AMP対応でアイキャッチのサイズを修正

当ブログサイトをAMP対応させたらGoogleSearchConsoleで「推奨より大きい画像サイズをしてください」というエラーが発生したため対応しました。

はてなブログでのAMP化は、このアイキャッチサイズの変更が一番大変でした。

推奨より大きい画像サイズを指定してください

SearchConsoleのエラーに気づいたのは、ブログをAMP対応させて数日経ってからでした。

有効(警告あり・・)のところに10以上の数が表示されているのに気づきます。

WordPressではプラグインを使ってのAMP対応で技術的なエラーが発生することがありますが、はてなブログではAMP対応は自動で行われるのでエラーの発生はないと思っていました。

このアイキャッチが小さすぎることによるエラーは、はてなブログに限らずAMPの仕様に的さないことにより発生しているようなので対応することにします。

画像サイズを大きく修正後に再検証

アイキャッチのサイズエラーは、使用している画像のサイズを1200px以上に修正する必要があるようです。

今まで、当サイトではアイキャッチの設定は関連記事一覧に表示されたときのためだけに設定していました。

注目記事や関連記事にページタイトル表示されたときにアイキャッチ画像がないと様にならないと感じていたためです。

それだけが目的であれば、320×240などの小さな画像で事足りていたのですが、推奨サイズの1200px以上の横幅に作成し直し再検証をしました。

その後、いくつかの記事は再検証に合格するも、また別な記事のアイキャッチエラーが出るのを繰り返し20~30程度の記事のアイキャッチを修正したところでアイキャッチエラーは検証に合格し落ち着いています

AMP化後もアイキャッチは必要

はてなブログは、AMP対応させるとページが簡素化されたデザインになりサイドバーにあったメニューも表示されなくなりますが、記事下に関連記事を表示させている場合はAMPページにも同様に表示させることが可能です。

