朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

すき家の「うなぎメニュー」を楽しむ

夏バテ対策に鰻を食べたくなる季節がやってきました。

まだ梅雨明け前ですが土用の丑の日を待たずにすき家で「うな牛」をはじめとしたうなぎメニューを楽しんできました。

夏の定番うな牛

なんとなく、疲れがたまっているのはここのところ梅雨の蒸し暑さが続いたせいかと思っていた日、夏バテ対策としてはお手軽な印象かもしれませんが、すき家の「うな牛」を食べてみることにしました。

すき家の「うな牛」

器の端についたご飯粒が気になりますが写真を撮ってから気が付きました。

鰻に山椒を振る

うな牛には山椒が付く

紅生姜と山椒が付いたうな牛

何にでも紅生姜を添えるスタイルは吉牛でもすき家でも変わりありません。

箸で摘んだうなぎ

すき家のうなぎは身が柔らかく味もしみこんでいて美味しいです。

鰻と一緒に盛られた牛肉

そして牛丼屋ではお馴染みのタマネギと煮込んだ牛肉。

まさに「う」のつくもの二つのコラボですが最近はあまり気にする方は少ないことでしょう。

濃い味の食事が好きな方にはお勧めのメニューです。

うなたま丼

牛丼の上に半熟卵が載ったうなたま丼です。

すき家の「うなたま丼」

この日、期間限定になっていたニンニクの芽も単品で付けてみました。

うなたま丼にも山椒

まず例によって山椒を鰻につけます。

温泉卵が載ったうな丼

卵の殻を割って鰻に乗せます。上手くやらないと卵が周りのご飯の方へずれ落ちるので注意が必要でした。

端でつまんだうなたま丼の鰻

卵のトッピングは好みが分かれる組み合わせかもしれませんが、うなたま丼は夏の体力維持に万全とも言えるでしょう。

ご飯にタレが十分しみているので卵に醤油は付けずに頂きました(この辺は好みの問題?)。

スポンサーリンク
 

うなとろ丼

もう一つのうなぎメニューはうなとろ丼です

うなとろ丼のトレー

ワサビが付いてきたのだ意外に感じましたが、とろろに山葵って標準的なものなのでしょうか。好んで食べたことがないのでわかりません。

上にとろろをかけた鰻

さすがに山葵と一緒に山椒は付いてきません。

箸で摘んだ鰻とろろ

このうなとろ丼は思いの外ワサビの香りが良くてうなぎメニューとしてはサッパリした味付けになっています。

うなぎは食べたいけど「うな牛」じゃ重すぎるなんてときは良いかもしれません。

すき家のウナギは特製のたれを使い「じっくり三度付焼きして仕上げました」とのことです。

今回頂いた3つのメニューのウナギはどれも柔らかく味がしみこんでいました。

鰻には特段こだわりを持っていないので、味はまったく言うことなし、美味しく食べることができました。

不満があったとすれば、中身がウナギのわりに器がメラミンの類を使用していて軽いものでした。

回転率を上げたい店側にしてみれば当然ですし、この人不足のご時世でそれを不満に思う客もいないことでしょう。

この夏、また時間を見つけて牛丼屋で美味しいウナギをご馳走になりたいと思っています。