頭上から美味しい事が舞い降りるライフスタイル

自由な時を迎えた休日の朝、どんな心構えでスタートを切れれば充実した日が送れるのでしょう。

新着情報

そこでお薦めしたいのは「棚からぼた餅」的な過ごし方。緩く緊張感少なめに過ごしたい休みの日ですが、何か楽しいことや贅沢に出くわしたいのが私達の理想です。

望む棚からぼた餅

仕事の日とそれ以外の休日との大きな違いを考えた場合に思いつくのは、仕事の日には常に成果を求められている或いは目的に向かって淡々と作業をすすめる必要があり、休日は必ずしも何かを求める必要はないということがあります。

しかし、何も求められなていないからといって一日を漠然と過ごしてしまうと、せかくの休みに何も面白いことがなかったと後悔してしまうことにもなりかねません。

自分の趣味に簡単な目標を設定し、ほんの少しの結果が得られれば、または結果は得られなくても新鮮な体験をすることができれば、プライベートな時間を充実して過ごせたという意味では合格点でしょう。

逆にそれ以上の満足のいく成果を求めてしまうと休日を楽しく過ごすための「ゆるーい心構え」から逸脱してしまいそうです。

趣味に限らず普段の生活行動の中のちょっとした体験をここに記事として書き出すことが私のプライベートな時間の充実ということになります。

望む棚からぼた餅

これまで書いてきた記事の中には、ありがたいことに関心をもって読んでもらえたものもいくつかあるようで冷静に考えると、それは正に「棚からぼた餅」的な成果でありました。

アクセス数を求めて書く個人サイト(ブログ)は、読者像を想定し読む人へ利益をもたらす優秀な記事を投稿しなければなりません。しかし、そのために休日の貴重な時間を割くのは心地良い過ごし方とは言えないでしょう。

今日は街へ出て、あんな事やこんなコトをしてみよう。という小さな目標の成果がたまたま人の興味と合致して少しばかりのアクセス数があった。

正直これが当サイトの運営スタイルです。

多くのファンを得ようとするには邪道な運営手法ですが、これをあえて認めることで自分のプライベートの時間は守ることができ、成果に縛られている意識も少なくなりました。

目的が不明確なら歩き回る

数日続いた仕事のストレスからポッと開放された瞬間に、自分のやりたかったことが直ぐ思い出される方々を羨ましく思います。

自分の場合、長い仕事のストレスから1日や2日開放されると「自分何したかったっけ?」となったり、あまりに重圧感が継続した後だと当初予定していた趣味の予定では満足しきれない心境になったりします。

当然、当サイトの趣旨である「棚からぼた餅」的思想に行きつけるネタも見つかりません。

そんなときは、取り敢えず外へ出て歩くことにしています。

犬にも劣り何にも当たらない日も多くありますが、街を歩き人の意識や時代の風のようなものを肌で感じることは大切なことでしょう。

そんななかでの、わずかな体験談や知り得た情報などを今後も積み重ねて行ければと考えています。

わらしべ長者にヒントを得る

棚からぼた餅的な思想を持って大きな口を開けながら歩いても、口の中にぼた餅が転がり込んでくることは滅多にないのは事実です。

ただ、美味しい「ぼた餅」に通じる何かを見つけることはできそうです。

記事のネタにはならなくても、時には人に言えない得別な「オイシい体験」ができることだって期待できます。

街を歩いていて手にすることができた小さなネタが、更に進んだその先で一回り大きな知恵に進化してくれる「わらしべ長者」のような出来事は充実した休日を過ごすために、または個人で情報を配信する場合の大きなヒントに繋がります。

自由な時間を過ごすために、時には結果を意識しすぎないこと、緩い人並な過ごし方を楽しむテクニックを身につけることで得られる利益も少なくないでしょう。

正規化された URL:

 

