朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

朝から朝礼の話題に使うネタで悩みたくない社員が作るINDEX

テーマは朝礼の話題探しですが、たまに採用した後のものを書いたりもします。

不得意ネタの克服を目的にテーマを「朝礼の話題」にしましたが今のところ効果が出ていません。

きっと、ある日突然道が開けることでしょう。

朝礼の話題についての考え方

当サイトで朝礼の話題について扱っているエントリーは以下の6ページです。

最近はタイトルにこだわらず、食ネタなどをふんだんに取り入れて書いています。
皆に感心してもらえる朝礼のネタも大事ですが、このご時世を考えると砕けた朝から砕けた話ができる雰囲気を社内につくることも自分自身の働きやすさというか、謎の勢力が醸し出す重い雰囲気を避けるために有効なのではと考えています。

朝礼の話題以外の記事

記事内容は日記調になります。ブログテーマの「朝礼の話題」に採用しにくいような日常の事を書いたりもしますので、ご了承ください。
正直な話、この辺は社風によるので「如何ともしがたい部分」ですね。

朝礼自体が如何ともし難いものであるとも深く認識しています。

そんなこともあって、本題に適した話題意外に「DIY」や「車の整備」についても書いています。

※あまりないとは思いますが、一度書いた記事を予告なしに削除したりもします。それから、お知らせの際は当記事「このブログについての説明」に連絡内容を記入し日付を更新した後に再投稿いたします。

サイトの履歴

ブログの下書きにテキスト入力専用端末で知られるキングジムのポメラをしてみました。
なるほど評判通りの使い心地で文章がスラスラ書けています。

これでネタもドンドン湧いてくれば言うことなしですがどうなのでしょう?薄々期待しております。

ブログに使用しているpomeraDM100

最近ブログの下書きに使用しているpomeraDM100

2018年6月6日、このページをトップページとして固定しました。
以前にはてなブログで固定ページがトップページに設定できるようになったとのアナウンスを確認しておりましたがようやく実行できてます。

このブログは、以前書いていた同じタイトルのブログ「朝礼の話題で笑え」をIDを変更し、独自ドメインに引っ越したものです。

移行後の記事は2016年3月30日(水)からスタートしています(移行後の初投稿日が2016.4.2)。

一番古い記事は2011年12月に投稿されています。
ブログとしては年数が経っていますが、記事数が一向に増えないのが悩みですね。

一部記事でのURL変更について【お知らせ2018.10.11】

当ブログで人気時事の一つでした「レンジフード換気扇ベアリング交換をDIYしてみた」は次の通りURLを変更しました。

https://blog.danman.jp/entry/change-bearing-extractor-fan

新しいURLのリンクへアクセス願います。

引き続きよろしくお願いいたします。

スティッククリーナー開封レビュー【日立掃除機:PV-BD700】

普段から喜んで掃除をする性格ではありませんが、休日のある日汚いリビングの床を見ながら「掃除機新しくしたら掃除がマメになるんじゃねぇ?」なんてことを思ったのでした。

スティッククリーナーが入った未開封の箱
そこで選んだのが日立のスティックタイプの掃除機PV-BD700Nです。見かけがシンプルで軽そうですし、商品説明では「サッと使えてパッと置ける」とあります。これさえ手に入れれば家の掃除は問題なさそうです

日立PV-BD700N箱の中身

掃除機を購入するのは数年ぶりです。 新しい電化製品は箱を開封し使い始めるのにワクワクします。

箱にある内容物の表示

箱の蓋を折り返すと、再梱包のしかたについての図がありました。

掃除機が箱に全部入っている状態

いくつかのパーツに分かれて梱包されてます

本体だけを取り除いたところ

右側にあるのは吸口とふとん用吸口です。

箱の中での充電台の向き

左側には充電台がこの向きで入ってました。

製品箱の中身を取り出して並べた画像

いろいろ入ってますが、掃除機としての最低限の役割を果たすには左から3番目の本体と5番目の吸口の最小構成はだけで事足ります。 製品カラーであるシャンパンゴールドの色がついたこの二つがメインということです。

他は充電台と掃除する場所に合わせた付け替え用のパーツです。

ちなみに型番の末尾にある「N」は製品カラーを意味し、シャンパンゴールド意外にはルビーレッドの「R」が存在しますが型落ち品であるPV-BD700のルビーレッドは現時点で入手可能か難しいところです。

