ラピットスタート蛍光灯器具をリニューアル1灯型編

製造から20年を過ぎた古い蛍光灯器具をFH蛍光管対応へとリニューアルした時の記録です。

取り外した器具

f:id:danmanjp:20160920104506j:plain

天井から取り外してきた器具です。形が今どきではないですね。

f:id:danmanjp:20160920105442j:plain

型番がFST-41991-PSとなっています。

f:id:danmanjp:20160920104543j:plain

カバーを外してみたろころ

f:id:danmanjp:20160920105456j:plain

安定器はFMB-401019、電子式E種、ヒューズ内臓と書いてあります。

スポンサーリンク
 

交換する代替品

f:id:danmanjp:20160920104633j:plain

そして新しく今回取り付けるのがコレ、型番はFMB-326221Rになります。

f:id:danmanjp:20160920104648j:plain

取り付けたところがこれです。従来品に比べ細長くなるので器具によってはビス穴の加工等が必要になります。それから交換品の選定については器具の製造者の指定を確認する必要があります。

blog.danman.jp