朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

休日出勤用の香りを選ぶ【RISINGWAVE_FREE:サンセットピンク】

職場で香水をつけるなら地味でメジャーすぎないRISINGWAVE_ZEROあたりが良いと思っているところですが、こと休日出勤となれば自由度が上がり事情が少々異なります。

会社に全員が揃う日でもなければ、ちょっとばかりお洒落で若向けな香りに挑戦しても良いでしょう。

サンセットピンクの香り

RISINGWAVEのサンセットピンクは、見た目にもオシャレですが大人世代には手を出しにくい甘く爽やかなイメージです。

キャップを横に置いたRISINGWAVE

以前に記事にしたとおり仕事中に香水を付けたいと思ったら、人気の香りではなく「この匂いは香水かな」と分かる程度の少々遠慮がちなものが良いのではということでRISINGWAVE_ZERO_BLACKを選んでいました。

それに比べ、このサンセットピンクは若年層にウケがよいですが、返ってそれが大人が手を出しにくい理由にもなっています。

休日に少人数の社内で、いちいち落ち着いた渋い香りにこだわる必要はないので、こうした機会にカラーシャツにサンセットピンクのような爽やかな香りを纏ってみるのも充分な気分転換になることでしょう。

キャップをしたサンセットピンク

50mlのサンセットピンク

RISINGWAVEの容器は細部は異なるもののどれも四角い瓶を使用しています。

透明のキャップ

キャップは透明と黒の2種類があるようでFREEシリーズはサンセットピンクのほかにライトブルー、オーシャンベリーなども透明のキャップが採用されています。

香水のスプレー部分

プッシュ式のスプレー部分は他の香水にも良くある一般的なものです。

アトマイザーなどを使用するときには、この頭を外してアトマイザーの注入部を接触させてプッシュします。

他の香水も同じかもしれませんが、この瓶の口にあるスプレー機構は簡単には外せない構造になっていて、ボトルの口を解放し他の容器に注いで移す用途には向いていません。

RISINGWAVE_FREEのパッケージ

未開封パッケージ

このFREEシリーズのパッケージは特徴的で、透明なケースに瓶が斜めに入れられています。

パッケージのフタを開けたところ

傾けて固定された香水ボトル

下に書かれた容量の表記

透明パッケージの下の部分には、容量が50mlであることとeau de toiletto(オードトワレ)などの表記があります。

新しい香りを試すのに休日出勤はちょうど良い

このサンセットピンクのように気に入っているけれど自分に合うかどうか、派手すぎないか迷っている香りを身につけるには、ある程度自由な時間であることが望ましいでしょう。

RISINGWAVEのロゴ

特に、サンセットピンクは女性でも使えるほどのフルーティーな香りがします。

気に入った香水を買ったけれど、普段多く接する人の前で付けて良いかどうか迷っている時などは、香りを試すのには休日出勤は絶好の機会です。

なにかと気が重くなりがちな休日出勤も新しい自分を見つけるチャンスと考えてみてはいかかでしょう。