朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

N-ONEのサイドブレーキ調整

N-ONEには足踏み式のサイドブレーキが採用されていて、調整の作業は後輪のドラムブレーキ側で行います。

この調整機構は、車種やメーカーによって形が微妙に異なり調整方法も様々なようで、今回は作業のついでに画像を保存することにしました。

※ブレーキは車にとって最も重要な部分ですので実際の整備作業は専門の整備士へ依頼しましょう。

ブレーキドラムを外す

作業はパーキングブレーキを一時的に解除する必要があるので、前輪に輪留めをし、後輪をジャッキアップした後に左右にリジトラックを設置し固定します。

後輪のホイールを外しサイドブレーキを解除すれば、ブレーキドラムが外せるようになります。

ドラムブレーキの画像

リアドラムブレーキを上から見たところ(右側)

ドラムが外れない場合は、正面の穴にボルトをねじ込んでやると外せますが基本的には無理なく外せるようになっています。

ブレーキの調整機構

ブレーキの構造は左右で対照的な構造になっていて、車軸の回転方法に対して左右で同じ方向に制動作用が働く構造になっています。

右側

ドラムブレーキの構造

ピストンの下に調整機構がある

右側の調整をする部分

スプリングの間にある板状回転止めは、奥の歯車を下側へ回転させた時はスムーズに回り、反対に上に回したときにはテンションがかかる構造になっています。

左側

左側のブレーキ内部画像

右とは逆構造で回転方向に対して同じ向きで作用する

左側リアブレーキの調整機構

左側も同じく歯車状のダイヤルを下に押し下げる方向へはスムーズに回ります。

逆方向へ回したときも、それほどキツい感触はありませんがプレートが動くときに「カチッ」という音がします。

サイドブレーキの調整

軽自動車のドラム式サイドブレーキの場合、上の画像のようにピストンの下に歯車状の調整機構があるので、これを回してパーキングブレーキを踏んだときの利き具合を調整するようになっています。

調整作業は、左右ともに一度ドラムへ接触するまでシューを開く方向へ回した後に適度に戻す方法のようです。

整備書では、フットペダルを踏み込んだときの床からの距離で調整するようになっていますが、その指定の高さに合うよう画像の歯車(ダイヤル)を締める、あるいは緩めることで調整します。

この歯車を回す方向も車種によって様々なようで、このへんはやはりプロの領域のようです。

なお、回転止めのプレートは一般には緩み止めの役目でN-ONEの場合は左右とも歯車を下に押し下げたときにシューが開く構造になっていると思われますが、これは実際に作業するときにしっかり確認する必要があります。

黒い看板の吉野家のこと【セルフ式ってワケでもない】

何度か足を運んだことがある吉野家の店舗がリニューアルしていわゆる「黒い吉野家」になっていました。

自分が知っている「黒吉野家」はセルフ式のファーストフードのような内装の店ですが、新たにリニューアルされたこの店舗は少し違うようです。

黒い看板=セルフではない

私が良く店舗限定メニューを食べに行っている吉野家はカフェスタイルの店舗ですが、同じく黒い看板が表にでています。

リニューアル店舗の黒看板吉野家

リニューアルした店舗の黒看板

今回リニューアルされた店舗は、このカフェ形式のスタイルとはどうやら別物のようです。

まず、注文方法がカフェスタイルの料金先払いではなく席まで店員がきて注文をとる従来同様のスタイルでした。

当然、会計も今までと同じく帰りがけにレジで支払う方法です。

黒い吉野家にはフライヤーがある?

席に着いて気づいたのが、テーブルに設置されているメニューが「すき家」みたいなデザインでした。というか吉野家らしさが抜けた色調だったのでそう感じただけかもしれません。

