朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

この秋限定「牛どて煮丼」は味噌味だった

10月に入りだいぶ秋らしくなってきた頃。チーズカルボ丼の復活を見てから多くを期待していなかった吉野家の店舗限定メニューでしたが、ここにきて不意を突かれました。

こっそり登場していたのは「牛どて煮丼」。
これも食べないわけには行きません。

こんにゃくと味噌だれがポイント?

牛どて煮丼は限定メニューにしては待ち時間が少なく済みました。

トレーに載った牛どて煮丼
頼んだメニューが早めに出来上がるのは嬉しいばかりですね。

例によって紅生姜を添えましたが違和感はないでしょう。

見た感じ、コンニャクが入ってるのがポイントのようですが、どうやらそれは「どて煮」という観点からは意味をなさないのかもしれません。そう言えば、コンニャクが入ってる牛丼も珍しくないです。

それより、このコンニャクに絡んでいる味噌ダレのほうが意味がありそうでした。

なるほど箸が止まらない牛どて煮丼

見た目が普通の牛丼より色が濃い感じですが、知らない人にこれが牛丼だと言っても一口食べないうちは気が付かないかもしれません。
ネギが上にのってるので、せいぜい「豚丼じゃねえのか」とかその程度でしょう。

卵をのせる儀式

卵をのせた牛どて煮丼
カレー屋でも、今回の牛丼店でも、最近外食で卵を自分でかける作業が多い気がします。

牛どて煮丼も同じく自分で白身を除き上に黄身をのせるのですが、もったいないので白身ごとかけることにしました。

見た目はそれほど変わらないので大丈夫。

味は少ししょっぱい

箸でつまんだ牛どて煮丼
さて、肝心の味ですが味噌が利いてて少ししょっぱめです。

ただ、味噌味を強調しないとこんにゃく以外はほぼ普通の牛丼に成り下がってしまうので、この辺は戦略的に仕方ないと言ったところでしょうか。

ただ、卵を加えたことで味噌がクドすぎることもなく店内に流れる宣伝文句のように箸が止まらなくなる勢いは正直あります(個人的な感想)。

ところで「どて煮」ってのは何モノ?

この牛どて煮丼はシェフシリーズの第5弾だそうです。

素の牛どて煮丼
この「どて煮」というのは名古屋の料理なのだそうですが、初めて聞いたというか今まであまり興味を持ったことがない食べ物です。

豚肉だったら味噌で味付けするのは珍しくありませんが、牛肉を味噌で煮込むというのは、この牛丼屋で初めて口にする味でした。

もう型にハマってしまった牛丼屋の限定メニュー巡りですが、いかんせん店舗・期間限定だとアナウンスが控えめで情報をキャッチできません。

でもまた探りに来てしまうんでしょうねこの店に…

郷土料理をトッピングした鶏ちゃんカレーはココイチの地域限定

先日「大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン」をココイチで食べたとき目にしてしまった地域限定メニュー「鶏ちゃんカレー」。

地域限定との言葉に釣られ食べてみることにしました。

期間は10月末までとのことです。

鶏(けい)ちゃんは岐阜の郷土料理

カレー店「CoCo壱番屋」で最近見かける地域限定メニューは、特定の地域の特産である素材を遠方の地方にある店舗へ提供するサービスのようです。

同様のメニューに北海道カレーがありました。

参照:CoCo壱番屋の地域限定「THE北海道カレー」を食べてきた

カレーの鶏ちゃん部分

今回、私の地元にある店舗で提供されていたのは岐阜の郷土料理「鶏ちゃん」をカレーにトッピングした【鶏(けい)ちゃんカレー】。

なお、郷土料理が「鶏ちゃん」で、カレーを加えた物はココイチが提供する限定メニューであって、岐阜の郷土料理が鶏肉料理をトッピングしたカレーライスという話ではありません。

テーブルに運ばれた鶏ちゃんカレー

卵の器と鶏ちゃんカレー

注文したのはノーマルな「鶏ちゃんカレー」。左にある器は通常も選べるトッピングから半熟卵を選びました。

他に、鶏ちゃんカレーの「プラス野菜、プラスチーズ、プラスきのこ」など3種類のメニュー写真があります。やはり秋はキノコで攻めてきますね。

七味を振った鶏ちゃん

鶏ちゃんカレーには七味唐辛子が付いてきますが、お好みでという意味でしょう。
今回は鶏ちゃんそのものの味を楽しみたいので控えめに少量振ります。

玉子をトッピングで親子カレーになるか

福神漬けを添えた鶏ちゃんカレー

食べる前に、ほぼルーチン化した福神漬け添えをします。

特に理由無く頼んだ半熟卵でしたが、鶏肉に玉子の組み合わせは親子丼ならぬ親子カレーとも言えそうですね。

とは言っても、半熟卵を全体に広げてしまうと鶏ちゃんの味が楽しめないので部分的に押さえることにします。

スプーンで食べる鶏ちゃんカレー

見て分かるとおり、鶏ちゃんの主な具材は、鶏胸肉、ニラ、キャベツ、タマネギです。

味付けは、ニンニクと醤油ベースのたれが使われているそうで、この辺が並の野菜カレーとは異なる風味を演出していて、カレーとは相性が良いです。
この辺は幾分中華的な要素が入ってる気がしないでもありません。

