朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

サイクロン式掃除機PV-BD700ダストケースの仕組み

ここ近年、家電メーカーが出している掃除機の主力商品はサイクロン式が目立つようです。呼び名も「掃除機」だったり「クリーナー」だったり様々です。

このサイクロン式クリーナーの多くに採用されているゴミやホコリを収集する場所は、こまめにメンテナンスする必要があるパーツです。

フィルターの取り出し方

ダストケースと呼ばれる部品の構成はどのようになっているのか、以前に記事にした日立PV-BD700で新品のダストケースを使い始める前のきれいなうちに分解してみました。

本体からの取り外し

ダストケースのはずし方は水色のスライドレバーを下に下げるだけです。

本体への取り付け方

付け方については本体側に説明がありました。

カバーの解説シール

フィルターカバーを外すにはカバーを持って反時計回り(ネジをゆるめる方向と同じ)に少し回すだけで外れます。

外せる状態

この位置まで目印をずらす

カバーが外れたところ

このカバーが外れると中身をすべて取り出すことができます。

ダストケースの構成部品

カバーを外したフィルター

カバーを外すとフィルターは画像のように少し浮きます。

ケースとフィルター

フィルターだけ外したところ

二つのフィルター

左がスポンジ、右が紙のフィルター

ケースと中身とカバー

主要な樹脂製パーツは画像の通りで、左からケース、中の部品、フィルターカバーです。

フィルターも含めこれらのパーツは洗ったら乾かす時間が必要ですね。

中央の芯みたいなのは目詰まりしやすそうなので水洗いしてやる必要がありそうです。

底にある排出口

なお、吸い込んで溜まったゴミは下側のフタを開けて排出する仕組みです。

横から吸って上に抜ける

横に向いた吸入口

主にハンディータイプの物はこの仕組みが多いようですが、ダストケースを見ると横に開口部があって、ここからゴミやチリを空気と一緒に吸い込みます。

吸い込まれた内容物


吸い込まれたゴミとホコリは遠心力で分離されケースの下に集められます。一緒に吸い込んだ空気は上部のフィルターで濾して本体側へ吸い出される形で排出する仕組みです。

上から見たフィルター部分

以前、一昔前に購入したPanasonicの掃除機を使用していましたが、似たようなシステムでした。

最近の製品は、より効率化や小電力化が進み部品点数が増えているようです。

先に書いたとおり、ダストケースはこまめにメンテナンスが必要で、特にフィルターの清掃は定期に行う必要があります。

ダストケースは、側が透明で内部が回転するところが、キッチンで使用するミキサーと構造が似ているようでもあります。それに比べ、掃除機はどちらかというと必要に迫られて使用する機械でもあるのでダストケースのようなパーツは手入れのしやすさが重要なことでしょう。

とろーりチーズチキンむね(タッカルビ味)【セブンの新商品】

ドーナツ屋やコーヒー店などで一昔前からやたら長い商品名が一つの戦略になっているような気がします。

こういうのを見ると、「プライベートな時間だといのに不必要に長々とネーミングされた商品を誰が買うか!」と思ってしまう反面、それはもしかして「すっぱい葡萄なのか?」とも逆に興味がわいてしまうことがあります。

とろーりチーズのチキンタッカルビか?

今日、コンビニのセブン-イレブンに立ち寄ったところ少々レジが混んでいたというか近年の高齢化に伴いレジ周りの動きが鈍くなっていました。

封がされているチキンの袋

前の人の会計が済むのを気長に待っている間、ふと揚げ物が入ったケースに目をやると、どうやら新商品が出ているようです。

そして、ご多分にもれず長い商品名がついています。店でみたとき「とろーりチーズのチキンタッカルビ」と書いてあった気がしたのですが、公式を確認したら「とろーりチーズチキンむね(タッカルビ味)」が正解でした。

