたすら足りないと追い求めていきたノウハウや技術というものは既に身についていたりしないでしょうか。

周りがせわしく動いていて、成長段階の外形を要しているから自分も似たようなものだと過小評価したりしていないでしょうか。

自分の低く評価し、常に何かを追い求める姿勢がクセになっているなら一度冷静になって何がどれくらい足りてないのか確認してみましょう。

世間一般の物差しというのが使えるなら、自分はもう仕事や趣味で充分な成果を出せるほど成長していることもありえます。

もう既に自分は頂に立っているかもしれません。

努力だけが好きなら、また別な頂上を目指せば良いし更に望むなら別なステージに移ることを考えても良いでしょう。

自分は本当に周りと同じく何時までも迷える大人なのか少し足を休めて立ち止まってみることも大切ではないでしょうか。

今いる場所を楽しむ

このブログは長年使用していたタイトルを変更しています。

当初、日頃解決したいテーマをネタに記事を投稿していく予定でしたが、自分でコミットできない面倒な課題がテーマだと目的としていたジャンルの記事を進んで書き積み上げていくことができません。

書いてきたのは身の回りの生活感がにじみ出た出来事がほとんどでした。

そんなネタの積み重ねにより超スローテンポで成長してきたこのブログサイトも、ようやく人並み程度のアクセスをいただけるまで成長できました。

明確な目標そのものすらハッキリせず迷い進んできた中で、今となっては少しの成果はあったものと実感しているところです。

自分ではこのブログの到達しているであろう場所が天辺であると信じて、これから先は天辺での時間を楽しみむつもりで運営に取り組んでいきたいところです。

登りつめたのは高い山の頂上ではないかも知れませんが、これ以上を望むより今の居場所を楽しむことのほうが大人の自分には必要だとも感じています。

「今いるこの場所がイタダキ(天辺)」

これから先は自分の居場所が定まった感覚でブログを運営し、自分の居場所(頂)から発信するつたない情報が訪れた方にほんの少しでも楽しんでイタダケルよう継続していきたいと考えています。

正規化された URL:

 

EneKey(エネキー)を発行してもらった

ENEOSのセルフスタンドで使えるスピード決済ツールEneKeyを作成してもらいました。

車にガソリンを入れる度に給油機械の液晶モニタに表示されるシャア・アズナブルに影響されたという訳でもありませんが、実際に手にしてみると結構便利でスマートに使えています。

EneKeyが便利な理由

今回、EneKeyを持っていたら便利だろうと感じた理由は次の二つです。

ガソリンカードの常時携帯を回避したい

毎日通勤している勤務先が、マイカー通勤必須の立地なので、財布の中には常時ガソリンカードを入れているのですが、これが気になって仕方がない場面がありました。

私の場合、中距離の旅行でも車を使うことはありません。

近県への外出でさえ、使うのは鉄道ですので旅先でガソリンカードは必要ないと感じるのと、旅行には必要外のクレジットカードを携帯したくないのが正直なところ。

そもそも、鉄道を使っての旅行ならJR系のカードを持ち歩くのが便利です。

そんなことから、旅行の時にガソリンカードを家に置いて出かけてそのままにしてしまい、帰ってきてから車を使いガソリンを入れるときにガソリンカードを持っていないことに気づくということが何度かありました。

給油時に財布を取り出さずに済む

ガソリンカードは支払い時に小銭を扱わなくて済むのと、給油単価が安くなる点で重宝しますが、給油のたびに財布からカードを取り出すのが面倒です。

財布を出すのが面倒なのは現金の場合も同じですが、そんなことを感じた瞬間にタイミング良く目の前にガンダムのキャラクターが現れて「エネキーどうよ?」みたいなこと言ってるもんですから影響されてしまうのは仕方がないことでしょう。

EneKeyを使えば、旅行の時にガソリンカードを持って歩かなくて済みますし、車にガソリンを入れるときに財布とは無縁になります。

車のスマートキーに付けておけば、車への給油時に決済手段を家に忘れることがありません。

こうして今までの心配事はEneKeyによって両方一気に解決できるというワケです。

なお、EneKeyはセルフスタンドでの灯油の購入にも使える。

発行時に必要なもの

この便利なEneKeyは近くのENEOSスタンドで申し込み(ENEOSカードを既に所持)を行い発行してもらいました。

EneKeyの発行に必要なものは、クレジットカードと免許証だけです。

ENEOSカードを発行してもらった給油所にこだわることなく最寄りのENEOSで申し込めます。

スタンドでの申し込み

EneKeyを申し込む際のポイントは、発行後すぐにEneKeyを使って給油できるので、利用方法を教えてもらいたいときは車への給油を後回しにしガソリンスタンド内の駐車スペースへ車を止め先に申し込み手続きをすると良いでしょう。

あとはENEOSスタンドの店員にEneKeyを作って欲しいと声をかければ申し込み方法を説明してくれるはずです。

実際の申し込みは店頭のタブレットを使用して運転免許証をスキャン(個人情報の利用について承諾が必須)し、読みとった住所氏名などの情報に間違いないかをチェックすることになります。