そして、看板が黒だからといってカフェスタイルほどの斬新さは見受けませんが、この店舗には唐揚げ丼のメニューがありました。

タルタル南蛮から揚げ丼

店舗限定メニューが食べれる黒い吉野家にはフライヤーがありました。そして、リニューアルして看板が黒くなったこの店舗にもどうやらフライヤーが設置された模様です。

タルタル南蛮から揚げ丼の画像

画像のタルタル南蛮から揚げ丼は、他のノーマルな吉野家には無いメニューです。

箸でつまんだ唐揚げ

例によって、キャベツ用にマヨネーズが付いてきますが、タルタルソースがたっぷり載ってくるので悩むところです。

揚げ物メニューは11時から

この黒看板の店舗でもフライヤーを扱う時間は11時以降と案内書きがありました。

フライヤーは設置されましたが、カフェスタイルの店舗のように「カツ丼」や「あじフライ」が提供されるかは店の規模が違うので微妙な感じです。

なお、この黒看板の2つに共通するのはフライヤーがある店舗だと言うことです。

ネットでみても黒い吉野家にはフライヤーがあるとの情報を見かけるので「黒看板」イコール「フライヤー設置店」は信頼性のある情報でしょう。

テーブルが廃止された店舗

少し前のニュースで、吉野家では「4割の店舗を5年かけセルフ方式へ・・」といういのがありました。

今回訪れた店はセルフ方式にはなっていなかったので、先のニュースの中身とは直接関係なさそうですが、この店舗では客席の配置が大きく変更されていました。

壁に沿ったカウンター席

なんとテーブル席を全部廃止してしまったようです。

店の中央には牛丼屋に良くある真ん中を店員が往来できる形のカウンター席。
壁側と窓際には斜め45度の角度で座る形のカウンター席が設置されています。

テーブル下の電源

テーブルの天板下にはUSB電源が装備されたコンセントが設置されていてこの辺はカフェスタイルと似たような設備になりますが、カウンター席では端末を充電するほど長居する気持ちにはなりません。

この辺は無いよりはあったほうがうれしいという程度ですね。

いずれにしろ、この黒吉野家はセルフ式に転向されていない(セルフ転向の4割のうちに入らない)ので、この先を見越した場合、従来スタイルにフライヤー追加の方針で止まることが明確になった店舗という捉え方で良いかもしれません。

こうした牛丼屋の新しい展開は、人手不足への対応や客の需要を見越した多様化が進んでいること現していると言って良いでしょう。

休日出勤用の香りを選ぶ【RISINGWAVE_FREE:サンセットピンク】

職場で香水をつけるなら地味でメジャーすぎないRISINGWAVE_ZEROあたりが良いと思っているところですが、こと休日出勤となれば自由度が上がり事情が少々異なります。

会社に全員が揃う日でもなければ、ちょっとばかりお洒落で若向けな香りに挑戦しても良いでしょう。

サンセットピンクの香り

RISINGWAVEのサンセットピンクは、見た目にもオシャレですが大人世代には手を出しにくい甘く爽やかなイメージです。

キャップを横に置いたRISINGWAVE

以前に記事にしたとおり仕事中に香水を付けたいと思ったら、人気の香りではなく「この匂いは香水かな」と分かる程度の少々遠慮がちなものが良いのではということでRISINGWAVE_ZERO_BLACKを選んでいました。

それに比べ、このサンセットピンクは若年層にウケがよいですが、返ってそれが大人が手を出しにくい理由にもなっています。

休日に少人数の社内で、いちいち落ち着いた渋い香りにこだわる必要はないので、こうした機会にカラーシャツにサンセットピンクのような爽やかな香りを纏ってみるのも充分な気分転換になることでしょう。

キャップをしたサンセットピンク

50mlのサンセットピンク

RISINGWAVEの容器は細部は異なるもののどれも四角い瓶を使用しています。

透明のキャップ

キャップは透明と黒の2種類があるようでFREEシリーズはサンセットピンクのほかにライトブルー、オーシャンベリーなども透明のキャップが採用されています。

香水のスプレー部分

プッシュ式のスプレー部分は他の香水にも良くある一般的なものです。

アトマイザーなどを使用するときには、この頭を外してアトマイザーの注入部を接触させてプッシュします。

他の香水も同じかもしれませんが、この瓶の口にあるスプレー機構は簡単には外せない構造になっていて、ボトルの口を解放し他の容器に注いで移す用途には向いていません。

RISINGWAVE_FREEのパッケージ

未開封パッケージ

このFREEシリーズのパッケージは特徴的で、透明なケースに瓶が斜めに入れられています。

パッケージのフタを開けたところ

傾けて固定された香水ボトル

下に書かれた容量の表記

透明パッケージの下の部分には、容量が50mlであることとeau de toiletto(オードトワレ)などの表記があります。

新しい香りを試すのに休日出勤はちょうど良い

このサンセットピンクのように気に入っているけれど自分に合うかどうか、派手すぎないか迷っている香りを身につけるには、ある程度自由な時間であることが望ましいでしょう。

RISINGWAVEのロゴ

特に、サンセットピンクは女性でも使えるほどのフルーティーな香りがします。

気に入った香水を買ったけれど、普段多く接する人の前で付けて良いかどうか迷っている時などは、香りを試すのには休日出勤は絶好の機会です。

なにかと気が重くなりがちな休日出勤も新しい自分を見つけるチャンスと考えてみてはいかかでしょう。