今いるこの場所が頂(天辺)

ひたすら上を目指し時には挫折しながら挑戦してきた私たちの毎日。実は今いる場所こそが天辺(頂)であったりしないでしょうか?もしかしたらチャンスは目の前に転がっているのかも知れません。

今いる場所を的確に知ることができなければ、そこにあるチャンスにさえ気づくことができないのではないでしょうか。

天辺にいる自分に気づこう

石の上にも3年という言葉があります。

ところが、世の中はそんなに甘くなくて3年どころかそれ以上継続しても成果が出ない仕事は少なくありません。

逆に、仕事を器用にこなせる人の中にはあらゆるジャンルで短期間に成果を出せる人もいるのは確かです。

はたして自分は器用な人間かと考えたとき、「いやいや、自分はもっと頑張らなければ」と意気込む方が多いのではないでしょうか。

現状に甘んじることのない姿勢というのは大切です。

そして、自分の能力を的確に把握するのは意外に難しいもの。

もしかしたら、努力し続けてきた自分は既に天辺にいるのかも知れません。

今いる場所に上り坂が見あたらないのであれば、そこは広い頂だと考えられます。

もしそこが天辺であるなら、今まで通り試行錯誤するより霧が晴れるのを待てば、周りには美しい景色が広がっている可能性があります。

自分の成果を認める時期

人が趣味や仕事で設定する目標は様々で、目指す到達点にも多くの態様があり何処がゴールなのか見極め方もそれぞれです。

もし自分を充分な大人と信じることができるなら、自分なりの頂点に達しているのではと疑ってみてはどうでしょう。

今まで、ひたすら足りないと追い求めていきたノウハウや技術というものは既に身についていたりしないでしょうか。

周りがせわしく動いていて、成長段階の外形を要しているから自分も似たようなものだと過小評価したりしていないでしょうか。

自分の低く評価し、常に何かを追い求める姿勢がクセになっているなら一度冷静になって何がどれくらい足りてないのか確認してみましょう。

世間一般の物差しというのが使えるなら、自分はもう仕事や趣味で充分な成果を出せるほど成長していることもありえます。

もう既に自分は頂に立っているかもしれません。

努力だけが好きなら、また別な頂上を目指せば良いし更に望むなら別なステージに移ることを考えても良いでしょう。

自分は本当に周りと同じく何時までも迷える大人なのか少し足を休めて立ち止まってみることも大切ではないでしょうか。

今いる場所を楽しむ

このブログは長年使用していたタイトルを変更しています。

当初、日頃解決したいテーマをネタに記事を投稿していく予定でしたが、自分でコミットできない面倒な課題がテーマだと目的としていたジャンルの記事を進んで書き積み上げていくことができません。

書いてきたのは身の回りの生活感がにじみ出た出来事がほとんどでした。

そんなネタの積み重ねにより超スローテンポで成長してきたこのブログサイトも、ようやく人並み程度のアクセスをいただけるまで成長できました。

明確な目標そのものすらハッキリせず迷い進んできた中で、今となっては少しの成果はあったものと実感しているところです。

自分ではこのブログの到達しているであろう場所が天辺であると信じて、これから先は天辺での時間を楽しみむつもりで運営に取り組んでいきたいところです。

登りつめたのは高い山の頂上ではないかも知れませんが、これ以上を望むより今の居場所を楽しむことのほうが大人の自分には必要だとも感じています。

「今いるこの場所がイタダキ(天辺)」

これから先は自分の居場所が定まった感覚でブログを運営し、自分の居場所(頂)から発信するつたない情報が訪れた方にほんの少しでも楽しんでイタダケルよう継続していきたいと考えています。

正規化された URL:

 

もう会話をするときだけマスクで良いのでは?