軽自動車のタイヤECOS_ES31の手組み【ビードヘルパーを使用】

軽自動車のノーマルタイヤ(14インチ)を手組みで交換してみました。

納車時から使用したBluEarthから同じヨコハマタイヤの「ECOS ES31」155-65R14への交換でN-ONEの純正ホイールへ組み込みます。

作業に当たっては安全性確保のため専門知識が必要です。以下の記録は手組について同様の作業を推奨するものではありません。

純正ホイールからの取り外し

最初にホイールから古いタイヤを外していきます。

タイヤのエアーを抜く

タイヤを外す前にバルブの芯を緩め中の空気を抜きます。

バルブコアを抜く

エアが全部抜けてからバルブコアを外す

全部抜けきったところでバルブコアを取り出します。

ビードを落とす

ビードブレーカーを使う

ビードブレーカーでビードを落とし込む

エアが抜けたタイヤをビードブレーカーにセットしてビードを落とします。

これを使わないとリムにハマっているタイヤの耳がなかなか外れません。

タイヤレバー2本を入れる

タイヤレバーを1本ずつ入れていく

続いて、タイヤレバーを使いビードを表に出していきます。今回はタイヤレバーで傷が付きににくくするためリムプロテクターを使ってみました。

やはりヨコハマタイヤは作業しやすいです。この状態でも外せそうですがタイヤレバーをもう一本入れます。

3本目のタイヤレバーを入れる

レバーを3本かけたところでリムから外れる

後の組み込み時にはビードヘルパーを使っていますが、取り外しの時にも使えば作業が楽かもしれません。

作業にはタイヤレバーを3本用意しておけば間違いないでしょう。

内側からホイールを押し出す

タイヤからホイールを取り出すには残った内側のビードとリムの間にタイヤレバーを入れてテコの原理で押し出します。

タイヤからホイールを抜く

このとき使い古しのタオルなどを間に挟めばホイールにつく傷が少なくて済みそうですが作業後に気づきました。

画像のようにレバーをかけた状態でゴムハンマーなどでタイヤを軽くたたくとホイールがポロリと抜けます。

外れたホイール

外れたホイールとリムプロテクター

目立つ傷がない状態で取り出せたホイールです。

他3本もこの程度で済ませたいところですね。

タイヤバルブの交換

古いエアーバルブを外す

長年使用したタイヤを交換する際にはタイヤバルブも交換してしまいましょう。

blog.danman.jp

新しいバルブの装着については別記事にまとめてあります。

ホイールバランス用のウエイト

ウエイトも外す

外したウエイトとバルブ

古いバルブと新品のバルブ

完成後に新しいタイヤでバランスを取り直してもらうので、バルブの付け替えと同時にリムに挟んであるウエイトも外してしまいました。

新しいタイヤの組み込み

ホイールに新しいバルブが付いたら、いよいよ新しいタイヤを組み込む作業に移ります。

ビードにワックス(ビードクリーム)を塗布

作業に当たってビードワックス(ビードクリーム)をタイヤ両面のビードに塗ります。

ビードヘルパーの利用

作業に使うビードヘルパー

作業に使うビードヘルパー

先に、寝かせてある新しいタイヤに、バルブ側を下にしてホイールを斜め方向から押し込んでいきます。

新品タイヤにホイールを押し込む

この時点で、タイヤの軽点とバルブの位置は合わせておいた方が良いでしょう。

ビードヘルパーの設置

画像のように手前側にビードヘルパーを2つ設置しホイールの内側にビードを一時的に固定させます。

タイヤレバーでビードを入れる

タイヤレバーでビードを入れる

ビードをめくり上げた時をは逆の要領で、今度はリムの内側にタイヤレバーで入れていきます。

新しいタイヤがホイールに入った

今回はビードヘルパーを使っているせいか、2本目のタイヤレバーを外側に向けた時点で完全にビードを入れることができました。

スポンサーリンク
 

ビードヘルパーを使わなかったときは、タイヤの手前部分を両足で踏み込んでビードを落としながら作業をしていたので大変でしたが格段に楽になっています。

ビードを上げる

上の手順で4本すべて組み上がったら、エアーコンプレッサーを使用してビードを上げます。

ビードがハマっていない新品タイヤ

エアーコンプレッサーが無ければ、ガソリンスタンドやカーショップに持ち込むなどしてビードを上げてもらいます。

このとき、有料にはなりますがホイールバランスの取り直しを依頼しておけば安心です。

ビードがハマったN-ONEのタイヤ

今回の作業、綺麗な純正ホイールに傷が付くのが心配でしたが、工具がほぼ揃っているので自分で作業してみました。

ホイールに多少の傷は付きましたが、純正ホイールも一度経験したおかげでコツが分かったので次回からは傷は少なく小さく済みそうです。

N-ONEノーマルタイヤの交換【DBA-JG1:155/65R14】

N-ONEのノーマルタイヤは納車時からずっと純正タイヤのBluEarthを履き続けてきましたが接地面の磨耗が進んだため新しいものへ交換することにしました。

新しいタイヤに選んだのは同じヨコハマタイヤのECOS_ES31です。

純正からYOKOHAMA_ES31へ

ノーマルタイヤを選ぶ際に条件としたのは、手組みが楽なビードの柔らかいタイヤであること、エコタイヤで価格が安価であることです。

まず手組みが楽なことを考えると経験上、純正と同じヨコハマタイヤの製品を選ぶことが出来ればと考えました。