ちょい辛そうな新商品と購入

封を開けたチキンの新商品

そして、何気に惹かれてしまったこのチキンを「この新しいチキン一つください」と買ってくることになりました。

店で、ななチキのとなりに並んでいるのを見ると少し辛そうに見えます。

新商品のとろーり具合を確かめる

チーズの形が浮いて見える

とろーり具合を確認するため二つに切ってみることにしましたが、まな板に置いてみたら中に入っているであろうチーズの部分が長方形に浮いて見えます。

チキンの中のとろーり

包丁を入れただけでは、「とろーり」感がいまいちでしたので指で軽く押しました。

まあ、こういうのは店頭の商品写真と異なることは理解しています。

タッカルビ味とはどんなものか

皿に盛った「とろーりチーズチキンむね」

さて、1個のコンビニチキン相手に写真を撮ったり、包丁で切ったりと前段階が多かったですが、口に入れて味を確かめてみます。

ちなみに、タッカルビとは韓国の焼き肉料理の名称だそうです。

食べてみた感じは、見た目通り普通のコンビニチキンより辛味が聞いています。そして見た目通りにチーズの食感と風味があり、なかな濃い味と言ったところです。

チーズと辛さが今回の新商品の売りのようですが、個人的には辛さはもう少し押さえたほうが女性などにはウケがいいのではと感じました。

名前の長さにつられてしまった今回の食ネタですが、次もどこかでロングネームな新商品を見つけたら、指さし&「これください」の得意技を発揮してしまうことでしょう。

肉のグラム数を指定するオーダーカットで注文【いきなりステーキ】

以前に記事にしていた「いきなりステーキ」ですが、何度か食べに行っていると注文システムは、さほど難しいものではないのが分かります。

今回は、肉の量を自分の好みで注文できるオーダーカットに挑戦してみました。

オーダーカットに挑戦

焼いてもらう肉の量を指定できるオーダーカットが面倒に感じる理由の一つに、実際に注文している人を見かけたことがないという理由がありました。

席の番号札

私の場合、店に行く時間が偏っていたためか席を立ってカット場へ行っているのを見かけることがほとんどありません。

とは言っても、毎回ワイルドステーキというのにも飽きてきたころですのでオーダーカットのステーキに挑戦してみることにします。

いきなりステーキでは、入店して席に着くと店員から「当店の注文システムはご存じですが?」というようなことを確認される訳ですが、実は店に行く度に毎回「もう一度教えてください・・」と答えてました。

大人に磨きが掛かってくるとこういうのが一向に気になりません。ということで実際に注文してみることにしました。

肉量指定の注文方法

大根のサラダ(いきなりステーキ)

先に注文した和風サラダ

オーダーカットでの注文方法は次の通りです。

なお、以降のアクションに入る前にサラダと飲み物の注文を先に済ませておくようにします。

  • 席に置いてある番号札(カード)を持ってカット場へ向かう
  • 中の人へ肉の種類と希望のグラム数を伝える
  • 肉を注文した量にあわせて切ってもらえるので注目する
  • 肉を計りに載せたところで、「この量でいいですか?」(誤差があるから確認してくれという意味)と聞かれる
  • 良ければ「良いよ!」と答える
  • 焼き加減について聞かれ「おすすめはレアです」と言われるが厚めの肉を頼んだときは(好みで)ミディアムと答える
  • 「肉が厚いので焼き時間にしばらくかかります」のようなことを言われるので「はい」と答える
  • 持参した席の番号札を確認され、これも「○○番のお席ですね?」のような確認をされるので適当に頷く

以上が注文の一連の流れですが、席番の書いてある大きいカードは最初からカット場の担当の人が確認しやすいようチラつかせておけば分かりやすいでしょう。

この使用した席番号のカードは注文後席に持ち帰ります(この辺は実際に注文してみないと分からない)。

このときは、リブロースの400グラムを注文しました。

焼き加減については、他人に焼いてもらう牛肉のレアーがどれほどのものか信用できる場合はレアでと答えればよいでしょう。

オーダーカットは四角い鉄板

焼き上がった400gの牛肉

やや待ち時間の後に焼きあがったステーキが運ばれてきます。ごらんの通り湯気が立っていますが、ワイルドステーキの時と違い鉄板は直ぐさめます。

オーダーカットの鉄板は、形も四角く肉の下にあるタマネギやコーンが焦げるほどの熱ではありません。

ちなみに冷めてしまった鉄板は再加熱を頼むことができます。

ぶ厚いステーキを食べる

ナイフで切るステーキ

もくもくとステーキを切ります

全部切ってから食べる

邪道ですが面倒なので先に全部切り分けてしまいます。

フォークに刺した肉

これがミディアム

ミディアムで頼んでこの焼き具合でした。レアだとこれより赤いままですがどうでしょう?

肉だけガッツリ食べたいときにピッタリ

切り分けているところ

400グラムでも結構なボリューム

今回は、肉とサラダだけでライスは注文しませんでした。

400グラムのステーキ肉がどんなものか様子を見たためですが 、結果的にライスは要らなかったようです。

なお、オーダーカットは平日の場合15時からという時間の指定があります。注文する際の肉の量は300グラム以上が基本とのことです。

ステーキを食べている途中

食べてみた感じ、大人の男性なら500グラムくらいまでは食べれるかなと感じましたが、そこまでいくとお財布とも相談ですね。

いずれにしても、肉を大量に食べたいときなどは「いきなりステーキ」でオーダーカットがオススメです。