今、外を歩くときにマスクは必須アイテム、街を行き交う人々の顔にマスクは欠かせない物となってしまっています。

この先、数ヶ月後か何年か後には皆で思い出してアレは異様な光景だったよなという話になることを期待しているところです。

なお、当記事は個人の感想を書いたもので、マスクの着用の有無について特に広く呼びかけるものではありません。感染予防対策は公的機関の提供する最新の情報に従いましょう。

マスク着用より大事なこと

新型コロナウイルス感染症が広まりはじめてから、その対策としてマスクの着用が有効だとは早い時期から言われていて、実際にもその通り他人への飛沫感染防止の観点から有効に作用しているようです。

しかし、感染者数が増加する中で分かってきたことがあります。

感染者が発生しやすい場所が、やはり極度の密閉空間や密集場所であることが確実だということ。

カラオケ店や接客を伴う夜の店などでは、それなりの対策がとられていなければかなりの確率で感染者が出てしまうことが分かっているようです。

そして、これらの場所で共通するのが密集空間であることのほかに、店員と客、または客同士の間で「会話が継続される」こと、当然これに加え飲食を伴うことによる感染リスクも生じるでしょう。

歌を歌うことでも、会話と同様の効果で感染リスクが高まることが分かります。

複数人で食事をとるのは、昼休みの社内やファミレス、牛丼屋などでもなされる行為で日常的に避けがたく、通常に設定される距離が確保されていて短時間であれば、危険性は薄そうに感じます。

こう考えると、問題は人同士の会話が継続され続けることが今のところ最も気を付けるべきことではないでしょうか。

不用心な会話が感染につながる?

人が相手と話す際、歌を歌う際に発声をする。このときの飛沫が感染の大きな要因であるならば、そのことが間違いないと確信できるならばの話になりますが、声を出す際の飛沫防止、いわゆるマスクの着用(距離の確保も併せて)を徹底すれば感染予防の効果は大きくなりそうです。

逆を言えば、屋外で散歩や通勤などの歩行の際には、声の発声を伴わないのであれば、感染の危険は少ない状況と言えそうです。

換気の良い電車内やパチンコ店でクラスターが発声したなどとも聞きませんし、総じて会話が少ない場所では感染リスクは少ないと思われます。

もしそうであるなら、屋外での歩行時や換気が行き届いた屋内で人との距離が確保できている環境で会話の必要がそもそもないのであれば、マスクは不要に感じないでしょうか?

この理論からすると、必要が生じて他人に話しかけるときに急にマスクを取り出して着用することを迫られそうですが、四六時中、場所も時も選ばずマスクをしなければならないよりはマシなことでしょう。

マスクはいつまで必要か

そんなわけで、個人的にはマスクの着用はその場の状況に応じて判断でも良さそうだと感じるのですが、行政など感染予防を指導する側からすれば、ここまで行き届いた感染予防策(皆の習慣)を緩めることは今の時点ではないと思われます。

もうそろそろマスクなしでも?

 

熱中症対策の際に、時と場所を判断してという呼びかけはありましたが、ワクチンが利用できる体制が整う、または感染状況が大幅に改善されるなどの事態の好転が無い限りは今と同じ感染対策を継続しなければならないでしょう。

それと、マスクを大量に配ってしまった日本政府としては、マスクなしでもある程度などとは、しばらく言えなそうです。

なにより、予防策を緩和したとたんに数字の悪化が認められれば、それがマスクの有無に関係あろうが無かろうが、それを判断した人が攻められるのは間違いないので、しばらくマスクとのおつき合いは避けれれそうにないことでしょう。

ニュース番組がテレワークを良かれと報道しすぎている

新型コロナウイルスの影響により私達は人との接触に制限が必要になってきています。

そんな中で盛んに叫ばれるようになったのが「テレワークの活用」。

新型コロナの蔓延対策にテレワークが有効なのは理解できますが、すべての労働者がテレワークを実践し従来と同じ成果を得ることは困難であるのは確かでしょう。

いい大人なら、ちょっと考えれば分かる話です。

どう転がってもテレワークが不可能な仕事

以前に厚生労働省がテレワークを推奨するために作った資料を見てみると、テレワークが可能な業務というのは限られていて、事業所内でそうした業務を探り出して可能な仕事のみをテレワークに割り当てるといった内容だったと思います。