ECOS_ES31のラベル

純正と同じ155/65R14 75S

エコスES31のタイヤサイド

加えてエコタイヤであることと求めやすい価格で考慮し選んだのがヨコハマの「ECOS ES31」になります。

履きつぶした純正タイヤ

N-ONE_DBA-JG1の指定タイヤサイズは155/65R14。

155-65R14のN-ONE純正タイヤ

純正のBluEarthA34

純正タイヤBluEarth155-65R14_75S

155-65R14_75S

14×4_1/2Jの刻印があるN-ONE純正ホイール

N-ONEホイールの刻印14×4_1/2J

参考までにですがN-ONEのホイールには画像のような刻印が入っています。

この手の数字が気になる方は、もっとカッコイイホイールに変えちゃうんでしょうね。

右がホイール付き純正タイヤ

左が新しいES31

純正タイヤはヨコハマタイヤのBluEarthA34でしたがこれを左にある新しい「ECOS ES31」に履き替えます。

タイヤパターンの比較

組み替えるECOS_ES31と純正タイヤの山を比較してみました。

純正とのパターン比較

右の純正タイヤは7年使いましたので7シーズン約55,000km。

夏は車をあまり使用しないライフスタイルなので、実際の走行距離は20,000km程度かと思いますが軽自動車はタイヤの回転も多くなることを考えると酷使しすぎました。

また使用年数によるのか、ここ最近になって一段と磨耗が進んだような感じがしました。

新品タイヤ4本とビードブレーカー

新しいECOS ES31はネットで購入しましたが、この後、手組みでホイールを入れ替えることにします。

はてなブログの記事内にRSSによる新着を表示

はてなブログの記事中の任意の場所へRSSフィードによる新着記事を一覧で表示させてみました。

RSSで取得した更新情報を記事タイトル、サイトタイトル、投稿日の順に出力させ新着順にソートし、インラインフレームでトップの固定ページ(PRO版)へ埋め込んでいます。

RSSフィードを「はてなブログ」で表示する方法

当サイト(はてなブログPRO)の記事内にRSSフィードの新着記事を表示するために「simplexmlを使った方法」を実践してみました。

q.hatena.ne.jp

コードの記述については既出のもので上のリンクを辿れば確認できるため、当サイトで詳細な説明は控えさせていただくこととします。

そのため大まかな手順のみ解説します。

※コードの利用や当記事に書いてある内容を参考にしてのページの公開は自己責任でお願いします。

新着情報を表示する手順

今回用いた手法は、一般にWordPressなどに用いられるRSSによる新着記事を表示させるコードなどを使いページを作成して、それをはてなブログの記事中へインラインフレームで表示させる方法です。

はてなブログ以外のサーバーを準備

はてなブログの記事中にはRSSを表示させるためのコード(simplexml)を直接記述できないので、掲載したい新着一覧のみのHTMLページを「はてなブログ」とは別のサーバー内に作成します。

このため別途サーバーが必要になります。

また、使用するサーバーによってはsimplexml_load_fileが使えないなど自分の目的と合わないこともあるので注意が必要です。

Feedを取得するためのコードを記述

準備したサーバーの任意の場所に、新着一覧を表示するためのHTMLページを作成しアップロードする(例:shinchaku.php)。

なお、このHTMLファイルにPHPを記述した場合には拡張子をphpにする必要があります。

上手く記述できれば、指定したRSSフィードからの新着記事をここで作成したWebページに単独で表示できるようになります。

記事内への挿入

最後に新着記事一覧を表示させたい「はてなブログ」の記事中へインラインフレーム「iframe」を使い挿入します。


<iframe src="https://ページのアップロード先URL/shinchaku.php" width="100%" height="auto" frameborder="0" scrolling="auto">
</iframe> 

タグの<>は全角になっていますが実際は半角を用います。

これで記事中に新着情報(記事タイトル、サイトタイトル、投稿日)の一覧を表示可能になります。

表示結果

トップの固定ページに埋め込んだ内容と同じものを表示しています。

個人的にはアイキャッチは必要ないので省略しました。
代わりにアイコンフォントを表示させています。

トップページに新着記事を表示する意味

はてなブログでは、標準でサイドバーに新着記事を表示する機能があります。

しかし、スマホのブラウザではこの新着一覧を確認するためには下へスクロールし続ける必要があってユーザーにとっては不便です。

ブログサービスそのものが最新記事をトップに表示する仕様が基本ですので心配ないかもしれませんが、人気記事を量産する著名ブロガーならともかく、そうでない当ブログのようなサイトではトップページには主旨や概要が掴みやすい情報を載せておきたいと考えます。

それに加え、更新がないか確認に訪れたリピーターへも新規投稿の有無を併せて示せる一覧が表示できれば柔軟な対応ができます。

なお、当記事またはトップの固定記事にスターを付けて下さった方の新着情報を一覧に表示させていただく予定です。