朝礼の話題で笑っちゃえ!

今日の話題は何にしよう?そんな迷いはここで吹き飛ばせ… るといいですね

ところでワイルドハンバーグはどうなのか【いきなりステーキのメニュー】

気軽にステーキを食べれる店として人気の「いきなりステーキ」ですが、メニューの中にあるワイルドハンバーグにはあまり興味が向かないものです。

ステーキ目当てで行った店でハンバーグというのも物足りない気がするのも当然かもしれませんが、このワイルドハンバーグはいったいどんな味なのでしょう。

お店に慣れたらハンバーグ

何度か足を運ぶうちに、すっかり気に入ってしまった「いきなりステーキ」ですが、メニューの右下にあるワイルドハンバーグは毎回目にはとまります。

目的は分厚いステーキですが、このハンバーグのメニュー写真は見た目も普通のハンバーグに比べワイルドさが伝わってくるのはわかります。

ワイルドステーキは300gと450gを制覇し、リブロースステーキも体験済みでサーロインはどんなものか想像はつくところですので、このステーキ屋のハンバーグがどんなものか注文してみることにしました。

ワイルドハンバーグのランチに付くサラダ

サラダはいつも通り先に届きます

価格もステーキよりは安価ですし、少しでも気になるなら味わっておきたいものです。

名前がワイルドだけに大きい

300gのハンバーグと言えば、大きさ的には結構なものになるとは想像できます。そして、筋っぽい部分はないためステーキよりは食べやすいことでしょう。

焼き上がってきたワイルドハンバーグ

席に運ばれてきたワイルドハンバーグは専用のソースが容器ごと鉄板に添えられていることを除いてはワイルドステーキと同じです。

鉄板の予熱で焼く

この大きなハンバーグ、気になることにステーキと同じように中に赤みが残るうちに提供されます。

肉を横に向けたところ

ハンバーグを横に転がすとまだ赤い部分が見える

これはあらかじめ覚悟しておかないと鉄板が熱いうちに中まで焼ききれない事態になるのではと心配になります。

ハンバーグのレアってあまり聞かないですし、これはステーキとは違いしっかり焼けていたほうが美味しいでしょう。

細かく切って焼き上げた状態

そして、最終的にはこのように細かく焼き上げました。余熱で転がしているうちにソースをかけたらジューッと音を立てて湯気が上がりました。

ハンバーグに付属のソース

ステーキだと、少々赤みが残ったところで気になりませんが、ハンバーグを食べごろな状態に仕上げるのは結構手間でした。特にハンバーグの中央部分で鉄板にこびり付いてなかなか剥がれないところがありました。
それを考えると子供には向かないそうというか親が世話をしてやる必要がありそうです。

ワイルドハンバーグの満足感

ステーキと同じ要領でテーブルに届いてからひと手間加えたワイルドハンバーグですが、一口食べてみるとなかなかのジューシーさです。

フォークに刺したハンバーグ

鉄板の余熱で仕上がったハンバーグ

ステーキ屋でハンバーグなんてつまらないんじゃないかと心配していたところでしたが、ワイルドハンバーグは予想に反して味も良く大人の腹を満たしてくれるメニューですね。

ハンバーグにニンニク

テーブルにあるおろしニンニクもつけてみました

今回は、ご飯なしでの注文でしたがソースが濃いめの味でしたのでご飯との相性は良さそうです。

このワイルドハンバーグは、ステーキを注文するよりも価格的に安くすみます。味も私がこの世で知る限りでは万人ウケするほどの完成度です。

そして、ハンバーグの場合はレアというより生焼けといった表現と言えるこの仕上がりですが鉄板の再加熱は頼むことができるとのことですし、まずこの厚さだと火が通らなくて当たり前かもしれません。

そんなわけで、やや特徴がある(もしくはこれが本格的なのか?)いきなりステーキのハンバーグメニューでしたが、気になる方はワイルドハンバーグにも挑戦してみることをオススメします。

大人の舌も腹も、きっと満足させてくれることでしょう。