朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

NEC_MateタイプMBへ内蔵HDDを増設【PCIe_NVMe規格SSD搭載機】

ビジネス向けのPCとしてはお馴染みであるNECのMate。最近のモデルは筐体がコンパクトになっておりスッキリしたイメージです。

そんな一回り小さな本体で登場したMateですが、内部の拡張性を考えるとやや不安さは否めません。
購入時には外付けHDDで対応することを覚悟していましたが可能ならHDDは内蔵にしたいものです。

そんな思いから3.5inchのハードデスクを横に置き、いざPCケースを開けてみることしました。

※注意:当記事を参考にされてHDDを増設した場合メーカー保証が受けられない可能性があります。また当サイトの内容を参考にして行ったPCの改造については一切責任を負えませんのでご注意ください。

インテル第7世代CPU搭載モデル【MB-1】

今回、ハードディスク増設に挑戦したのはNEC製のデスクトップPCですが、NECがビジネスPCとしてラインナップしているモデルの種類が非常に多すぎて分かりにくいです。

MB-1カタログでのイメージ画像

NECのMateの型番を大きく区別すると、タイプがMAからMEまであって、エントリーモデルがMA、スタンダードがMB、小型モデルのMCとここまでABCと順に来て「MD」というのがカタログには掲載が無く(実際に存在しない?)ハイエンドモデルがMEと4種類に分けられます。

このMAからMEのラインナップそれぞれに、最新CPUを搭載した「-1」の記載が入るものと、一世代前のCPUを採用した「-U」が末尾に付くモデルがある。
このように大きくはMAからMEの4ラインナップがあり、さらにCPUが最新かそうでないかで8つのモデルに分かれます。

そして今回、内蔵HDD増設に挑戦するのがスタンダードモデルに第7世代CPU(Core i5 -7500)を搭載したMB-1【PC-MKM34BZG1】になります。

ケースを開けるとSATAケーブルが見える

Mateのケースを開けたところ

歴代のMateのケースを知る人ならケースを開けるのはそう難しいことではないと思います。

PCケースのノッチ部分

HDDを固定するならおそらくこの辺と思われる光学ドライブ周辺の機構を広げるためには写真のノッチを外す必要があります。
実はここ元に戻すのに戸惑ってしまった部分で、もしかしたらユーザーがケースをオープンしたら分かる仕掛けになっているのではと疑っています。

SATAケーブル端子が見える

隙間からSATAに使うであろうケーブルコネクタが見えています。

結局このドライブ格納部の固定を解除する機構は上下両方にあって上の解除は比較的に簡単にできました。

内蔵3.5インチベイが1つだけある

pc-mkm34bzg1空きベイ

中を見ると本体正面側の光学ドライブの下に3.5インチベイが隠れていてそこへHDDが増設できます。
というよりこの場所、もともとは拡張用のスペースではなく起動用のメインドライブ(Cドライブ)の設置場所らしいです。

HDD用のマウンタ

3.5インチ用のマウンタ

HDD設置用マウンタの爪

取り付けネジの代わりにツメがある

マウンタは3.5インチ用で樹脂製です。

マウンタにハードディスクをはめ込んだところ

HDDの取り付けはネジを使用せずはめ込むだけでした。

HDD装着後のMate_MB-1

ハードディスクの装着が済むとケーブルが見えていた空間が写真のように埋まります。

PCIe_NVMeのSSDならHDDが増設可能

このパソコンぱっとみた感じではシステム用のSSDがどこにあるのか分かりません。

光学ドライブの陰になっているのかとのぞき込んでみても2.5インチSSDは見つからず探してみると…。

PCIe規格のSSD

目に付いたのは、よくPCパーツ店で見かけるメモリー基盤のようなM.2スロット対応のSDD。
あれはきっとノートPC用なのだとばかり思っていたらメーカー製デスクトップPCにも使用されているんですね。

その後調べてみたところ、このM.2_SSDはSAMSUNG製の「MZVLW256HEHP」というSSDでインターフェイスが「PCI Express Gen3 x4」のNVMe対応SSDとのことでした。

この規格は、SATA3接続のSSDより高速なのだそうです。
なお、SATA接続のM.2スロットとは互換性がなくハード的にSATA3対応M.2には接続が不可能なようです。

Mateのこのシリーズでは256GB以上のSSDを指定した場合に限りこのようにPCIe_NVMeタイプのM.2 SSDが装着されるようです。(128GBでは空きベイなし?)