このことからも、記事ごとに的確なアイキャッチ画像を設定しておくことが理想的であるようです。

私のように、今まで抜粋や一覧表示の為だけに小さなアイキャッチを設定していた方は修正が大変かと思いますがAMP対応には必須の作業のようです。

ステーキにカレーのトッピング

いきなりステーキでスパイシーカレーのトッピングが注文できるとのことで試してみることにしました。

鉄板メニューに限り頼めるそうなのでステーキと一緒に注文してみます。

ミドルリブステーキでカレー

いきなりステーキでは、ステーキメニューの添え物の種類を変更できることを以前に記事で紹介させていただきました。

スパイシーカレーのトッピングは、それらとはまた別枠で価格も別設定。

ミドルリブステーキ

今回カレートッピングのターゲットにしたのはミドルリブステーキです。

ミドルリブステーキの焼け具合

例によってレアーを勧められましたがミディアムで注文。

レアーの焼き加減は人に任せたら後悔しそうなので、これくらい火が通っていたほうが安心です。

ステーキにカレーをかける

トッピング用スパイシーカレー

こちらがトッピング用のスパイシーカレー。

スプーンですくったTPカレー

普通のスープ用のカップにはいてきました。

ステーキにカレーをかける

ステーキにカレーが合うかどうか微妙だと思う人は小数ではないことでしょう。

とりあえず全体にカレーを載せる冒険は避け、ミドルリブステーキの鉄板の端にカレートッピング用のスペースを設けて一切れ分で味を確かめることにします。

フォークに刺したカレーステーキ

一口食べてみた感想は、牛肉の風味が増したビーフカレーといったところでしょうか。

二切れ分食べたところで、カレーをかけるのをストップしました。

これは、結構好みが分かれるというか牛肉よりカレーが好きな人のためのトッピングと考えて良いでしょう。

残りのステーキはカレーをかけずにいただきました。

今回は、ライスなしで注文していたのでご飯にカレーをかける用途には使えませんでしたが、トッピングカレーはライス用と考えたほうが無難なようです。

また、トッピング野菜を追加で注文したときにタマネギやブロッコリー(トッピングの種類は時期や店舗で異なる)でカレーを楽しむこともできそうです。

プラスチック障子紙を使って張り替え

プラスチック障子紙を使って障子の張り替えに挑戦することにしました。

破れた障子紙

張替をする障子戸

ここ何年も障子の張り替えをしていなかったので新しいのに張り替えることに決意。

プラスチック障子紙はノーマルな障子に比べ少々値段が高めでしたが、その分長持ちしてくれそうな気がします。

プラスチックが入った障子紙

ホームセンターへ材料の障子を買いに行き、長いこと障子の張り替えをしない間にプラスチック障子なるものがあるのに驚かされました。

ホームセンターで買ったプラスチック障子

プラスチックのものは、どれも価格が高めでしたが従来の紙製より丈夫そうなので思い切って使用してみることに・・。

このとき、障子の他に購入したのはプラスチック障子を張るための両面テープ。

家に帰ってから気づいたのですが自分が購入した障子は、プラスチックを使用しているものの「のり」で貼れるタイプのものでした。

古い障子を剥がす

手違いはあったものの、張り替えに使う新しい障子は入手できたので早速作業にかかることにします。

古い障子紙を剥がすのには家にあった絵画用の絵筆を使いました。

筆を水で濡らしながら古い障子が張り付いている部分に水を塗っていき少し時間が経ってから剥がす方法です。

古い障子紙を剥がしたところ

霧吹きなどで桟の裏から水を吹き付ければ事足りそうですが霧吹きを持っていませんでした。

すべて紙を剥がし終わったら全体を拭いて掃除をしておきます。

両面テープで張り付ける

さっさと済ませたかったので説明書きなど読まずにテープを張り付けてみました。

床に寝かせてテープを張った障子戸

縦方向と横方向を一気に張ってしまうには、どちらかのテープから表面のシートを剥がしておく必要があります。

外枠と縦方向にテープを貼ったところ

横方向だけ残してある

こうなると障子戸全体が接着可能な状態で緊張感が増してしまいますので、横方向に貼るテープは障子を縦方向に貼り合わせていくときに順に張り付けることにしました。

テープ障子紙を張り付け

縦方向のシートを剥がしながら障子を貼って、縦のシートを剥がしたとき横方向を貼る手順です。

甚だ邪道かもしれませんが先に全面にテープを貼ってしまうと、自分の場合、作業中に肘とかで触ってしまいそうなのでこれで良かったと思います。

張り終えた障子戸

少ししわが寄っていますが自分としては満足な仕上がりです。

本来は両面テープではなく、のりを使うタイプのプラスチック障子でしたので長持ちしてくれるか気になるところではあります。

障子に入った桜の柄

透かしのような桜の柄が入ったプラスチック障子なので近くで見ると模様が見えます。

スポンサーリンク
 

長さが足りないので普通の障子を足す

障子紙を買いにいったとき心配だったのですが、最近の住宅は建具の寸法が和風建築に用いる尺貫法に見合ったものではないことが多く、自分の家も設計がメーターモジュールとやらで障子戸そのものが規格外の寸法になっています。

障子戸2枚分を貼るには、長めのものを買わなくてはならなかったのですが値段の高いプラスチック障子を余らせてしまうのも勿体ありません。

悩んだあげく買ってきたのは、通常の規格でいうところの障子戸2枚分のプラスチック障子。

普通の障子紙を貼った部分

予想通りに障子の枠の横一列分ほど足りませんでした。

普通の障子紙を貼った部分

上が柄無し下が柄あり

足りなかった分は、上下に端ではなく中段に普通の紙でできた障子を貼っています。

柄入りのものを貼ったのに一部無地になってしまいましたが、障子戸を長めながらお茶を飲む訳でもないので気にならないことでしょう。

それより、のり張り付けタイプのプラスチック障子に両面テープを使ったことの方が少し心配です。

今のところ剥がれもなく整っていますが、しばらく障子貼りをしなくて済むことを願っています。