カレー屋にはよく行くけど、定番の肉や揚げ物系トッピングに飽きてしまった人などにはお勧めなメニューです。

おすすめの食べ方を試す【大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン】

食べ物に限らず商品名に「大人の」という表記があったら喜んで金を払うタイプの人間です。とは言っても圧倒的に多いのが食品のタイトルですね。

スプーンとフォークを添えた大人のスパイスカレー

今回見つけたのはCoCo壱番屋の期間限定メニュー「大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン」という名前だけ聞くと辛そうなカレーライスです(11月めでの期間限定メニュー)。

大人向けの辛いカレーとは?

特に補足がなくてもスパイスカレーと聞けば大人向けだろうとは思いますが、珍しがって食べたいとは感じません。

それが「大人のスパイスカレー」と、大人用であることが強調されると食べたくなってしまうのは、カレー屋の戦略に対して従順な客であることは確かです。

そして、何をもって「大人の…」と呼んでいるのかは気になるところですね。

おそらく、この場合の「大人の…」は、ただ辛いカレーを食べるのは一般的なカレーの味わい方で、辛さの素であるスパイスの種類や風味を楽しみながら、時にはどんなスパイスが使われているのか謎解きながら食すのが大人なりのカレーを味わい方であって、そのために用意されたのが「大人のスパイスカレー」というものだと理解します。

お店でカレーライスを混ぜて食べる

外食でカレーを混ぜ混ぜして食べるのは行儀の悪い子供がやることですが、この「大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン」には、その行為と違わぬおすすめの食べ方があります。

鶏肉をほぐすフォークと大人のスパイスカレー

テーブルに届いて福神漬けだけ載せた「大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン」

ご飯の上にカレーがかかり、その上に骨付きチキンがのっている「大人のスパイスカレー」を、なんと鶏肉ごと全体的にまぜて食べるのがCoCo壱番屋が提唱する「おすすめの食べ方」。

ドライカレーの様にはならんだろう

メニューのタイトルは大人になっていますが、普通のカレーライスでご飯とカレーを混ぜて食べた経験がある人は多いことでしょう。

その時のことを思い起こせば、カレーとご飯を混ぜ合わせてもドライカレーのようにはならず、わりとネチョネチョした食感になるだけで混ぜる楽しさはあっても大人としては美味しくなさそうです。

そんなことを考えながら、おすすめの手法に従いカレーを混ぜる作業に入ります。

フォークで鶏肉をほぐす作業

まずはフォークで鶏肉をほぐします。

鶏肉の骨を取ってしまう

これは、お勧めだったかどうか覚えてませんが鶏肉の骨は皿から除いてしまいました。

もしや、骨付きだから大人の…ってことでもないでしょう。

ほぐれた鶏肉

この鶏肉、非常に柔らかくほぐしやすいです。なお、メニューには小骨に気をつけるようにと深い意味で大人向けの注意書きがあります。

大人のスパイスカレー出来上がり

混ぜ合わさったカレー

混ぜ合わさるとこんな感じです。自分的には上手くできたと思いますが、皿の縁にカレーが薄く広がるのは仕方がありません。

特性スパイス

このスパイスカレーには、CoCo壱番屋の特性スパイスが添えられます。自分は、いつも辛さ普通で注文するので分かりませんが、特別な注文の仕方をしたときに付いてくるのでしょうか。

キャベツについたスパイス

特に辛さを増すことを求めたりはしませんが、試しに一振りしてみました。カレーにもともとかかってたものより色は薄く、容器には「おいしさを引き立てる!」と書かれています。

福神漬けは混ぜ合わせが済んでから

福神漬けの写真

このおすすめの食べ方には、小骨以外に注意点がもう一つありました。福神漬けは全体を混ぜた後に載せた方が良いでしょう。

つい、いつもの癖で先に皿に添えてしまいましたが、豪快にまぜるのには邪魔になります。

フォークにはCoCo壱番屋の刻印

刻印が入ったフォーク

カレーとご飯を混ぜるときにテーブルに置いてあったフォークを使ったのですが、柄の先にはちゃんとココイチのマークが入っていました。

刻印のないフォーク

たまたま私が使ったフォークには、なんと刻印がありません。

当たりを引いてしまいました。

THE骨付きチキンおすすめの食べ方の感想

以前にも記事に書いたとおりCoCo壱番屋のメニュータイトルに【THE】が付いたら、それは他の限定メニューに比べ幾分差別化された特別なメニューだと言えます。

鶏肉と一緒にスプーンにのったカレー

今回「大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン」は、お勧め通りに鶏肉をほぐしライスも混ぜて食べましたが、一度食べてみると確かにこの食べ方はメニューの味を考えると理にかなっているようでした。

鶏肉の骨を取り、肉を丹念にほぐした後に、ご飯もまんべんなくカレーと混ぜ合わせるという一手間かけた過程とスパイスの風味に思いを馳せることで食の時間が豊かになる。そこが、まさに大人のカレーなのでしょう。