NECのデスクトップはパーツ構成に無駄がない

さすがはメーカー製のパソコンだけあって、パーツが効率的に配置されていってケーブルの長さも無駄がありません。

空きメモリスロット

そんな中でもメモリの空きスロットは2本分残っていて充分な拡張性を残しています。

このPCに入れ替える前までi7マシンを使用していて、スペックの違いによるギャップを心配していたのですが、このMateについては心配いらないようです。

無事にHDDの増設が済み外付けHDDドライブに机の上を占領されずに済んだことを嬉しく思います。後は増設によるトラブルが発生しないことを祈るだけです

夏三昧カレーは豪華限定メニューの盛り合わせ

最近、食事時の期間限定というキーワードが病みつきになってしまっていますが、今回はこれからの季節にちなんだ食事をいただいてきました。

なお、今回の記事を投稿するに当たり「三昧」の意味を調べてみたところ「したい放題」なんてキーワードが含まれていました。
「夏をしたい放題」とか刺激があって宜しいです。

期間限定メニュー夏三昧カレーの見た目

今日は、朝から曇り空で昼の時点で気温も上がらず夏を感じさせる雰囲気ではありませんが、このスパイシーな見た目のカレーを食べるにはちょうど良い気候ともいえます。

レッドタルタルが載った夏三昧カレー

この夏三昧カレーのポイントは中央にあるレッドタルタルソース。

別容器に入ったレッドタルタルソース

メニュー写真ではレッドタルタルソースは中央にかけられた状態ですが、実際に注文してみるとこのように小さい器に分けられた状態でテーブルに運ばれてきます。

たぶん客席まで運ぶ間にカレーと混ざってしまっては外観や食感を損ねてしまうからでしょう。
CoCo壱番屋では、揚げ物系トッピングに付くタルタルソースも同じく別の器で来ます。

肝心の見た目は豪華カレーそのものでスパイシーな雰囲気も極まっています。

限定メニューを組み合わせた贅沢さ

ソースをかける前の夏三昧カレー

夏三昧カレーは、他の期間限定メニューである「スパイスカレーTHEチキベジ」と「手仕込チキンカツカレー」の両方を組み合わせたところへ、レッドタルタルソースを追加トッピングさせたものです。

手仕込みチキンカツ

これが手仕込チキンカツ

カレーの中に解された鶏肉

カレーに入っているのも鶏肉

二つの期間限定メニューを融合しさらにオリジナルのソースをトッピングに使うといった豪華な仕様ですね。

スパイスカレーTHEチキベジの「チキベジ」はチキンベジタブルのようです。

カレーに入った夏野菜

よく見るとカレーの中にナスやミニトマト夏野菜が仕込まれていて、ほぐした鶏肉と混じっています(右下にあるのがナス)。

夏三昧が楽しめるのは8月末まで

このように、今回もCoCo壱番屋の期間限定の文句にまざまざと釣られたところですが休日の昼は十分満たされました。

前回の期間限定「スパイスカレー」は5月末まででしたので、今月入り新しい限定メニューが登場しているはずと、ワクワクしながら訪れカレー屋で私を待ち受けていたのが、この夏三昧カレー、名称に「THE」が付されていませんが、組み合わせに使用された「スパイスカレーTHEチキベジ」にはちゃんと「THE」が入っていました。

