朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

すき家の「うなぎメニュー」を楽しむ

夏バテ対策に鰻を食べたくなる季節がやってきました。

まだ梅雨明け前ですが土用の丑の日を待たずにすき家で「うな牛」をはじめとしたうなぎメニューを楽しんできました。

夏の定番うな牛

なんとなく、疲れがたまっているのはここのところ梅雨の蒸し暑さが続いたせいかと思っていた日、夏バテ対策としてはお手軽な印象かもしれませんが、すき家の「うな牛」を食べてみることにしました。

すき家の「うな牛」

器の端についたご飯粒が気になりますが写真を撮ってから気が付きました。

鰻に山椒を振る

うな牛には山椒が付く

紅生姜と山椒が付いたうな牛

何にでも紅生姜を添えるスタイルは吉牛でもすき家でも変わりありません。

箸で摘んだうなぎ

すき家のうなぎは身が柔らかく味もしみこんでいて美味しいです。

鰻と一緒に盛られた牛肉

そして牛丼屋ではお馴染みのタマネギと煮込んだ牛肉。

まさに「う」のつくもの二つのコラボですが最近はあまり気にする方は少ないことでしょう。

濃い味の食事が好きな方にはお勧めのメニューです。

うなたま丼

牛丼の上に半熟卵が載ったうなたま丼です。

すき家の「うなたま丼」

この日、期間限定になっていたニンニクの芽も単品で付けてみました。

うなたま丼にも山椒

まず例によって山椒を鰻につけます。

温泉卵が載ったうな丼

卵の殻を割って鰻に乗せます。上手くやらないと卵が周りのご飯の方へずれ落ちるので注意が必要でした。

端でつまんだうなたま丼の鰻

卵のトッピングは好みが分かれる組み合わせかもしれませんが、うなたま丼は夏の体力維持に万全とも言えるでしょう。

ご飯にタレが十分しみているので卵に醤油は付けずに頂きました(この辺は好みの問題?)。

スポンサーリンク
 

うなとろ丼

もう一つのうなぎメニューはうなとろ丼です

うなとろ丼のトレー

ワサビが付いてきたのだ意外に感じましたが、とろろに山葵って標準的なものなのでしょうか。好んで食べたことがないのでわかりません。

上にとろろをかけた鰻

さすがに山葵と一緒に山椒は付いてきません。

箸で摘んだ鰻とろろ

このうなとろ丼は思いの外ワサビの香りが良くてうなぎメニューとしてはサッパリした味付けになっています。

うなぎは食べたいけど「うな牛」じゃ重すぎるなんてときは良いかもしれません。

すき家のウナギは特製のたれを使い「じっくり三度付焼きして仕上げました」とのことです。

今回頂いた3つのメニューのウナギはどれも柔らかく味がしみこんでいました。

鰻には特段こだわりを持っていないので、味はまったく言うことなし、美味しく食べることができました。

不満があったとすれば、中身がウナギのわりに器がメラミンの類を使用していて軽いものでした。

回転率を上げたい店側にしてみれば当然ですし、この人不足のご時世でそれを不満に思う客もいないことでしょう。

この夏、また時間を見つけて牛丼屋で美味しいウナギをご馳走になりたいと思っています。

レモンタルタルソースがCoCo壱番屋で期間限定

CoCo壱番屋でいつも通りカレーを注文しようとしたらタルタルソースが期間限定でレモン風味になっていました。

その味をぜひ試したいと思いメニューの写真と同じパリパリチキンカレーで注文することにします。

パリパリチキンカレーでレモンタルタルソース

以前にノーマルなタルタルソースをトッピングしたパリパリチキンカレーを食べたことがありますが、店内のメニューに掲載されていたのは「 パリパリチキンカレー プラス レモンタルタルソース」

パリパリチキンカレー+レモンタルタル

実際に注文したパリパリチキンカレー+レモンタルタルソースです。早く食べたくてタルタルソースを適当にかけてしまっています。

タルタルソースが付いたチキン

こんがり焼けたチキンとタルタルソースはとても合います。

ノーマルなパリパリチキンカレー

ちなみに、こちらがタルタルソースをトッピングする前のパリパリチキンカレー。

スポンサーリンク
 

手仕込みとん勝つカレーでも

その後、日を別にして来店し「手仕込とん勝つカレープラスレモンタルタルソース」も体験してみることに。

手仕込みとん勝つカレーとレモンタルタル

トンカツは「今だけ”ちょっと”大きめのカツ」だそうで、ご覧の通りビックなサイズのカツカレーです。

【手仕込とん勝つカレー関連記事】

ココイチの「手仕込みとん勝つカレー」が肉厚 - 朝礼の話題で笑っちゃえ!