同様にクレジットカードの情報も登録。

氏名のフリガナはタブレットにペンを使用してカタカナで直接書き込みます。

最後に申し込み内容の最終確認を済ませたら、タブレットの画面にサインをして申し込み手続き完了となります。

EnwKeyの表側

スタンドで発行してもらったEnwKey

薄く持ち歩きやすいEneKey

厚さは約3mm

エネキーの裏側

裏側は無地

申し込みにかかる時間は15分ほどで、手続き後はすぐにEneKeyを受け取れます。

発行後すぐに簡単給油

EneKeyを使った給油は簡単でした。

給油スペースに車を止めなおし降りた後、EneKeyを給油機にかざすだけです。

その後は、機械の案内に従い油種を選択、数量の指定、静電気除去シートに手を振れてから給油開始といった通常の手順。

最後に、キャップを閉めてからレシートを受け取って終了です。

これでもうガソリンカードを財布に入れっぱなしの習慣からは解放されることになりました。

今後は、車のスマートキーと一緒にしておけば車を使用する日だけ専用の決済ツールを持ち運べば良いことになります。

AMP対応でアイキャッチのサイズを修正

当ブログサイトをAMP対応させたらGoogleSearchConsoleで「推奨より大きい画像サイズをしてください」というエラーが発生したため対応しました。

はてなブログでのAMP化は、このアイキャッチサイズの変更が一番大変でした。

推奨より大きい画像サイズを指定してください

SearchConsoleのエラーに気づいたのは、ブログをAMP対応させて数日経ってからでした。

有効(警告あり・・)のところに10以上の数が表示されているのに気づきます。

WordPressではプラグインを使ってのAMP対応で技術的なエラーが発生することがありますが、はてなブログではAMP対応は自動で行われるのでエラーの発生はないと思っていました。

このアイキャッチが小さすぎることによるエラーは、はてなブログに限らずAMPの仕様に的さないことにより発生しているようなので対応することにします。

画像サイズを大きく修正後に再検証

アイキャッチのサイズエラーは、使用している画像のサイズを1200px以上に修正する必要があるようです。

今まで、当サイトではアイキャッチの設定は関連記事一覧に表示されたときのためだけに設定していました。

注目記事や関連記事にページタイトル表示されたときにアイキャッチ画像がないと様にならないと感じていたためです。

それだけが目的であれば、320×240などの小さな画像で事足りていたのですが、推奨サイズの1200px以上の横幅に作成し直し再検証をしました。

その後、いくつかの記事は再検証に合格するも、また別な記事のアイキャッチエラーが出るのを繰り返し20~30程度の記事のアイキャッチを修正したところでアイキャッチエラーは検証に合格し落ち着いています

AMP化後もアイキャッチは必要

はてなブログは、AMP対応させるとページが簡素化されたデザインになりサイドバーにあったメニューも表示されなくなりますが、記事下に関連記事を表示させている場合はAMPページにも同様に表示させることが可能です。

このことからも、記事ごとに的確なアイキャッチ画像を設定しておくことが理想的であるようです。

私のように、今まで抜粋や一覧表示の為だけに小さなアイキャッチを設定していた方は修正が大変かと思いますがAMP対応には必須の作業のようです。

ステーキにカレーのトッピング

いきなりステーキでスパイシーカレーのトッピングが注文できるとのことで試してみることにしました。

鉄板メニューに限り頼めるそうなのでステーキと一緒に注文してみます。

ミドルリブステーキでカレー

いきなりステーキでは、ステーキメニューの添え物の種類を変更できることを以前に記事で紹介させていただきました。

スパイシーカレーのトッピングは、それらとはまた別枠で価格も別設定。

ミドルリブステーキ

今回カレートッピングのターゲットにしたのはミドルリブステーキです。

ミドルリブステーキの焼け具合

例によってレアーを勧められましたがミディアムで注文。

レアーの焼き加減は人に任せたら後悔しそうなので、これくらい火が通っていたほうが安心です。

ステーキにカレーをかける

トッピング用スパイシーカレー

こちらがトッピング用のスパイシーカレー。

スプーンですくったTPカレー

普通のスープ用のカップにはいてきました。

ステーキにカレーをかける

ステーキにカレーが合うかどうか微妙だと思う人は小数ではないことでしょう。

とりあえず全体にカレーを載せる冒険は避け、ミドルリブステーキの鉄板の端にカレートッピング用のスペースを設けて一切れ分で味を確かめることにします。

フォークに刺したカレーステーキ

一口食べてみた感想は、牛肉の風味が増したビーフカレーといったところでしょうか。

二切れ分食べたところで、カレーをかけるのをストップしました。

これは、結構好みが分かれるというか牛肉よりカレーが好きな人のためのトッピングと考えて良いでしょう。

残りのステーキはカレーをかけずにいただきました。

今回は、ライスなしで注文していたのでご飯にカレーをかける用途には使えませんでしたが、トッピングカレーはライス用と考えたほうが無難なようです。

また、トッピング野菜を追加で注文したときにタマネギやブロッコリー(トッピングの種類は時期や店舗で異なる)でカレーを楽しむこともできそうです。