クリーナーを組み立ててみる

充電台のベースとアームは一度組んでしまうと、取り外しに少しコツと力が要るようです。

完成したPV-BD700と充電台

すべて組み合わせたPV-BD700と充電台

それ以外はハメ合わせるだけなので至って簡単でした。

PV-BD700の本体

こちらが吸口だけを付けた普段使いの構成です。

グレーのレバー

このレバーを引くと柄が伸びる

柄を伸ばしたクリーナー

手元にあるレバーを引くと持ち手側が伸びるようになっています。

なお、狭い場所用にノズル側を伸ばすには別なアタッチメントを接続します。

本体だけでも使える

折り畳まれた小さなブラシ付き吸い口

本体に付いている折り畳まれた小さな吸い口

組立の際に本体に吸口を付ければ掃除機の形としては仕上がりますが、実はPV-BD700には本体にも小さなブラシ状の吸い口が付属していて普段は折り返した状態になっています。

小さな吸い口を出した状態

普通の掃除機なら、小さい吸い込み口を使用したいときは通常使用している吸い込み口を外したあとにこの手の小さい口を付けるのですPV-BD700は先を外したあとに折り返せば直ぐに使える状態になります。

スティッククリーナーを手にしてみて

スティック式の掃除機は実際に手にして使ってみると想像以上に軽い。

従来のタイプの掃除機とスティッククリーナーの違いの一つにホースの有無がある。 スティッククリーナーではホースが省略されていて、それを引きずらないのが軽さを感じられる理由の一つであるのは間違いないでしょう。

日立PV-BD700Nの売り込み機能に自走式パワーブースというのがありますが、この自走式というのが意外に大げさでもありません。

少しの力でも床面に掃除機をスライド動作を動力で補ってくれる機能は有り難いものです。

コンパクトな上に掃除も楽ちんで、定位置からの出し入れも簡単とくれば、もうスティッククリーナーから離れられなくなってしまいそうですね。

フロントガラスに付けたドラレコの位置を変更する【ユピテルDRY-AS350GS】

以前にドライブレコーダー取付けについての記事を投稿していましたが、その後しばらくしてからフロントガラスに取り付けた位置が微妙に気になってしかたありません。

当初、運転中にドラレコのモニタ画面が気になってはいけないとルームミラーの陰が良いだろうと助手席よりの左側へ設置しましたが

ドライブレコーダーの位置は右か左か

ルームミラーの左に取り付けたドラレコは運転中に視界に入らないのはありがたいのですが当然デメリットもありました。

録画できているかどうか気になる

左側につけいたドラレコ

安全運転のためには運転者の視界によけいなものは入らないのが理想的と考えていましたが、ルームミラーのかげでは走行中に肝心の録画が機能しているかどうか確認するすべが一切ありません。

これは、ちょっと姿勢を変えたくらいではどうにもならないもので、設置してすぐに気になりはじめました。

考えてみれば、ドラレコに保存される動画は自分が見ている物と同じ光景なので気になっても特に注視する要素はありません。

駐停車中にも確認や設定がしにくい

それから、狂ってしまった時刻の設定し直しや停車中におこなうモニタの確認も助手側に体を傾ける無理な姿勢でなければなりません。

録画の確認や各種設定が運転でスムーズにできないというのは、ある種ストレスにもなります。また、カーナビやETCが運転席から無理なく手が届くのに比べひどく対照的です。

場所をルームミラーの右側へ変更

内張り剥がしを入れた

接着面に内張り剥がしの工具をを入れたところ

そんなわけで、諸事情により取付位置を変更することになったユピテルのドライブレコーダーですが、車の内張り剥がし用の工具をガラス面にそっとあて丁寧に剥がしていきます。

フロントガラスは工具を使い無理に力を入れると割れることがあるので危険です。

そして事前に張り替え用の両面テープも準備しておきました。

両面テープの張り替え

両面テープは、ネットで「ユピテルドライブレコーダー用両面テープ」なるものを見つけたので購入しました。

ドラレコ用の3M両面テープ

大きさはピッタリのようです。

移設のために取り外したユピテルDRY-AS350GS

フロントガラスから取り外したドライブレコーダーDRY-AS350GS。

新しい両面テープを貼ったドラレコ

新しい両面テープを貼ります。

剥がした透明の両面テープ

ガラス面に張り付いていた両面テープは剥がしてみると、透明のジェル状の粘着物でした。新しいテープも取付時に確認したところ同じ透明の粘着物をテープ状に整形したもののようです(メーカーは3M)。

電源用配線の延長

外した左フロントのピラー

ドラレコ用の電源ケーブルは左側のピラーを通していたため、その部分とダッシュボードを外しました。

外したダッシュボードの中

分かりづらいですが、左上から右下へ弧を描くようにカーブしている黒い線がドラレコ用の電源ケーブルです。

当初設置の際にコンソールボックスの陰に余ったケーブルをまとめて置いたので、それを少しほぐして移設分を延長させます。

場所を移動したドライブレコーダー

右側へ移動したドライブレコーダー

ルームミラーの右側へ設置場所を移動したドラレコは、日時の設定や撮影範囲の確認も運転席から無理なく容易にできるようになりました。

実際に走行してみた感じも視界の上に小さな液晶モニタがあったところで運転に影響はありません(あくまでも個人の評価です)。

このDRY-AS350GSも電子機器ですので、あと何年もないうちに寿命を迎えることになると思いますが、次にドラレコを取り付けるときには無理な姿勢で操作をするはめにならない位置を選びたいと考えています。

