朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

ワイルドステーキ450gのボリューム

いきなりステーキのメニューにワイルドステーキ450gというのがあります。

妙に中途半端な数字に感じますが500gでは多すぎるので450gということなのでしょう。

成人男性でもライス付きなら300gもあれば足りてしまう量ですが450グラムというのは、果たしてどの程度の満腹感を得られるのか実際に注文してみました。

ワインも頼んでみる

目的はワイルドステーキの450gでしたが、店に出向いたのが夜だったので、グラスワインも頼んでみることにしました。

頼んだ白のワイン

今回もライスは注文せずに、大根の和風サラダです。
肉が焼きあがるまで手をつけずに待つことにしました。

450グラムのワイルドステーキ

湯気が立ってる450グラム

湯気を立て油を飛び散らせながら席にやってきたワイルドステーキの450グラムです。

さすがに肉は大きく見えます。肉の厚さより切り出した面積が広いのが鉄板に目一杯広がった肉の様子から分かります。

鉄板がすぐ冷めた

プチプチ音を立てながら鉄板で油がはじけるのは300gと同じですが、気のせいか湯気が引けていくのが300gより早い気がします。

それから、手元に届いてから肉を返しながら鉄板の余熱で焼いてやったほうが良いのは300gのときより気にしていたことでしたが、思ったより早めに鉄板がさめていくような感じがしたので少し焦りました。

ただ、テーブルにも書いてあるとおり「いきなりステーキ」では鉄板の再加熱をしてもらえます(頼んでいる人は見たことがありません)。

咀嚼に疲れるステーキ肉

余熱で焼いたワイルドステーキ

鉄板の上でナイフとフォークを使いコロコロとやっているうちに何とか口にできそうな焼き加減に仕上がってきました。

ステーキ画像の拡大

この日は、食事のあとに何も予定がなかったので、ニンニクも少しつけて食べてみることにしました。

食べ始めてみると、量的に不満がない肉の量ですが部位が問題なのでしょう。食べるのに時間がかかります。

リブロースやサーロインなら、すんなり噛みきれる肉ですが、ワイルドステーキはその価格から部位的に食べやすい場所の肉ではなさそうです。

噛み心地がクニャクニャしたり、筋っぽい部分が多いワイルドステーキは300gだと気にならなかった部分が450gだと口の中で噛みきるのに時間を要する気がします。

実際に半分を過ぎたあたりから、これ全部食べるのは咀嚼に時間がかかるし顎が疲れそうだと思うようになります。

塩コショウだけの味にも飽きてきたので、自分としては珍しく牛肉にステーキソースをかけてみたりしました。

結局、無駄な満腹感を得るわけでもなくちょうど良い腹心地で食べきりました。
食べき切った後の感じでは、そこそこ満足できるボリュームだったと言えます。たまには質じゃなくて量にこだわりたい時などは丁度良いかなといった印象でした。

肉だけギッシリ食べたいときにはワイルドステーキの450グラムという選択もありかと思います。