いわゆる、企画や設計、開発などの分野の業務やそれらの成果を集計する内容の仕事などのほか、IT分野に関連する事業はそもそもテレワークのみで仕事が可能になったりします。

しかし、こうしたテレワークが可能な仕事というのは日本の産業においてごく一部です。

建設業や交通関係、医療や介護などの業種に就いている人はけして少なくはないし社会の根幹を担っている方たちです。

全国の労働者をテレワーク可能な仕事に移行しようなどというのは、そもそも社会が成り立たないことになってしまうでしょう。

産業構造とテレワーク

情報通信が発達した現代においても、取得しづらい情報というのがいくつかありますが、日本の経済や社会において基礎的な大きな数字というのは、いったい何処にアクセスすれば得られるのか正直、一般人には難しいものです。

GDPや国家予算など、一見分かりやすそうな単純な数字でさえ我々一市民はどこから情報を得れば良いのか直ぐには分からないものではないでしょうか。

国内の産業構造というのも、私達が新しいデータを知りたいと思っても調べる手段に迷ってしまうでしょう。

今、話題のタレントに関することや流行のファッションについては簡単に欲しい情報が得られるのに、最も重要で一般知識として知りたい基礎的なデータは探すのに時間がかかるし、アクセスできるのは2、3年前の古い資料なのです。

NHKがニュース番組で、コロナ渦の影響によりテレワークが浸透してきていて、業種によっては成果が上がっているとの報道をしているのを最近見かけました。

世の中の多くの人が、この厄介な感染症のお陰で不安な毎日を送る中で、やや不謹慎に近い内容だったと受け取ったのは私だけではないでしょう。

現在の日本の産業構造ではテレワークが可能な業種というのは半分以下のはずです。

多くの人にとってテレワークは、この先も無縁なものであることでしょう。

世の大半の仕事はリモートでこなせない

そもそも、テレワークが本当に必要なのは育児や介護の問題を抱えながら働く人たちであったはず。

それを一部の業種がテレワークで業績が改善されただの、この先オフィスが要らないなど、限定された業種の利益だけを強調する本来のテレワークの目的を履き違えた報道がなされれることは視聴者として不愉快なことはもとより有益な情報でもないし社会的な知識にもなりえません。

テレビ局が一部の人しか該当しない出来事を、さも有用で最新のニュースかのように扱うのは社会に寄り添った立場で働く労働者を無視した差別的報道ではないでしょうか。

通信ネットワークを利用してリモートワークの実現が可能なのは、まだ一部の人達ではなく、この先近い将来もまだまだ一部の人達です。

コロナの影響で直ぐに接客商売が無になることは考えられず、医療や介護、製造や建設、農林水産業など様々な分野の業種がこの先も必要であるのは間違いありません。

テレワークが可能であるということは、いわばホワイトで恵まれた職業に就いている、またはそうした立場にある人であるといっても良いでしょう。

それを、感染防止のためにテレワークを推奨しましょうなどとメディアが一般視聴者を巻き込み無神経に取り上げるのは直接社会に係わって働く人達を無視した差別的な言動ではないでしょうか。

大半の労働者はテレワークができない立場なのです。

少なくとも、今回のコロナ騒ぎの記憶が残り続けるうちは私達が働く産業の割合に大きな変化はないことでしょう。

EneKey(エネキー)を発行してもらった

ENEOSのセルフスタンドで使えるスピード決済ツールEneKeyを作成してもらいました。

車にガソリンを入れる度に給油機械の液晶モニタに表示されるシャア・アズナブルに影響されたという訳でもありませんが、実際に手にしてみると結構便利でスマートに使えています。