会社に付けていける香水を考える【RISINGWAVE_ZERO】

大人の男が仕事中に香水の臭いがキツかったらどうでしょう?わりと身近な問題で良くあることでもあります。

ビジネスにおいて香水が全く否定されるわけでもなく、この程度の香りなら許容範囲だろうという香水はあると思いますが、好みもあることですし、それぞれ個人的な主観によるのは間違いないでしょう。

仕事中に付けていてもおかしくない香水とは

昔はどうにも我慢できないような変な趣味の香水(実はブランド物に多い)を付けている方が多くいらっしゃいました。

今は少なくなったように感じますが、特に団塊の世代に方が現役のときに多かったような印象を受けます。

RISINGWAVE_ZEROの白と黒

現在も昔も若い人には、そういったきつい香りを好む人は少ないようですが、実はこの傾向は加齢による臭覚の衰えというのも否定できず気を付けなければならないでしょう。

つまり、仕事の日でも香水を使いたかったら若年層向けのモノを選んでおけば間違いないとも言えます。

RISINGWAVEのZERO_BLACK

臭いの種類で選ぶならば、車用の芳香剤のように「洗剤の香り」などというのがあれば最も無難な気がしますが、香りが洗剤に近くても香水の香りに洗剤を持ち出すことはメーカーのスタンスとしてなさそうです。

RISINGWAVE_ZEROのBLACK

香りを強調しすぎず、かいだときに匂いの種類としては香水だとはっきり分かるのが理想ですが、最近入手した中で最も良さそうなのが「RISINGWAVEのZERO_BLACK」でした(画像は100ml)。

私が感じるポピュラーな男性用香水の中で、自分の趣味には合わないが香水と認められているものにBVLGARIの香水があります。

あれが好みの香りだという方もいらっしゃることと思いますが、どうも万人向けではないというのが私の評価です。

RISINGWAVEのZERO_BLACKは、同じく万人受けもしない感じの香りですが(実際に売れ筋でもない)、鼻を突くような不快さがなく、「香水の臭いだね」「男性用だね」くらいの個性を主張し過ぎていない印象です。

いき過ぎてない普通の香りといえば、お洒落に興味を持たない男性ならCMなどで見かける無難な商品をついつい選びがちですが、「RISINGWAVEのZERO_BLACK」などは他人と匂いが被ることも少なくささやかな個性も演出できそうです。

同性を含め他人に不快を与えない大人の香り。しかも、個性的であることを求めるとなると難しいものですね。

ノーマルなRISINGWAVE_ZERO

RISINGWAVE_ZEROの画像

参考までにRISINGWAVE_ZEROには白いデザインのものがあって、BLACKに対してWHITEというネーミングかと思っていたら違うようで、この白い瓶に薄いブルーの製品がノーマルのRISINGWAVE_ZEROといった位置づけのようです。

RISINGWAVE_ZERO容器の特徴

容器の特徴

容器の特徴である斜めの段差

前面の白いデカール

前面にはさりげなく白いデカール

この白いデザインの容器はウラ面が平らではありません(画像は50ml)。

この点は、他のRISINGWAVEの製品とは容器では差別化されているようです。

ブルーは中の液体の色

逆さにした香水の瓶

ノーマルのRISINGWAVE_ZEROの青い色はガラス容器の色ではなく中身の香水にブルーの着色がされているようです。

香りの特徴

こちらの白い瓶のRISINGWAVE_ZEROは、フルーティーな香りでBLACKとよりは仕事向けではないかなと感じます。

ただ男性向けで甘い香りがするものは珍しく、フルーティーなフレグランスによくある柑橘系の変に酸っぱいような臭いがないのが嬉しいところです。

この手のものは、人前ではなくプライベートな時間に楽しみたい香りです。ただ、先の洗剤の香りみたいなものを望むならばノーマルのZEROにはムスク系の妙な大人っぽさが少ない(多少は含まれている)ので許容できる香水かもしれません。

香りにおいても自分の主張はほどほどに

RISINGWAVE_ZERO_BLACK

けして売れ筋ではなく地味でも存在感を感じる香水が良い?

組織の中で、自分が良いと思った考えを延々と主張し続けるのも周りには甚だ迷惑なことです。

可もなく不可もなくという訳でもありませんが、社会生活ではある程度の協調性というのが大事ですし、会社に香水を付けていくならば他人に不快感を与えないことは重要です。

もしビジネスの場でも香りを重要視したいならば、自分を強調しすぎず人の輪を作れる力というのは、人に不快を与えない周りを引きつける香り選びというもので表れてくるのかも知れません。