朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

はてなブログのサイトマップがいつまでも保留

はてなブログのsitemap.xmlがSearchConsoleで長期間に渡り保留中なので、いろいろ調べてみましたが出てくるのはどれも古い情報ばかり。

みなが必死で調べまくった末に同じサイトに食いつくのでこうした現象になるのでしょう。
どうにも満足いく結果にならないので、なかなか処理されない原因を自分なりに探ってみました。

なお、個々のサイトによってサイトマップ保留の原因は異なるため、コレだという確証にはいたりません。様々な要因が存在するのは事実ですので、あくまでも一例として扱っていただければと思います。

sitemapの保留が続く原因

サイトマップが保留になっていると、ちゃんと送信されているのだろうかと心配になりGoogle_SearchConsoleで状況を確認することになります。

その場合、何度見ても指定したURLが間違いないことが確認できることでしょう。

なら、なぜ保留なのか?

保留と表現しているので送信されていないという意味ではなさそうです。

ということは、「そっちから送信はされたし、こっちも受信はしたけど理由があって処理してないよ。」という意味ですね。はい。

答えは「robots.txt」にある

はてなブログではユーザーがrobots.txtを編集できる機能がありません。

robots.txtはコアなWebマスターでない限り編集する必要もなく。仕様上もともと編集できないということであれば、一般のブロガーは興味をもたないものでしょう。

はてなブログのrobots.txtはユーザーが意識しいないところで自動的に生成されていています。

robots.txtの中身は、Google_SearchConsoleで確認ができますが、実は「はてなブログ」では、robots.txtの中で検索エンジン用のサイトマップは「sitemap_index.xml」だと明示しています。

robots.txtに記載されたサイトマップURLは、検索ロボットのアクセスを拒否する記述。いわゆる「Disallow」の扱いではありません。

サイトマップはこのURLですよと検索ロボットに伝えるための記述をしています。

robots.txtで検索ロボットに対して、このサイトのサイトマップは「sitemap_index.xml」だと伝えているのに、手動で別なURLを送信することは不正確な情報をSearchConsoleへ送ることになりかねません。

保留の期間が長く続くのはこの辺にも原因があるのではないでしょうか。

実際には処理が済んでいるサイトマップがあるのに、更に別のサイトマップを処理する理由が検索エンジン側にはありません。

はてなブログでサイトマップの仕様が変更?

はてなブログのサイトマップのURLは「/sitemap.xml」だと信じて疑いませんでしたが、ここ最近では「sitemap_index.xml」(いわゆるサイトマップインデックス)を標準として扱っているようです。

この傾向はWordPressのプラグインでも見られます。このことを知らずしてプラグインを古いバージョンに戻せという情報だけを鵜呑みにしてしまったりします。実際には、最新のプラグインが利用しているサーバーやインストール済みWoesPressのバージョンに適合しているかによります。

そのようなことから、現在「はてなブログ」がデフォルトで吐き出しているサイトマップの形式はサイトマップインデックスです。

中身が全く同じ2つのサイトマップ

はてなブログが生成するサイトマップは「sitemap_index.xml」がデフォルトだとした場合、一つの疑問が浮かびます。

sitemap.xmlも送信は可能

それは、今まで通りに「sitemap.xml」を送信していてもエラーが出ないサイトが存在するのはどうしてかというものです。

「sitemap.xml」を送信していて保留と表示される理由は、サイトマップの送信とは別な理由で検索エンジンに負担がかかった場合に一時的に処理を停止した場合などでしょう。

「sitemap_index.xml」と「sitemap.xml」は両方が実際にサーバー上に存在し中身は全く同じものです。

これは、ブラウザのアドレスバーにサイトマップのURLを入力して比較してみれば分かります。

問題があれば片方はスルーされる?

この二つのサイトマップで外見上はっきり分かる違いは、robots.txtに記載があるかないかだけです。

二つの同じファイルに対して、同じ処理をするのは機械にとって余計な仕事になります。

なんらかの事情により、無駄な処理を停止するならrobots.txtに記載がない方を保留するのは常套手段と考えられます。

「/sitemap.xml?page1」を使えない理由

ネットの情報には、sitemap.xml?page1を送信したら保留だったのが正常に処理されたというのがあります。

実はこのsitemap.xml?page1はサイトマップであることは間違いありませんが、サイトマップインデックスの機能がありません。

はてなブログでは、記事数が100を越えたあたりで別途sitemap.xml?page2を追加送信する必要があります。

記載される正確な記事数は数えていませんが、200記事を越えればおそらく3つ目のサイトマップsitemap.xml?page3を手動で追加送信しなければなりません。