左にあるのが今回の主役レモンタルタルソース。

大きめのカツにレモンタルタル

豚カツにレモンタルタルソースを載せて頂くことにします。

手仕込みとん勝つカレープラスレモンタルタルソース

見た目にもかなりのボリュームですが実際も食べ応え十分な量です。

ちなみにココイチのカレー皿って変わったんですかね、前回パリパリチキンで頂いたときは一カ月ほど前でしたが白い皿でした。

カツカレーだけ特別なんでしょうか。

レモンタルタルは夏の間の期間限定

レモンタルタルを使った期間限定メニューは他に「エビカツカレー+レモンタルタルソース」がありました。

レモンタルタルの小鉢

レモンタルタルソースは注文後、カレーとは別の小皿で運ばれてきてそれを自分でチキンなりトンカツにかけるようになります。

このレモンタルタルソースは9月までの期間限定になっていて長めの期間設定、夏の季節をターゲットにしたのかなといった印象です。

この期間限定タルタルソースは普通のタルタルソースにほんのりレモンの香りが加わった味。

レモンタルタルソース単品の価格は税込み103円になっています。

ニンニクの芽牛丼が期間限定で復活していた

牛丼店のすき家で久しぶりに見かけたニンニクの芽牛丼を食べてみました。

ピリ辛な味付けのニンニクの芽を使ったメニューには牛丼だけでなくカレーや豚丼なども用意されていました。

緑が際だつニンニクの芽

先日、たまたま入ったすき家でニンニクの芽牛丼がメニューに復活していたので食べてきました。

復活したニンニクの芽牛丼

効果のほどは分かりませんが、ニンニクそのものは血液をサラサラにしてくれる作用があるそうですのでそのニンニクから出てきた芽も体にはよさそうな気がします。

箸で摘んだニンニクの芽

ニンニクの芽の食感は固めで食べ応えがあるのと、一見辛そうな印象ですが辛みは和えてある唐辛子でニンニクの芽そのものは辛みを感じません。

おなじみの牛肉

そして、どんぶりに一緒に盛られたお馴染みの牛肉はニンニクの芽と相性がぴったりです。

いっそレギュラーメニュー化してはどうかと思っているのは私だけでしょうか。

ニンニクの芽を使ったメニュー

今回復活していたニンニクの芽牛丼には姉妹メニューも揃っていました。

ニンニクの芽カレー

ニンニクの芽カレー

カレーとニンニクの芽

スプーンですくったニンニクの芽

カレーメニューは「すき家で健康」とうたっている割にはカロリーが気になるところですが、ニンニクの芽はカレーの味とも良く合うのでたまりません。

すき家のカレーに入ったジャガイモ

久しぶりにすき家で食べたカレーでしたが、少し大きめのジャガイモが入っていてカップヌードルのカレーに入っている具の味に似ていました。

ニンニクの芽豚生姜焼き丼

ニンニクの芽豚生姜焼丼

そしてもう一つのニンニクの芽を使ったメニューは豚(とん)生姜焼き丼です。

実はこの上の写真には間違いがあるといいますか店頭での画像と異なっています。

何でもかんでも紅生姜を添えてしまうのは私の仕業ですが、ゴマがニンニクの芽の上に振りかけられているのはアルバイトのミスでしょう。

たぶん豚丼の状態でゴマを振っておいて、その上にニンニクの芽をトッピングするといった手順が正解。

豚丼のニンニクの芽

こうしてみると、いかにも「野菜食べるぞ」という迫力みたいのを感じます。

すき家の豚丼の肉

このメニューでは肉は牛丼と違い白っぽさが目立つ豚肉です。

ニンニクの芽単品

そして、期間限定メニューが提供されている間は単品でもニンニクの芽が注文できるようです。

単品で注文したニンニクの芽

小鉢に入ったニンニクの芽だけを150円で注文できます。

復活は期間限定

たまたま気分で来店し食べることができたニンニクの芽牛丼。期間限定での復活だったようです。

食べ終わったあとのレシートには次のように書かれていました。

あなたもきっとヤミツキに!?
「すき家のニンニクの芽牛丼」

ニンニクの芽牛丼の限定期間がいつのまでなのかわかりませんが、また近いうちに一度食べておきたいところです。