EneKeyが便利な理由

今回、EneKeyを持っていたら便利だろうと感じた理由は次の二つです。

ガソリンカードの常時携帯を回避したい

毎日通勤している勤務先が、マイカー通勤必須の立地なので、財布の中には常時ガソリンカードを入れているのですが、これが気になって仕方がない場面がありました。

私の場合、中距離の旅行でも車を使うことはありません。

近県への外出でさえ、使うのは鉄道ですので旅先でガソリンカードは必要ないと感じるのと、旅行には必要外のクレジットカードを携帯したくないのが正直なところ。

そもそも、鉄道を使っての旅行ならJR系のカードを持ち歩くのが便利です。

そんなことから、旅行の時にガソリンカードを家に置いて出かけてそのままにしてしまい、帰ってきてから車を使いガソリンを入れるときにガソリンカードを持っていないことに気づくということが何度かありました。

給油時に財布を取り出さずに済む

ガソリンカードは支払い時に小銭を扱わなくて済むのと、給油単価が安くなる点で重宝しますが、給油のたびに財布からカードを取り出すのが面倒です。

財布を出すのが面倒なのは現金の場合も同じですが、そんなことを感じた瞬間にタイミング良く目の前にガンダムのキャラクターが現れて「エネキーどうよ?」みたいなこと言ってるもんですから影響されてしまうのは仕方がないことでしょう。

EneKeyを使えば、旅行の時にガソリンカードを持って歩かなくて済みますし、車にガソリンを入れるときに財布とは無縁になります。

車のスマートキーに付けておけば、車への給油時に決済手段を家に忘れることがありません。

こうして今までの心配事はEneKeyによって両方一気に解決できるというワケです。

なお、EneKeyはセルフスタンドでの灯油の購入にも使える。

発行時に必要なもの

この便利なEneKeyは近くのENEOSスタンドで申し込み(ENEOSカードを既に所持)を行い発行してもらいました。

EneKeyの発行に必要なものは、クレジットカードと免許証だけです。

ENEOSカードを発行してもらった給油所にこだわることなく最寄りのENEOSで申し込めます。

スタンドでの申し込み

EneKeyを申し込む際のポイントは、発行後すぐにEneKeyを使って給油できるので、利用方法を教えてもらいたいときは車への給油を後回しにしガソリンスタンド内の駐車スペースへ車を止め先に申し込み手続きをすると良いでしょう。

あとはENEOSスタンドの店員にEneKeyを作って欲しいと声をかければ申し込み方法を説明してくれるはずです。

実際の申し込みは店頭のタブレットを使用して運転免許証をスキャン(個人情報の利用について承諾が必須)し、読みとった住所氏名などの情報に間違いないかをチェックすることになります。

同様にクレジットカードの情報も登録。

氏名のフリガナはタブレットにペンを使用してカタカナで直接書き込みます。

最後に申し込み内容の最終確認を済ませたら、タブレットの画面にサインをして申し込み手続き完了となります。

EnwKeyの表側

スタンドで発行してもらったEnwKey

薄く持ち歩きやすいEneKey

厚さは約3mm

エネキーの裏側

裏側は無地

申し込みにかかる時間は15分ほどで、手続き後はすぐにEneKeyを受け取れます。

発行後すぐに簡単給油

EneKeyを使った給油は簡単でした。

給油スペースに車を止めなおし降りた後、EneKeyを給油機にかざすだけです。

その後は、機械の案内に従い油種を選択、数量の指定、静電気除去シートに手を振れてから給油開始といった通常の手順。

最後に、キャップを閉めてからレシートを受け取って終了です。

これでもうガソリンカードを財布に入れっぱなしの習慣からは解放されることになりました。

今後は、車のスマートキーと一緒にしておけば車を使用する日だけ専用の決済ツールを持ち運べば良いことになります。