サイトマップとしては有効であるものの、これでは正直なところ面倒です。

sitemap_index.xmlを実際に使ってみる

そんなわけで自身のブログのサイトマップをsitemap_index.xmlで送信してみることにしました。

結果は、これまた延々と保留中のままです。

記事数の少ない開設後間もないブログでは送信数が正確に表示され、その後1日か2日でページがインデックスされますが、記事数が100を越えている当ブログについては1ヶ月近くたっても保留のままです。

併せてsitemap.xml?page1も送信

これこそが正解と思っていた「sitemap_index.xml」で保留が続くため、試しに「sitemap.xml?page1」を追加で送信(sitemap_index.xmlはそのまま)したところ、なんと「sitemap.xml?page1」の記載に相当分の記事数だけ認識されました。

サイトマップが認識されたところで、その後すぐに追加で送信したほうの「sitemap.xml?page1」は削除してしまっても送信数に問題はありません。

sitemap_index.xmlでインデックス済みに

sitemap.xml?page2を借り送信

sitemap.xml?page1に続いてsitemap.xml?page2を一時的に送信

その後、古い記事が記載されている「sitemap.xml?page2」についても一時的に追加で送信し送信されたページ数が確認できたところで削除することにしました。

sitemap_index.xmlで送信されたページ数

sitemap_index.xmlの配下にpage1とpage2の二つのサイトマップがある

こうしてsitemap_index.xmlだけでも全てのページが送信された状態になり、その後数日で半数以上のインデックスが確認されるようになっています。

どうやら、robots.txtにはsitemap_index.xmlがサイトマップであると記述していても「はてなブログ」のサイトマップはGoogle_SearchConsoleと相性が良くないようです。

特に、一度sitemap.xml?page1などでインデックスが済んだサイトでは別な「sitemap_index.xml」に差し替えるのにはある程度時間がかかるようです。

逆に新規のブログでは、そのような問題は発生しないので「はてなブログ」を使い新しいブログを作成したなら最初から「sitemap_index.xml」を送信しておいた方が良いかもしれません。

それでも保留が続く場合

はてなブログのサイトマップについては、ネット上で「運営側に問い合わせたらsitemap.xmlが正解だった」という情報も数多く見受けます。

上に書いた通り「sitemap_index.xml」も「sitemap.xml」も中身の記述は同じです。

仮説になりますが、sitemap.xmlが問題なく使えているということは、サイト上に他の問題が存在しないということであり、逆にsitemap_index.xmlでも保留が続く場合は何らかの事情により処理が進んでいないと思って良いでしょう。

このように、理解が難しい「はてなブログ」のサイトマップですが、運営側が開発ブログなどで明確な情報を提供しない訳を考えると、運営側も常に検索エンジンの同行や新しいシステムについての情報を探っているからなのではとも理解できます。

検索エンジン側のシステム更新に即座に対応させたい場合に、その辺の情報を公にしてしまっていると不都合が多いとも考えられるでしょう。

N-ONEのサイドブレーキ調整

N-ONEには足踏み式のサイドブレーキが採用されていて、調整の作業は後輪のドラムブレーキ側で行います。

この調整機構は、車種やメーカーによって形が微妙に異なり調整方法も様々なようで、今回は作業のついでに画像を保存することにしました。

※ブレーキは車にとって最も重要な部分ですので実際の整備作業は専門の整備士へ依頼しましょう。

ブレーキドラムを外す

作業はパーキングブレーキを一時的に解除する必要があるので、前輪に輪留めをし、後輪をジャッキアップした後に左右にリジトラックを設置し固定します。

後輪のホイールを外しサイドブレーキを解除すれば、ブレーキドラムが外せるようになります。

ドラムブレーキの画像

リアドラムブレーキを上から見たところ(右側)

ドラムが外れない場合は、正面の穴にボルトをねじ込んでやると外せますが基本的には無理なく外せるようになっています。

ブレーキの調整機構

ブレーキの構造は左右で対照的な構造になっていて、車軸の回転方法に対して左右で同じ方向に制動作用が働く構造になっています。

右側

ドラムブレーキの構造

ピストンの下に調整機構がある

右側の調整をする部分

スプリングの間にある板状回転止めは、奥の歯車を下側へ回転させた時はスムーズに回り、反対に上に回したときにはテンションがかかる構造になっています。

左側

左側のブレーキ内部画像

右とは逆構造で回転方向に対して同じ向きで作用する

左側リアブレーキの調整機構

左側も同じく歯車状のダイヤルを下に押し下げる方向へはスムーズに回ります。

逆方向へ回したときも、それほどキツい感触はありませんがプレートが動くときに「カチッ」という音がします。

サイドブレーキの調整

軽自動車のドラム式サイドブレーキの場合、上の画像のようにピストンの下に歯車状の調整機構があるので、これを回してパーキングブレーキを踏んだときの利き具合を調整するようになっています。