この夏三昧カレーは用いられたは豪華な具材に比例して、価格は税込みで1,425円となかなかの食事です。
まさに贅沢な夏カレーを堪能できた昼食でした。

TV750フラッシュバルブへウォシュレット用分岐金具【TH484】を付ける

旧型の洋式トイレに使われているフラッシュバルブTV750(M)型へウォシュレット用分岐金具を取り付けるのに少々苦戦した話です。

古い洋式トイレにウォシュレットは付くのか

今から20年以上前に施工された洋式トイレで温水洗浄便座を使用したいという話があり検討してみることになりました。

TV750(M)型フラッシュバルブ

これに分岐金具を付けます

使用されているフラッシュバルブの型番はTV750というとても見慣れたTOTOのシステムです。
旧型と言っても一般によく見るフラッシュバルブで、私などはタンクなしの水洗トイレと言ったらコレとうイメージです。

今回、施工したTOTOのフラッシュバルブは型番がTV750(M)となっていますが、たしかMが付くと寒冷地仕様とかそんな区別です。

TV750に分岐金具TH484を設置する

分岐金具TH484

箱から開封後にパイプシールを巻いています

事前に情報収集してみると、TV750でウォシュレットを使用するには止水栓を交換するかTH484のような分岐金具を取り付けるなどの方法があるようです。

なお、TH484を取り付けるには止水栓とフラッシュバルブ本体の中心間の寸法がTH484の使用条件(120mm)に合っている必要があります。

後から設備屋さんに聞いた話では、連結管を分岐金具に入れ替えるより建物を断水させて止水栓から分岐できるタイプのものに(止水栓を)交換するのが簡単とのことでした。

※当サイトを参考にして作業をした結果については一切責任を負えません。実際の施工に当たっては専門業者へご相談ください。

既設の連結管の取り外しには専用工具が必要

外した連結管

パイプレンチで付けた傷があります

最初にTV750から連結管を外すのにパイプレンチを使用したのですが、いくら力を入れて回しても外れる気配がありません。
外れるどころか、これ溶接してあるのでは?と思ってしまうほど固まっていてびくともしませんでした。

TZ115-3Sを用意することに

専用工具TZ115-3S

連結管を外すために用意したTZ115-3S

ビクともしない連結管に疑問を持ちネットで情報を探ると、なんと専用工具が必要だと言うではありませんか。

工具の型番はTZ115-3S、結構単純な作りの金属の固まりですが、すでに分岐金具を手中にしているため購入する決断をします。

連結管へ差し込む部分

こちら側を連結管に刺します

横から見たTZ115-3S

右側にスクエアタイプのラチェットの柄を差し込んで回します

使用する配管によって差し込む方向が違うらしく。今回は半円形の形が複雑の方を使います。

聞くところでは、この工具の代わりにバールを使ったなどという話がありましたが、たぶんガセネタでしょう。

連結管が外れたTV750

連結管が外せたTV750

連結管が外れたTV750

専用工具を使用したところ写真のように連結管が外せましたが、それでも結構な腕力を使いました。

使用した工具とパーツ

外したパーツと工具を並べたところ

外れてスッキリしたところでパーツと工具を並べてみたところ。

工具を刺して横から見たところ

このようにすっぽり入ります

工具が内側にかかっている様子

食い込んでいた雌ネジ側から見たところ

実際に連結管にTZ115-3Sを差し込むとこのようなフィット具合。
連結管の内側のツメに工具が引っ掛かって回せるようになります。

分岐金具の向きは事前に決めておく

連結管が外せれば、あとは同じ工具を使い分岐金具を組み付け組み立てていきます。

連結管が付いた完成写真

ウォシュレットへの分岐口の向きについては周囲の状況を確認し事前に決めておくと良いです。

ちなみに、写真のように下に向けると組み付けやメンテナンスの際にバキュームブレーカーの部分に工具がかけにくくなります。
ただし、他の向きが良いかどうかは設置場所によることでしょう。

こうして、旧型の洋式トイレに温水洗浄便座の設置環境が整ったわけですが、フラッシュバルブ部への連結管の食い込みについては今回のように専用工具が準備できたとしてのも本体の劣化状況によっては、作業時に破損もあり得るのではと感じたのが作業後の正直な感想です。

もっとも、要領の良い設備屋さんならユニットごとの改修をユーザーに勧めることになるでしょう。

今回の作業では、分岐金具の購入費用が無駄にならずホッとしているところです。