夏用の香水に「GATSBYシャワーフレッシュアクアムスク」

夏でもというより、夏だからこそ香りを意識してみたいといったことから選んでみた香水はビャツビーのシャワーフレッシュアクアムスクです。

名前にシャワーと入っているので、爽快な香りを漂わせてくれると期待してみました。

夏も香りを選んでみたい

GATUBYのシャワーフレッシュアクアムスクは容器も透明で涼しさを感じさせる爽快なイメージです。

アクアムスクの容器

蒸し暑い毎日が続く夏の季節には、香水に限らずこうした無色透明でクールな感じのものを手に取ってみたくなることでしょう。

形も、他のメーカーの商品に比べるとスリムでスタイリッシュです。

甘すぎず癖がない

まず一吹きシュッとしてみた印象ですが匂いがあまり強くありません。

そしてシャワーフレッシュという名前から想像できる通り癖がない香りです。

アクアムスクのスプレー部分

アクアムスクとなっていますが、変に海水を意識したわけでもなく爽快な感じがします。

匂い的には以前に記事に書いたサムライ系かなといった感想ですが、サムライだとやや離れた場所からでも香りを感じるのに対し、シャワーフレッシュアクアムスクは本人または近くにいる人でなければ香りを感じないレベルかなといえます(個人差はあると思います)。

シャワーフレッシュのラインナップ

無色透明デザインのアクアムスク

このシャワーフレッシュアクアムスクは容量が60mlで価格も手ごろな設定になっています。

メーカーサイトでは 爽やかさ弾けるマリン系の香り と紹介されていました。

シャワーフレッシュのシリーズにはアクアムスクのほかにオーシャンシトラス、シャイニーブルー、スウィーティアクアと全部で4種類の製品があります。

どれも爽やかさを意識した香りが揃っていて、どれも夏の季節に合いそうなイメージですね。

GATSBYというブランド

ギャツビーといえばマンダムのブランドで若者向けの商品イメージが強いですが、GATSBYのブランド力を強めたのは松田優作のCMだったと記憶しています。

一時テレビではあまり姿を見せなくなっていた松田優作が再びドラマや映画に出始めたころ、ショートヘアでGATSBYのCMに登場した姿に当時衝撃を受けたのを覚えています。

モジャモジャ頭で格好良さを演出しヒット作を出し続けてきた松田優作のイメチェンとGATSBYというブランドが若者に広まった瞬間は重なるといってもよいでしょう。

今でも、GATSBYは若年層向けのブランドで通っていますが、そんな想いをもつ一人の大人としては時には触れてみたいブランドの一つです。