調整作業は、左右ともに一度ドラムへ接触するまでシューを開く方向へ回した後に適度に戻す方法のようです。

整備書では、フットペダルを踏み込んだときの床からの距離で調整するようになっていますが、その指定の高さに合うよう画像の歯車(ダイヤル)を締める、あるいは緩めることで調整します。

この歯車を回す方向も車種によって様々なようで、このへんはやはりプロの領域のようです。

なお、回転止めのプレートは一般には緩み止めの役目でN-ONEの場合は左右とも歯車を下に押し下げたときにシューが開く構造になっている(ダイヤルを下に押し下げるよう回すとノッチ数を少なく調整できる)と思われますが、これは実際に作業するときにしっかり確認する必要があります。

黒い看板の吉野家のこと【セルフ式ってワケでもない】

何度か足を運んだことがある吉野家の店舗がリニューアルしていわゆる「黒い吉野家」になっていました。

自分が知っている「黒吉野家」はセルフ式のファーストフードのような内装の店ですが、新たにリニューアルされたこの店舗は少し違うようです。

黒い看板=セルフではない

私が良く店舗限定メニューを食べに行っている吉野家はカフェスタイルの店舗ですが、同じく黒い看板が表にでています。

リニューアル店舗の黒看板吉野家

リニューアルした店舗の黒看板

今回リニューアルされた店舗は、このカフェ形式のスタイルとはどうやら別物のようです。

まず、注文方法がカフェスタイルの料金先払いではなく席まで店員がきて注文をとる従来同様のスタイルでした。

当然、会計も今までと同じく帰りがけにレジで支払う方法です。

黒い吉野家にはフライヤーがある?

席に着いて気づいたのが、テーブルに設置されているメニューが「すき家」みたいなデザインでした。というか吉野家らしさが抜けた色調だったのでそう感じただけかもしれません。

そして、看板が黒だからといってカフェスタイルほどの斬新さは見受けませんが、この店舗には唐揚げ丼のメニューがありました。

タルタル南蛮から揚げ丼

店舗限定メニューが食べれる黒い吉野家にはフライヤーがありました。そして、リニューアルして看板が黒くなったこの店舗にもどうやらフライヤーが設置された模様です。

タルタル南蛮から揚げ丼の画像

画像のタルタル南蛮から揚げ丼は、他のノーマルな吉野家には無いメニューです。

箸でつまんだ唐揚げ

例によって、キャベツ用にマヨネーズが付いてきますが、タルタルソースがたっぷり載ってくるので悩むところです。

揚げ物メニューは11時から

この黒看板の店舗でもフライヤーを扱う時間は11時以降と案内書きがありました。

フライヤーは設置されましたが、カフェスタイルの店舗のように「カツ丼」や「あじフライ」が提供されるかは店の規模が違うので微妙な感じです。

なお、この黒看板の2つに共通するのはフライヤーがある店舗だと言うことです。

ネットでみても黒い吉野家にはフライヤーがあるとの情報を見かけるので「黒看板」イコール「フライヤー設置店」は信頼性のある情報でしょう。

テーブルが廃止された店舗

少し前のニュースで、吉野家では「4割の店舗を5年かけセルフ方式へ・・」といういのがありました。

今回訪れた店はセルフ方式にはなっていなかったので、先のニュースの中身とは直接関係なさそうですが、この店舗では客席の配置が大きく変更されていました。

壁に沿ったカウンター席

なんとテーブル席を全部廃止してしまったようです。

店の中央には牛丼屋に良くある真ん中を店員が往来できる形のカウンター席。
壁側と窓際には斜め45度の角度で座る形のカウンター席が設置されています。

テーブル下の電源

テーブルの天板下にはUSB電源が装備されたコンセントが設置されていてこの辺はカフェスタイルと似たような設備になりますが、カウンター席では端末を充電するほど長居する気持ちにはなりません。

この辺は無いよりはあったほうがうれしいという程度ですね。

いずれにしろ、この黒吉野家はセルフ式に転向されていない(セルフ転向の4割のうちに入らない)ので、この先を見越した場合、従来スタイルにフライヤー追加の方針で止まることが明確になった店舗という捉え方で良いかもしれません。

こうした牛丼屋の新しい展開は、人手不足への対応や客の需要を見越した多様化が進んでいること現していると言って良いでしょう。